2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

2022年12月 6日 (火)

第10回 絵画クラブ「洋」 作品展

南図書館ロビーでの作品展を11月27日~12月3日に開催していました。
今回もいろいろと新しいことに挑戦して愉しみました🎨
アイディアだけはどんどん思いついてしまう私と、
実力派の平野雅代さん。そして4人の仲間たち。
6人という人数だからできるなかなかいいチームワークの私たちです。

さて今回の共通テーマ「クリスマス」
もうすぐクリスマスですものね~🎄
可愛いお人形を置いたりして、それぞれのアイディアで描いてみました。
今回は、他の自由作品2点と合わせて紹介します。

まずは若手の村田香代子さん。
若い感性で可愛く仕上げておられます。
ネコちゃん大好きな村田さん。
「ダイナとシャボン玉」は愛猫のダイナちゃんがモデルです。
「私の宝物」は娘さんとダイナちゃん。
クリスマスはシックで素敵ですね。
(アクリル板に会場の様子が映り込んでしまっています💦)

Photo_20221206065601
田中弘子さんはアクリル画を主に描かれます。
「奥入瀬」は水の流れが迫力満点✨
「かぼちゃ」はバックがとてもシャレています。
クリスマスも可愛い~✨ 
Photo_20221204171101
リーダー平野雅代さんはさすがの仕上がり。
今年、大活躍した「エリザベス・スプリング」。コラージュが面白いです✨
先日まで描かれていた「子孫繁栄」はパステル画のザクロ。綺麗です✨
クリスマスにも大好きなエリザベスが登場💡
Photo_20221204171202

いつもみんなのタイトルを素晴らしい書で書いてくださる福田久仁子さんです。
絵もどこか書に通じています。
「里山のおくりもの」には秋の収穫物が美味しそう。
「紅葉の径」、落ち葉の紅が綺麗です。
クリスマスはいつもの渋めの福田さんとは違った可愛さに驚き💡
Photo_20221204171203
ご自宅でもいつも絵筆を動かしているという緒方和子さん。
課題は大概、次の週には仕上がっています。
「私と秋桜」はお人形や華やかな秋桜が可愛いですね。
「華盛り」も賑やかにモチーフがいっぱい。
意欲溢れる感じが気持ちいい✨
Photo_20221204171103

私(青木幸子)は今回は、半年前からハマっている石ころ絵も展示させてもらいました。
小さな石ころにアクリル絵の具でお絵描きすることで
今年はたくさんの人とお話することができました。
「絵を描く」というのは、とても個人的な一人作業です。
そして、大概は展示して誰かに見ていただくということだけで終わってしまいがちです。
でも、この簡単な石ころ絵は結構面白がってもらえて、
欲しいと言ってくださる人もいて、
だから会話も拡がって、なかなかに愉しいものです💡
今年、おそらく100個以上はもらってもらったり、買ってもらったりできました。
絵の方は「青い街の記憶」「strawberry doll」です。
クリスマスはバックをあまり使わない茶色にしてみました。
Photo_20221205134101
Img_9952_20221205134901

もう一つの共通テーマですが、
今回はいつもの模写をやめて、ペン描きの絵にコメントを入れてみました。
タイトルは「お気に入り」です。
窓からの光がアクリル板に映り込んでしまうので正面から撮れませんでした。
Img_9940
私のはこんな感じです🎨
Img_9942_20221205134601 Img_9941
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨

もう一つの挑戦は「ゼンダンクル」
平野さんがよく使われている表現手法ですが、2Lサイズでみんな2点ずつ描いてみました。
名前ともう一つ好きなもの。
そして、自画像にも挑戦💡
いやいや、上手にできたかな~💦

Jrtc5202
失敗ありきで「挑戦」してみることは愉しいですよね💡
年齢は重ねていきますが、感性はできるだけ若く保って、
これからもいろんなことをやってみては面白がっていければいいな~✨

観に来てくださった皆さん、ありがとうございました✨

Img_9988_20221206083601 そうそう、土曜日搬出に集まってみると、受け付けテーブルに綺麗な小菊が飾ってありました。
ペットボトルの口をマスキングテープでくるんで花瓶にしてあります。
私たちのメンバーの誰か?
知り合いの何人かに尋ねてみましたがみんな「私じゃないよ」。
嬉しい暖かいプレゼント🎁
どなたかな?
ありがとうございました✨

2022年12月 4日 (日)

泉北すきやねん打ち上げ~!

