2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

2024年1月24日 (水)

「あの花の咲く丘で、君とまた出会えたら。」

160_20240123201401 「何度も見たくなる作品」だとか、「若い人にも心に響く戦争映画」だとか、観なければと思ってしまうような評判を度々テレビで聞いたので、足を運んでしまいました。
でも、設定があり得なさ過ぎて、突っ込みどころがあまりに多すぎて、どうしても映画の世界に入り切れませんでした。
「ただ観客を泣かせたい」がために「戦争」や「特攻隊」でたくさんの命が消えた事実を利用しているようにさえ思えて、腹立たしくなってきました。
このような作品が高く評価されるとしたら、日本の映画も落ちたものだと感じます。
戦時中に生きる人々の空気、どうして自らの命を掛けてまで戦わなければならなかったのか・・・。
あの時代の価値感を理解しないままに、現代の価値観で熱く疑問を投げかける百合(福原遥)はあり得ない!
脱走した特攻仲間を逃がす場面も、あの時代にはこれが正当化され、まるでいいことをしたかのように描かれるのはオカシイと感じた。
「現代の価値観」が正しくて、「戦時中の価値観」は間違っていた、という描き方。これも安直過ぎる!
内容があまりに薄すぎて、頭の中を「?」が飛び交ってしまいました。
彰役の水上恒司さんも「真っ直ぐな視線」を要求され過ぎているのか、まるでサイボーグのように感じました。
敵の攻撃で燃え盛る集落の中をあんな風に歩けるはずもない。

原作がそもそもこういうものなのか?
脚本がお粗末なのか?

知覧の特攻平和会館に行った時のことを思い出します。
3498人もの若い命が散った場所。
その遺書の数々はとても読み通せるものではなくて、私は怖くてすぐに出てきてしまいました。
ただその遺書を残そうとした人たちには心からの敬意を捧げたい思いでした。

苦労して娘を育ててきた母親に反発して、ひねくれたことしか言えなかった百合が、戦争中にタイムスリップした途端に、ものすごくいい子に変わって、しかも現代に戻って来た時には「戦時中ではない」今の平和に感謝するというオチも安直すぎます。
いい役者さんがたくさん出ているのにもったいない!

 

 

 

2023年12月10日 (日)

引っ越しました。

15年間も続けてきたココログブログですが、引っ越すことにしました
新しいブログのアドレスは、
よさこいの夏https://ameblo.jp/sachiko08292002/

よろしくお願い致します。

ココログは編集画面にも慣れていたし、
友達のブログや好きなアーティストのブログなど、
いくつものリストをグループごとに表示できて、
大好きでした。

でも、フリープランは容量が2GBしかないので、Vol.2のこのブログも5年でいっぱいになってしまいました。
フリープランは2022年4月で終了してしまって、
新たに作るとなると一番安い270円3GBプランでも、
きっとまた5年ぐらいで容量オーバーになってしまうのではないかと思われます。
オーバーしてもブログを見続けようとすれば、年1回の更新が必要だし、
そのためにはたった270円と言えども死ぬまで払い続けないといけないということのようです。

使い慣れてることもあるので、迷いましたが、
まだ新しいパターンに対応しきれる頭があるうちに、思い切って引っ越してみることにしました。
友人が2006年8月から続けているAmebaブログは、なんとフリープランでも容量が1TBもあるということです✨
これはものすごく嬉しいことです✨

3日ほど前から試しに作り始めてみたら、結構、いろんな機能が使いやすく設定されているようです。

またココログはスタッフサポートが受けにくく、質問してもなかなか返事がもらえません。
でも、助け合い掲示板があるので、そこに質問を投稿して、詳しい利用者の方々が教えてくれていました。
それで随分と助けてもらっていました。
Amebaは始めるにあたって、分からないことがいろいろ出てくる中で、
スタッフからのサポートも何回か受けましたが、結構早くちゃんと返事が戻ってきます。

そういうことでしばらくはAmebaブログを続けてみようと思っています。
タイトルはそのまま「よさこいの夏」で始めました。
また遊びにきてくださいね。


Google検索のこともあるので、しばらくしたら、
こちらのブログの方を「よさこいの夏.vol.2」に変更しようと思っています。

 

2023年12月 7日 (木)

