2020年7月 5日 (日)

「MOTHER」

6401_20200705155401 コロナ禍による映画館閉鎖が明けて、久しぶりの映画鑑賞でした。
何を見ようか、上映スケジュールをチェックしてこれにしました。
長澤まさみの新境地、ということでしたが・・・
見ている間、ずっと気分が悪かった。
こういう救いのない映画を作る意味は何だろう?
と考えずにはいられない😞

「誰も知らない」然り、
「万引き家族」然り・・・。

自堕落でどうしようもない人間が、ものの弾みで母親になってしまい、
我が子を自分の所有物!と断言して、愛情を逆手に思いのままに繰ろうとする。
自分の遊ぶお金や食べるもの欲しさに盗みまでさせる。
こんな酷い母親でなくとも、親は我が子を所有物化しがちですよね。
子どもって本当に悲しいぐらい親の意のままであろうとする。
100%お母さん!
これこそが子どもの生きるための本能なのでしょう。

子ども役の新人奥平大兼さんは、「誰も知らない」の時の柳楽優弥くんを思い出しました。
それにしても、あんな事件を起こして収監されても尚も母親100%でいられるものなのでしょうか?
「お母さんが好きだから」じゃなくて「お母さんから離れたかったから」罪をかぶったという方がリアルな気がします。
お母さんから離れられてよかったね!というのがこの映画の唯一の救いでした。


阿部サダヲが出てきた時には「出た~」と思ったくらい定番の役どころ。
この人のパターンは使い回しが利きますよね~。
嫌なヤツであるほど面白い。

長澤まさみさんはとてつもない女優さんです。
「自分の子どもを自分の好きにしてどこが悪いのよ」と言い切るラストが堪らなかった。

とても嫌~な気持ちが残った作品でした。
でも、それこそが狙いなのでしょう。
大ヒットした「パラサイト」もそうでしたが、こういうのって最近の流行なんですかね?
映画は希望が持てるものであって欲しいというのが、私の持論ですので
敢えて★★
でもこれで大成功でしょ?

 

2020年7月 4日 (土)

作ること

Img_4719 3ヵ月ぶりに陶芸クラブの窯出しでした。
駄作ではありますが、いろいろと作品が出来上がっていくのは愉しいことです。
今回もいっぱい焼きあがってきました。

お絵描きお茶碗は、夏向と春和に使ってもらいたくて、
子ども向きの絵柄にしました。
🎨

🎨

🎨Img_4721

🎨

🎨

お雛さまは3月の窯入れがコロナ禍で中止になったので、
今やっとできてきました。
来年用になりました。

🎨

🎨

🎨

Img_4768 🎨

🎨

ちっちゃい花瓶は、いつも残った粘土で毎週1個作ってしまいます。
もうお店ができるほど焼けています。


🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_4770 🎨

白い菓子皿も定番です。

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_4763 🎂

🎂

7月2日は娘の33歳のBirthdayでした。
何にもしないつもりだったけど、やっぱり・・・
朝一番に思い立って出勤前にチーズケーキを焼きました。
作ることが愉しい私。

ついこの間、3歳だった気がするのにな~。
30年もの月日の流れを不思議に感じてしまいます。
一生懸命に家族を作る優しい家庭人に育ってくれました。
ありがとう😃


🎨

🎨

Img_4772 🎨

これは息子と娘の畑の作品です。
コロナ禍の自粛期間中に農作業にハマってしまった息子くんと
子育てをしながらも農作業が一番楽しいという娘。
休みの日には兄妹で畑に通っています。
今日の収穫物。
綺麗に並べて、半分こしてました。

分野は違っても作ることが大好きな青木さんちの面々です。

 

2020年6月27日 (土)

大阪府民の森・ぬかた園地 あじさい園

Img_4571 コロナ禍で4月、5月のハイキングが中止になり久しぶりの定例会でした。
梅雨の合間のあじさい園行きは生駒山麓にあるぬかた園地へ。
朝8時の栂美木多駅に14人、難波から2人の方が合流され、16人の参加になりました。Whhq9762
栂美木多駅8:17発に乗り込み、難波駅では近鉄電車への乗り換えを15分で早歩きし、生駒駅へ。
ケーブルで生駒山上駅を目指し、10時にはスタートすることができました。