泉北すきやねんの打ち上げ第一弾~!
泉北タウンによさこいチームができたのは1998年でした。
以来24年間に渡って活動を続けてきたチーム。
結成当初は300人からいたメンバーですが、今年は8人になってしまいました。
参加したイベントは高野山の青葉まつり堺支援学校の福祉秋まつりだけでした。
それでも、最後まで踊り続けられたことに乾杯したくて、打ち上げ~🍺

Img_9997 8人で祝杯を挙げる愉しい一夜になりました。
創作料理に飲み放題🍺
踊っては集まって飲み、何度も何度も乾杯してきました。
24年前から比べると、飲める量も少なくなってきましたね。
それでも美味しい美味しい乾杯の一杯でした✨
乾杯写真もこれまでたくさん撮りましたね~🍺

来年3月までにもう一つイベントに参加できるかもしれないというお知らせももらって嬉しい私たちです。

シャレた器と創作料理、写真は何枚か撮り忘れましたが、一つひとつに心がこもっていて美味しく美味しくいただきました✨
Hygi1945 愉しい思い出がいっぱい詰まったよさこいの24年間でした。

私の「よさこいの夏」の思い出が詰まったアルバムも皆さんに見ていただいて、
愉しい時間はあっという間にお開きになったのでした💡
Img_0010

2022年12月 1日 (木)

「ある男」

160_20221201194101人は自分の親を選んで生まれてくることはできない。
自分の出自を選べない。
もっと言えば生まれてくる国も人種も選べない。

ただただ心根の優しい人がありのままの自分として幸せに生きることを願うのをどうして責められるでしょう。
過去や親の犯した罪から逃れるために、もし戸籍を塗り替えるなどということができるのなら、そうしてでも生きたいと願う人はいるのだろう。

窪田正孝さんの演技は素晴らしかったですね。
不器用にも懸命に生きようとする青年像を見事に描き切っていた。
主人公の妻夫木聡くんを越えてた気がします。

何と言っても不気味な柄本明さんが最高でした。
こんな役をできるのはこの人しかいないって思えました。
そして、安藤サクラの子ども役の坂元愛登くんがまた素晴らしかった。
彼のセリフの一つひとつがこの作品の救いだと感じました。

戸籍の売買などということが簡単にできるものなのか?
在日3世であることをこんなにも隠そうとする理由は何?
妻夫木聡演じる城戸の人生観ももっと掘り下げて欲しかったな~。
安藤サクラ演じる谷口里枝が離婚に至った理由は?
家を継ぐのが嫌だというだけで簡単に戸籍を手放した仲野太賀演じた谷口大祐の人生観は?
こういう展開になる以前の物語がもう少し語られたらよかった気がしました。

過去に囚われて苦しむ人は誰しも「ある男」になりたい。
作品のテーマはよく分かりました。
でも少し舌っ足らずな印象が残りました。

★★★

2022年11月29日 (火)

紅葉の京都

全国旅行支援利用旅第4弾は女子3人組で紅葉の京都へ日帰りバスツアーへ🚌
朝7:40に難波OCAT集合のために、6:15に家を出て6:30の電車に乗りました🚃
とにかく泉北の田舎から集合場所に行くまでが大変な旅行社ツアー。
でも、集合してしまえば後は連れてってくれるのでラクチンです💡
このツアー、自分でならなかなか行けない秋の京都の紅葉名所に盛りだくさんに連れてってくれます。
一人12990円が旅行支援で5000円off。
更にお買い物クーポンを3000円Get。
実質4990円ってことになります👀
ここには京都の寺社の高~い入場料も含まれています✨
お得~✨

Photo_20221130071202 参加人数は44人
バスは満席でした。
平日で道路が混んでいたのか天王寺から周って来るバスの到着が遅れて、難波を出発したのは8:10。
まあ、急ぐ旅ではありません。
渋滞もなく京都までスムーズに走り、光明寺に到着したのは9:30でした。
45分間の見学時間。
初めて来た光明寺ですが、広くてとても綺麗なお寺でした。
昨日まであんなにいいお天気だったのに、今日は一日雨のようです。
でも、雨の京都も風情があっていい感じ💡
超美しい花手水が✨
アートですね~✨
Photo_20221130071203



Photo_20221130071201長い回廊をモミジを見ながら歩きました。


こんなきれいな窓景色。

Photo_20221130071101
最後はモミジの道を歩きます。
Photo_20221130071204
Photo_20221130075801 一時間足らずバスに乗って、次は東側の東福寺へ。
平日なのにここは人も多い。
バスは幹線道路の信号で停車し、44人がササッと下車。
この降り方が普通のようで係員の方が誘導してくれました。
石畳の道を10分ほど歩いて東福寺へ。
やっぱり綺麗ですね~。
モミジは少し盛りは過ぎていましたが、地面がもうモミジで埋め尽くされています。

水路も美しい✨
Photo_20221130075802








Photo_20221130075803




 

 

 

 

 

 

 


回廊橋から谷を見下ろすと・・・。
2_20221130075801
 

 

 

時間が余りなかったので本堂には入りません。
今日はひたすらモミジを愉しむツアーです。
でも、大満足✨

Photo_20221130075804
Photo_20221130090304 東福寺を出発したのは12:15。
また西へ走って嵐山を目指します🚌
京都市内は信号がいっぱい。
混雑していて一時間ほどかかりました。
13:15、やっと嵐山に到着してランチタイムです。
このツアー、バイキングなのがちょっと・・・💦
修学旅行用?と思えるような内容でイマイチでした💦
まあ、お腹空いてたから、取り敢えずいろいろ取ってお腹を満たしました。
この紅葉のシーズンだけ一般公開されるという宝厳院へ。
渡月橋からお土産物屋が並ぶ通りは人がいっぱいで引率する添乗員さんも大変そうです。
大きな声で点呼したり、いない人の名前を叫んだり・・・
嵐山は着物を着た若い子たちで賑わっていましたが、天龍寺の裏手にあるここはちょっと人も少なめでよかった✨
嵐山も綺麗に色づいています。
Photo_20221130090305









入り口から風情たっぷり。
Img_9833
あ~、ここが一番綺麗かも~。
素晴らしい紅葉でした✨
Photo_20221130090401



Photo_20221130090301



苔むした地面や石に降り積もるモミジはなんて色鮮やか✨
Photo_20221130090402
Photo_20221130090302
2_20221130090401



























Photo_20221130090303
ラストの最高のショット📷
Photo_20221130091601
秋の京都、〆は嵯峨野からのトロッコ列車です。
個人で行ったら予約なしでは乗れないトロッコ列車です。
夕方16時過ぎの発車で、ライトアップも始まっていました。
盛りだくさんな京都ツアー。
雨は降ったり止んだりでした。
帰りは高速道路もスムーズで亀岡から1時間で難波まで帰って来れました🚌
大満足な一日でした✨

2022年11月28日 (月)

11月のはがき絵教室

11月のはがき絵教室でした。
本日の参加者は5人。
今、あちこちで咲いている皇帝ダリアやクリスマスグッズ、来年の干支のウサギさんなど季節のモチーフが集まりました。
あれこれとおしゃべりも弾む2時間。
手を動かすのも忙しい。
本日の私たちの作品はこちらです。
5枚も描いちゃって、最後はバタバタになってしまった私です💦

2022-11-2
地域会館に飾っていただく額はこんな風に収まりました。
2022-11-5
皆で描くのは愉しいね🎨

2022年11月27日 (日)

「マルシェ de みいけ」に出店

De 5月の骨折ギブス生活に退屈で始めた「石ころ絵」がどんどん溜まってしまうので、
お隣りの住区・御池台のイベント「マルシェdeみいけ」に出店させていただきました。

チラシを見てから、「今からでも参加させてもらえるかなあ?」
思い付きで、御池台自治連合会に問い合わせてみたら、
担当の方から連絡いただき、快く「いいですよ」とお返事いただきました✨
御池台自治会はオープンでスッバラシイ~✨

ということで2週間ほど前に急遽決まった石ころ絵販売です。
自治会のFacebookでも紹介してくださいました。
Img_e9744

ちょうどこの日から絵画クラブ「洋」の作品展も始めることになっていたので、朝9時からそちらの準備に走り、マルシェの方の準備や受け付けは娘婿ちゃんにお願いしました。
心強きスケットです✨