ぬかた園地は生駒山の中腹にあるので、ぬかた駅や平岡駅からだとかなり登らないと行けませんが、
私たちは楽して、生駒山上から歩いて下って目指すことにしました。
生駒山上遊園も再開して、家族連れがたくさんきていました。
可愛いケーブルカーは子どもたちだけじゃなく大人も愉しい。

Img_4581 遊園地を横切って、向こう側から大阪側へ降りていきます。
まずはぬかた園地まで500m。

蒸し暑い下界と違って涼しい山上。
辺りには小鳥の声が響き渡り、生き返る思いでした。

Img_4588地図のピンク色の辺りがあじさい園になっています。
1.5kmに渡り、あじさいの山です。
30種類25000株もの紫陽花があるそうです。
陽射しもそれほど強くなくいいハイキング日和になりました。
久しぶりの山歩きでみんなワクワクしています。
👟

👟

👟

👟

あじさい園は自由に歩くことにして、1時間半後の集合になったので、先に記念撮影を📷

Img_4613

Img_4627 さて、あじさいを愉しみましょう。
ブルーのあじさいのそのブルーの綺麗なこと❗

本当にあじさいの山です。
Img_4643
👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟Tymu4490_20200628110301

👟

👟

👟

👟

👟


Img_4644 👟

👟

👟

👟

可愛い水連の池がありました。

Img_4655 👟

👟


Img_4662 👟

👟

👟

👟

👟

👟

今が見頃という報道もあったようで、たくさんのハイカーも訪れていました。

👟

Viik8858_20200628110301 👟

ゆっくりとお弁当を広げて、のんびりと山を楽しんでから、
12:30に集合して帰路に就きました。
平岡駅まで下りは2.8kmという標識。
Img_4684 👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

下りがずっと続くというのは息は切れないけど、
やっぱりなかなか膝にくるということで、
ゆっくりと休みながらおりました。
途中、大阪平野が見渡せる展望台へ。
ハルカスも向こうに見えます。
 Img_4687

最後は平岡神社にお参りして、駅に到着。
14:48の電車で堺へ向けて帰路に就きました。
栂美木多駅に着いたのは16:00でした。

本日の私の万Img_e4695歩計は18,067歩。
13kmほど歩いていました。

ふれあいハイキングは7月、8月はお休みです。
9月は鉢ヶ峯を歩く予定です。
皆さん、夏を元気に乗り切ってくださいね。 



 

 

 

 

 

2020年6月25日 (木)

「長いお別れ」

Img_20200625_0001”喪失感“というのはやる気をなくさせる。
ずっと長い間、大学の後輩の夢子さんのブログ「いろはにほへと」に遊びに行くのを日課にしていた。
彼女が亡くなってから、心にぽっかりと穴が開いている。
彼女のブログが更新されないことはわかっているのに、ついついクリックしそうになる。
クリックしてしまうともっと悲しくなるのに。

仕事があることに救われている。
行かなければいけないと決められているところには行けるのは幸せなことだ。
一人の時間をうまく使えなくなっている。
何にもやる気が起こらない。
家では何にもしていない。
何にもする気が起こらない。

愉しいことがあると、その後は余計に淋しさが押し寄せてくる。

気を紛らわせてくれるような温かいテレビ番組もやってないし、
バラエティ番組がワイワイガヤガヤと騒いでいるのを見るとイライラする。

図書館で借りていた本があることを思い出して、読み始めたら一気に読み終えてしまった。
認知症の父親を10年にわたって支え続けた家族のお話。
昨年映画化もされていて、観に行った作品だ。
認知症になった父親を山崎勉さんが怪演している。
奥さん役を松原智恵子さん、娘役を竹内結子、蒼井優が演じている。
とてもいい映画だった。

 

認知症を患っても、そこここに覗き見えるその人ならではの人間性。
それを大切に扱う奥さんや娘たちは温かい。
徘徊し、迷った先で出会った知らない子供たちと愉しそうにメリーゴーランドに乗る父。
いろんなことが分からなくなりながらも、
人生の道のりの中で迷う娘たちに力を与えるお父さん。

最後はアメリカの学校で不登校になっている孫が、
校長先生との面談で、
おじいちゃんが亡くなったことを話す場面で終わる。
このおじいちゃんのことを校長先生に打ち明けたことで、
彼は救われたんじゃないかという希望が見える。

校長先生はアメリカではこの別れのことを「Long Goodby(長いお別れ)」と言うのだと教えてくれる。
長い時間をかけて、家族と別れていく、人生と別れていく認知症。
辛い現実を、おとぎ話のように描いている。