マルシェは11時スタート。
御池台のグラウンドに着いたのは10:30でした。
テーブルやテントの設置を済ませておいてくれたので、後は石ころを並べるだけ。
ありがたい✨

・・・ということで、11時、マルシェのスタート❗
いい感じ~✨
お天気に恵まれたのが何より嬉しい✨
Img_9737

Img_9738_20221128062401
今日は娘一家が一日付き合ってくれます。
孫たちもテーブルや椅子を持って後ろに待機。
11:00~16:00のイベント。
すぐに終わるかな?と思っていたけど、なかなか長かった。
え~、まだ11:30?
え~、まだ12:30?
あ~、まだ14:00か~・・・。
というウオッチタイムが何度もありましたが、
子どもたちの為に企画したとおっしゃっていた通り、子連れのファミリーや校区の子どもたち、
そして、同年配のおじいちゃん、おばあちゃんもたくさん来られていて大盛況でした。
キッチンカーには常に10mもの列ができていました。
Img_9741_20221128062401

私もたくさんの人とおしゃべりできて愉しかった~✨
男の子たちが買いに来てくれたのも嬉しかった✨
10円玉、5円玉、50円をかき集めて300円にして買ってくれた男の子もいました💡

これはハマるな~💡
石ころはほぼ300円で売りました。
込み入った制作時間のかかった石ころの一部は500円。
ミニ花瓶も500円で。
お陰様で67個持って行った石ころ絵ですが、残ったのは13個だけでした。
ミニ花瓶も15個ぐらい買ってもらえました。
なんと売り上げは〇万〇千五百円もありました👀
これはハマる~💡
Img_9742

2022年11月26日 (土)

紅葉の大仙公園と百舌鳥古墳群めぐり

庭代台ふれあいハイキング、220回目の定例会は百舌鳥古墳群を巡りました。
曇り空ですが、気温もちょうど歩くのにいい感じ。
栂美木多駅9時に15人が、中百舌鳥駅でお一人加わって本日は総勢16人で歩きました。

Photo_20221127061205 栂美木多駅9:15の電車で中百舌鳥駅までは3駅。
歩き始めてすぐに小高い丘になっている公園。
ここが①定の山古墳です。
ちょっと登ってみました。
見晴らしがいい、というほども高くはありませんがいい気持ち。

少し歩くと②ニサンザイ古墳に。
ここはもう掘りもある立派な古墳です。
全国で7位の大きさだそうです。
Photo_20221127061201 👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

ここでもう集合写真を撮ってしまおうということになりました。
Img_9670_20221127063401

ときはま線を渡って、百舌鳥八幡宮へ立ち寄りました。
七五三の可愛い子どもたちが家族連れでお参りしていました。

Photo_20221127061206

20分ほど歩いて、③御廟山古墳へ辿り着きました。
紅葉が綺麗です。
古墳周りの遊歩道も綺麗に整備されています。
Photo_20221127061601













3分の2周ほどぐるりと周って歩きました。
後ろから見るとこんな感じ。
Photo_20221127061202

 

 

④善右ヱ門山古墳という小さな古墳が住宅街の中にあります。

Photo_20221127061301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐ横に大きな⑤いたすけ古墳
一時、住宅開発で壊されそうになっていたが、住民の保存運動が実り、堺市が土地を買い上げて、残されたそうです。
残っている橋はその開発工事の時に掛けられたものだそうです。
今は狸の島になっているそうな・・・。

Photo_20221127061203
大仙公園に着きました。
紅葉が見頃です。
2_20221127061502 3_20221127061502メタセコイヤ並木や早咲きの小さな桜や、とてもいい感じ。
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟


⑥履中天皇陵古墳はビュースポットから見学。

Photo_20221127065101
Photo_20221127061204 大仙公園の中にある⑦七観音古墳
💡
💡
💡
💡
💡
💡
💡
💡
💡

この後、一時間のお弁当休憩です。
日本庭園の前で解散になったので、先に日本庭園を見学しました。
ちょうど紅葉の時期に来れたのは初めてでした。
菊も綺麗に並んでいました。3_20221127061501
2_20221127061501 👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟

Photo_20221127061501
ビジターセンターで少し古墳群のお勉強タイム。
今日歩いたコースを上空から見ると・・・

Photo_20221127061502

終盤に近付いてきました。
いよいよ最大の⑧仁徳天皇陵古墳です。
拝所がきちんと整えられていて、ちょっと趣が違います。
Photo_20221127195201




















Photo_20221127061603 仁徳天皇陵の周りを半分ほど歩きました。
一周は2850m
こんな表示が数百メートルごとに設けられています。

仁徳天皇陵の周囲に小さな古墳がいくつもあります。
⑨銅亀山古墳
2_20221127061503 👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟
👟

👟


森のようになっていて分かりづらい古墳にも、説明の看板はちゃんと設置されています。
⑩大安寺山古墳
Photo_20221127061503⑪源右衛門山古墳
Photo_20221127061602














ということで、13:30には予定の三国ケ丘駅に到着しました。
百舌鳥古墳群には44個もの古墳が現存しているそうです。
今日は11個を巡りました。

秋の爽やかな一日で気持ちよく歩けました。
私の万歩計は15918歩11.5km
庭代台には14時半には帰って来ました👟















2022年11月22日 (火)

晩秋の森を歩く②~峰山高原

Img_9582_20221123100001 朝食前に森のお散歩。
宿に泊まるとついつい食べ過ぎてしまうので、できるだけ身体を動かしたい。
朝陽がいい感じ。
昨日、迷子になったので、今朝は地図を確認しながら歩いてみる。
でも、葉っぱに埋もれて道が全くわからない💦
地図上に点在している東屋を目印に進んでみる。
Img_9587

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

静かです。

Img_9594 小一時間歩いて、やっぱり方向感覚が狂ってしまい、またまた道に迷って、ホテルに戻りました💦
朝陽がススキに映えて綺麗な写真が撮れました。
朝食は和定食で、これも地元産の野菜やお味噌、お米、卵など使われて丁寧に作られていました。
美味しかった。
お料理の説明書きや、宿泊者へのメッセージがプリントされてテーブルに置いてありました。
でも、運んでくれるのは、東南アジア系の方々です。
このホテル、連絡先も携帯電話の番号です。
運営者は、どこか遠くで指示だけを出し、実際の運営は外国の方々に任せているのでしょうか?
でも宿帳をお願いしたら、ちゃんと日本語で丁寧に書いてくださっていました。

朝風呂にも入ったし、お腹もいっぱいになったので、9時にはチェックアウトして、8年前に歩いた大河内高原に行ってみることにしました。

ススキはすっかり枯れていましたが、この風景はやっぱり絶景です💡
3.1kmのハイキングコースを歩いてみることにしました。
8年前は大河内高原からリラクシアのある砥峰高原まで山道4.6kmをみんなで3時間かけて歩きました。

Img_9601
今日は曇り空。1ヵ月前なら人もたくさんいたことでしょう。
誰もいないススキの原を歩きます。
出発したとのみね自然交流館があっという間に遠くに見えるようになりました。
Img_9603
Img_9607_20221123100001樹木帯も通りました。
ススキの原の間の道を歩きます。
一時間半ほどで戻ってきました。
いいウオーキングになりました。
11786歩。朝の散歩も含めて8.5kmほど歩きました。
昨日も同じくらい歩いたので、なかなかいい感じ👟

Img_9623






Img_9624
大河内高原のススキの原は70haもあるそうです。
春先に山焼きをしてこの景観を維持しているそうです。
今度は10月にススキの綺麗な時期にまた来よう🚗

リラックスできたいい二日間でした✨

2022年11月21日 (月)

晩秋の森を歩く①~生野銀山&峰山高原

全国旅行支援利用旅第3弾は、一度泊まってみたかった兵庫の峰山高原にあるホテル「リラクシア」に行ってきました。
8年前に庭代台のふれあいハイキングで大河内高原のススキの原から4.5kmを3時間かけて歩いて辿り着いた峰山高原のリラクシア。
森の中にある素敵なホテル。
いつか泊まりに来たいな~、とその時に思ったのでした。

つい2週間ほど前にふと思い出して、調べてみたら、ネット予約することができました。
兵庫県の旅行支援も使えそうでした。
宿代5000円offと平日だとクーポン3000円分が付きます。