少し心が温かくなった。

 

2020年6月22日 (月)

6月のはがき絵

6月のはがき絵教室。
今日は5人のメンバーが集まりました。
それぞれが持ち寄ったモチーフ。
今日は草花を持ってきた人が4人!
私も庭の花を自家製花瓶に入れて持って行きました。

黙々とモチーフに向き合う前半。 
後半はあれこれとおしゃべりが飛び交いました。
同じものを描いてもそれぞれの持ち味が面白いはがき絵。
今日のみんなの作品はこの通り。

20206-2



20206-5 🎨

地域会館の壁に飾っていただく今月の作品はこんな感じ🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨
私は毎度の大量生産です。
2時間でこれだけ描けるから愉しい~😃20206-1











 

 

2020年6月21日 (日)

キャンプ in 白浜

コロナ禍に突入して3カ月半?
県外へ遊びに行ってもいいですよ~とやっと国からお許しが出たので、
早速、和歌山・白浜へキャンプに行ってきました。

Img_4507 チェック・インできるのが2時だったので、白良浜でひと遊び。
波が怖~い兄ちゃんとへっちゃらな妹くん。
大人の方がもっと楽しそうだったり・・・

Img_4374

テントを設営してから温泉へ。
買い出しにも行って、キャンピングの始まり~。

キャンプ場は満杯?!
昨日からの県外移動オープン。
皆、この日を待ってたんだよね~😃
Img_4407

 



Img_4400

Img_4387 お外で食べるのは美味しいね~✨

このキャンプは6月23日で4歳になる夏向くんへの誕生日プレゼントで~す🎁
お兄ちゃんになりましたね~。

じいじとばあばからのプレゼントはキッズサイズの寝袋で🎁

Img_4405_20200622061101ひとりで眠れるかな~?



目の前の海に夕陽が沈み始めました。

Img_4411_20200622061101

Img_4425_20200622061101 夏向、4歳おめでとう✨


太陽が沈むとお空の雲がピンク色に染まります。
Img_4430_20200622061101

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

Img_4523

キャンプの醍醐味は何と言っても夜の焚き火。
いつもは8時には歯磨きをして寝る準備を始める夏向くんも今日は無礼講。
眠くて仕方ないのに、Img_4433_20200622061101
寝たくなくて一生懸命に火を見つめています。Img_4436
幸せなひととき。


Img_4441 朝になりました。
5時半には起きだして、
「ばあば、朝やで~。遊ぼうよ~」とお誘いの声。
みんなでゆっくり朝ご飯を食べて、
みんなでゆっくりお片付けしました。

さあ、今日は何して遊ぼう?

三段壁がすぐ近くだったので、行ってみることにしました。

絶景ですね~。
Img_4453


折角、来たので、地下38mの三段壁洞窟とやらに1300円も支払って降りてみることにしました。
かつては鉛の採掘場だったそうです。
極彩色の岩盤は鉛が含まれているからでしょう。
Img_4479

Img_4468

反対側から見た三段壁。
こちらも絶景!Img_4486

こんな手作り写真スポットも😃
Img_4446

📷

📷

📷

📷

📷

📷

📷

折角、白浜に来たのでもう一つ温泉に入って行こうということに♨
岬の先っちょの「崎の湯」へ行ってみることにしました。
海に面した温泉の先の方まで行ってみると、
なんと目の前に貝取りのダイバーが👀

Img_4519




Img_4491 最後は夏向くんサービスで地元のジェラード屋さんへ。
幸せそうにアイスを頬張るのは大人も子どももおんなじ~✨
ブーゲンビリアが綺麗なお店でした。

愉しかった二日間。
家族で遊ぶのはホントに愉しい~✨
Img_4492
























2020年6月11日 (木)

純子さん逝く

Img_20200520_0001昨日、大学時代のジャリ研(児童文化研究会)の1学年下の後輩だった純子さんが亡くなりました。
去年の年明けから胆内胆管癌という病と闘っていました。
ジャリ研では児童劇を一緒にした仲間でした。
お月さんを持ってるのが純子さん。
その後ろが私。

いつも前向きで元気娘だった彼女。
結婚後、神戸に住まい、子育てしながら神戸の教員採用試験を受けて合格し、
定年まで中学校の先生をしていました。
大学時代に取った杵柄で演劇部の顧問になり、
いろんなコンクールで優秀な成績を収め、自身も演劇をしていました。
2年ほど前にはなんとパラグライダー体験をしに行ったという驚きのパワフル嬢でした。

Img_0744 そんな彼女が、毎年人間ドッグを受けていたにも関わらず、
見つかった時にはもうステージ4を宣告されたというにっくき癌細胞!
治療を続けながらも、仕事も続けていました。
去年の11月には倉庫のような我が家を訪ねてきてくれて、駄作の猫ちゃん花瓶をもらって帰ってくれました。
12月の大学の同窓会50周年イベントには京都で1400人もの参加者の中、5人のジャリ研仲間が顔をそろえることができました。
会うたびに「こんなに元気な純子さんが病気だなんて何かの間違いだ。絶対に誤診だ~」と感じていた私。

このコロナ禍の中でジャリ研のあの頃の仲間と還暦文集を作ろう!なんて思いついてしまった私が、
一番に純子さんに相談してみると、「一緒にやります!私の学年の取りまとめ役をやります!」と
面白がって協力を申し出てくれました。
そんな話をしてからまだ1ヵ月しか経っていないのです。

今、お通夜に行ってきました。

仕事が終わってから遅がけに行ったので、純子さんのご主人とゆっくりお話しできました。
純子さんがくれた宝物のような時間。

6月2日まで元気で病室でも翌日の授業の準備をしていたそうです。
入院は脳に癌が転移したことがわかったためだったそうです。
5月20日の彼女のブログが最後になっています。
私のブログの右側バーのフレンドリンクの中のいろはにほへとさん。
頭痛がして体調がよくないことが綴られています。
「それが薬の副作用ですよ」とお医者さんに言われて驚いている純子さん。
こういうのが副作用だとわかったから、またこれからその副作用とやらに対処して進んでいこうとしています。
でも、そうじゃなかったことが脳のMRIを撮ってみてわかったそうです。
最後は鎮痛剤で痛みを逃す治療になり、意識レベルが下がって自然に亡くなったそうです。

Img_4271 遺影も自分で写真館に撮りに行ってご主人と選んだそうです。
純子さんはカラフルなストールをした写真がいいと言ったけど、
ご主人は「この写真の方が純子らしくてかっこいいよ」と意見して、
「そうだね。これでいい。そうしよう」と決めたそうです。
その素直さも純子さんなのです。
本当にキリッとカッコいい写真でした。
祭壇はペンネーム、演劇人ネームの夢子さんらしく華やかに可愛く飾られていました。
戒名も照夢純優弾定尼と素敵です。
彼女のブログにも度々登場したご自慢のご主人は気さくでおおらかで優しく、
パワフルな純子さんを支えるに足る思った通りの方でした。
娘さんたちもいい子に育ってる。
可愛い祭壇と遺影をご主人に許可をいただいて撮らせてもらいました。
「賑やかなことが大好きな純子でしたからどうぞどうぞ」と。
今にも起き出して来そうな純子さんに「ねぇ、ホントに死んじゃったの?」って思わず聞いてしまいました。
私はやっぱり信じられないよ・・・。

亡くなってからの姿を目に焼き付けてしまうより、
元気だったあの12月の純子さんを自分の中に残しておきたくって、
今日のお通夜に行くのをとても迷ってもいました。
でも、彼女が亡くなってしまったことがどうしても腑に落ちなくて、
やっぱり確かめに行かなきゃ、と思ったのです。

人生は儚い。
病も事故もいつどこから自分の元に転がり込んでくるとも知れないのです。
だからこそ、生きてる限りは「今」を一生懸命生きなきゃ!
強く強くそう感じています。

純子さんのご冥福を心からお祈りします。

2020年6月 7日 (日)

長居公園

今日は朝からと~ってもいいお天気でしたね✨
どこかに行きたくなる~✨
Img_4173
娘家族と川に行こうか、それとも・・・
迷った末、夏向くんのお誕生日月❗ということで、彼の希望を尊重して、
「恐竜の骨」を観に長居公園自然史博物館を目指すことにしました。

もう一つ、夏向くんの夢を叶えるべし❗
じいじとばあばは「夏向を電車に乗せてやりた~い」🚄
娘家族は車で、
私たちは電車で長居公園で待ち合わせることにしました。
「新型コロナが終わったら電車乗りに行こうね」って
この3カ月ほど言い続けていた夏向でした。