Img_9518 出発は早めに!を旅のモットーにしていますが、
6:30に出発したら、ちょうど朝の通勤渋滞に巻き込まれてしまいました💦
神戸辺りを抜けるまでずっと混んでいて1時間ほどロス。
まあ、急ぐ旅ではない。

早く着いても仕方ないので、生野銀山に寄ってみることにしました。
島根の岩見銀山には行ったことがありますが、生野銀山は初めてです。
狭い狭い坑道を人が這いながら掘り進んでいく様は、怖くて怖くて仕方ない。
807年に発見されて以来、1973年の閉山まで1200年もの間に掘り進んだ坑道の全長はなんと350km、深さは880mにも及ぶそうです。Img_9524
ここにはリアルな210体もの人形が名前も付けられて、働く様子を再現してありました。
鉱山資料館には坑内模型の断面にまるで蟻が巣を作るように人が働く様子が再現されています。
採掘した鉱石の種類は70種以上にも及ぶそうです。

Img_9528_20221123084101
怖いので早めに退散💦

峰山高原を目指します。
13時半には到着。
8年前にはなかったスキー場が出来ていました。
へえ~、雪積もるのかな?
2本のリフトがあるスキー場。
美しい自然をそのままに残す方がいいのにな~💦


チェックインまで時間があったので、リラクシアの森を歩いてみることにしました。
もうすっかり木々の葉っぱも落ちています。
誰もいない静けさが素晴らしい。
あちこちに「ノルウェイの森」撮影地の案内板が立っています。
2010年の映画なのに、今も大活躍。
あの後も、「平清盛」「軍師官兵衛」などの撮影現場にもなっているようです。
Img_9538
Img_9536
Img_9540
え~、熊も出るんかい👀
落葉で道がすっかり埋もれてしまっていて、ホテルでもらった地図は全然役に立たなかった💦
一時間半ほど森をさまよって、結局、引き返してきました。
「ケーン、ケーン」と森に響く声はどうやら鹿の雄たけびでした。
白いお尻の毛が森の中でもくっきり見えます。
よく見てみると3頭の鹿が森を駆けていくのが分かりました。

Img_9544

Img_9553_20221123084101
大学生だった頃、居候していた戸隠の山を毎日こうして歩いたことを思い出しました。
誰もいない山。
熊さんに出会いませんようにって、
あの頃もそう思いながら歩いていた。
Img_9556
ホテルに早めにチェックインして、ゆっくり温泉に浸かってのんびりしました。
お客さんは5組ほど。
どんな人が運営しているのやら?
働く人たちは日本語の上手な東南アジア系の人たちでした。
施設はとても清潔で綺麗です。
温泉も独り占めで入れました。
お料理は和洋折衷創作料理で地元の食材を使っているようで丁寧な説明書きが付いていました。
トマトまるごと焼きのオイルソース掛け自然薯のコロッケなど、真似してみよう💡

森を歩きたくなったらまた来よう💡


Img_9569 Hxak1026

2022年11月20日 (日)

秋のお散歩

Img_9457 予定のないのんびりした週末でした。
娘と孫と秋を愉しみました。
娘んちのすぐ裏手に広大な公園があります。
しかもほとんど人がいないのでとても伸び伸びいい感じ。
爽やかな秋空に誘われて、のんびりお散歩👟

先ずは土曜日のお散歩。
こんなこともできるようになった3歳✨
自転車で広い道をどんどん行きます。
先の方に走ってるのは6歳のお兄ちゃん。Img_9460_20221120170301

目的地は大好きな「木登りの木」✨

Img_9462
もっと小さな頃から修業を積み、
すっかり木登り名人になりました✨
Img_9472_20221120170301
日曜日は同じ公園ですが、方向を変えて、紅葉とラクウショウの並木道を歩きました。
モミジの絨毯です。
Img_9493_20221120170301 Img_9495
黄色いモミジも綺麗です💡
Img_9499_20221120170301
ラクウショウの巨木が青空にそびえてる。
Img_9503
ラクウショウの並木道。
ほんの一時間のいいお散歩コース。
綺麗な木の実をいっぱい取りました。
次はこれでリース作りだな💡
Img_9504 Img_9506

«窯出し

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