栂美木多駅から中百舌鳥駅まで泉北高速鉄道で、
乗り換えて長居までは大阪市営地下鉄御堂筋線で行きます。
夏向くんのワクワクドキドキが伝わって来るようです😃
泉北高速鉄道は高いところを線路が走っているので景色もなかなかGood✨
どちらも10分ほどの乗車時間。
ちょっと緊張しつつ、車内放送や駅到着のドアの開閉、お客さんの乗り降り、
すべてに興味津々の夏向。ちょうどいいミニ旅行になりました。
Img_4181_20200608061501
久しぶりの長居公園はなかなかの人出でした。
植物園も久しぶり。
紫陽花ウオーク開催中でこんな演出も。

Img_4179_20200608061501 スモーク・ツリーには煙のようなフワフワなお花が。

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

Img_4185_20200608061501 自然史博物館の入り口には大きなクジラの骨!
📷

📷

📷

📷

📷

📷

📷

📷

📷
Img_4195_20200608061501


ハートのベルはフォト・スポット📷

📷

📷

📷

Img_4202_20200608061501 📷

📷

📷

📷

博物館には夏向のマイ・ブームの恐竜の骨がいっぱい。
大きいな~👀
大阪平野にもこんな恐竜がノッシノッシ歩いていた時代があるのだ👀

👟

👟

👟

👟

👟

アジサイ園に行ってみることにしました。
まだ色づきがちょっと浅いです。

Img_4214_20200608061501でも綺麗。
10,000株の紫陽花があるそうです。

Img_4230_20200608061501

Viik8858_20200608062701


Img_4231_20200608061501いいお天気で気持ちいい。

Tymu4490_20200608062701
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟👟
👟Img_4243_20200608061501
Img_4247_20200608061501
👟

芝生のCafeでお弁当を広げて、ひと休みしてから帰ることにしました。

池には水連も綺麗でした。
緑と花が綺麗な季節。
いい休日になりました。




 

 

2020年5月31日 (日)

白鷺公園

Img_4128 菖蒲の花がちょうど見頃を迎えています。
白鷺公園、我が家から車で20分ほどです。
なあんにも予定のない一日でしたが、ふと思いついて夕方にちょこっと行ってみました。

Img_4129 👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

一つの花に特化した公園もいいですよね。
この公園下になんと泉北高速鉄道の深井駅から中百舌鳥駅への地下鉄道が潜り抜けています👀

Img_4131 Img_4130

Img_4132 この花の形は神様のアートですよね~✨
ベースが三角形なのが面白い。
このバランスはとてもユニーク😃Img_4133

Img_4134

どこにいても遊びを見つけ出す夏向くん。Img_4139

水路に小石を投げてポチャンと水紋が拡がるのが面白い。
いい石はないかな~。

亀さんがびっくりするよ~。Img_4142
もう1個だけ~。

昼間は暑かったけど、夕方の風は心地いい。
👟

👟

👟

Img_4146 👟

👟

👟



Img_4149





お近くの方、ぜひ足を運んでみてください😃




 

 

 

2020年5月30日 (土)

安倍さんマスク

Img_4069 全世帯に2枚ずつのマスクを届けると安倍首相が発表したのは4月7日。
それから1カ月半ほどが過ぎた5月20日に、我が家にもやっとマスクが届きました。
職場で先に1枚もらっていたので3枚目の安倍さんマスク。

あの全くどこにもマスクを売ってなかった時期は何だったのでしょう?
今ではもう50枚を1000円切るぐらいの価格で売ってるところもありますね。
薬局じゃなくて、花屋さんとか道の駅とか雑貨屋さんとかで売ってたりする。

私がマスクを作り始めたのは3月20日頃でした。
息がしやすい立体マスクを作っています。
安倍さんマスクは平面なので使いづらいようです。
ビジュアル的にも小さくて今イチ。

Img_4078 マスク制作に関してはちょっと熟練してきているので、
この安倍さんマスクを有効利用することにしました。
縫い目を解いて広げてみるとこんな感じ。
2枚分でマスクの内側の布を3枚分取れました。
表布を別のガーゼ布で取ることにしました。

少し余っていたので、子ども用のマスクをもう一つ作ることにしました。
Img_4080 😃

😃

😃

😃

😃

😃

Img_4081 😃

😃

😃

もちろんマスク紐も有効利用しました。

ということで4枚のマスクができました。


68

75 マスク作りはまだまだ続いています。
型染めマスクを作って~✨
というリクエストがあったので、こちらも作ってみました。
作るって愉しい~✨
75枚目のマスクです😃

















 

«クリニック三種三様

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