容量いっぱいで引っ越し

実は、ブログの容量がいっぱいになってしまい、
また新たにリニューアルしなければいけなくなりました💦

私は写真をたくさん使うので、
2GBしか使えない無料プランは限界があるようです。
このブログページもVol.2です。
2008年から始めたブログですが、2018年にVol.1が満杯になり、
今度は5年しか持たなかったことになります。
ココログブログはフリープランがなくなっていて、
同じ形式で作るにしても有料プランしかありません。
かと言って、無料の別のブログに引っ越すとなれば、
また新しいパターンのやり方を覚えなければいけないで、
ちょっとハードルが高くて、
今どうしようかな~?と迷っています。
そういうことで、多分しばらくの間、更新できなくなってしまうかもしれません。
まあ、書かずには前に進めない私ですので、
できるだけ早急に方向を決めて再開したいと考えています。
もちろん「よさこいの夏」のタイトルはそのまま継続します。
写真を入れなければ、更新できますので、また新しいブログのアドレスが決まれば、ここでお知らせします
しばしのお別れ✋

2023年12月 4日 (月)

京都紅葉巡り

Img_8679  少し見頃を過ぎてはいましたが、京都の紅葉を愉しんできました。
月曜日なので朝の通勤ラッシュを避けるために6:30に家を出たけど、やっぱり高速道路は渋滞していて、
大阪を抜けるのに時間がかかり、最初の目的地、石清水八幡宮に着いたのは8時半ごろでした。
八幡市にあります。
京都に行く時はついつい市内を回りがちで、少し離れた所にある寺社は案外行けてないところがあることに気付き、今日は外回りの寺社を訪ねてみることにしました。
立派な社殿。人も少なくていい感じでした。

Img_8688_20231207143101 次は長岡京市
去年、クラブツーリズムのツアーで連れてってもらった光明寺がとても綺麗だったので、夫さんを連れて行ってあげることに。
花手水が可愛かったんだけど、もうしていませんでした。
11月中だったのかな?
モミジの道は綺麗でした。ちょっと盛りは過ぎています。

ことりっぷにフォトジェニックなお寺として紹介されていた柳谷観音 楊谷寺というのも近くにあるようだったので回ってみました。
ここは拝観料500円が要りましたが、花手水も綺麗で、山の斜面に建ったお寺らしく長い木の廊下、階段でぐるっと社殿を巡ることができ、池のある庭をゆっくり眺められる縁側もあって、風情満点。静かでいいお寺でした。
ハート型の仕掛けがあちこちにされていて、今に受けるように工夫されています。

Mwwd7946

Efmj5878
お昼ご飯を嵐山花のいえに予約していたので、そちらへ回ります。
嵐山はもう観光客がすっかり戻っていました。
アジアの人が多いようです。
レンタルの着物を着て、写真撮りまくりな外国のお客さんたち。
日本は無料トイレも綺麗であちこちにあるし、
何でも安いし、愉しいでしょうね✨
私たちも花のいえでゆっくりお風呂に入って美味しい和食ランチをいただいてしばし休憩。
庭のモミジも綺麗でした。
Img_8731

Img_8744 そして、車をそのまま駐車場に停めさせていただいて、
これも去年のツアーで連れてってもらった天龍寺の裏手にある宝厳院に行ってみました。
春の桜の時期と秋の紅葉の時期だけ一般公開される寺院。
去年と比べるとやはり盛りの時期は過ぎていました。
でも、人も少なめでいい感じでした💡
この丸い石の庭は面白い。
お絵描きにちょうど良さそうな石がいっぱい💡
苔むした大きな岩とモミジ。
Img_8757


天龍寺前を通って、もう一つ弘源寺というお寺に寄ってみました。
チケットが宝厳院とペアチケットになっていたので。
毘沙門天の立派な像があったり、長州藩の刀傷が柱に残されていたり・・・。
撮影禁止でした。
日本はどうしてこう写真を撮られることをケチるのでしょうね💦
天龍寺前から車道に出るまでの庭のモミジに太陽が燦燦と差し込んでいて、
ここのモミジが一番綺麗でした。
外国のお客さんもいっぱい記念写真を撮っていました。
私たちもここで撮ってもらいました。
最後にいつもの豆腐屋さん森嘉に寄って、お豆腐とひろうすを買って帰路に就きました。
日帰り京都紅葉巡り、愉しい一日でした✨


Img_8768_20231206063001
実は、ブログの容量がいっぱいになってしまい、
また新たにリニューアルしなければいけなくなりました💦
これがこのブログページの最後のページになりますが、
写真がこれ以上入れられないので、
写真も少なめになってしまいました💦
私は写真をたくさん使うので、
2GBしか使えない無料プランは限界があるようです。
このブログページもVol.2です。
2008年から始めたブログですが、2018年にVol.1が満杯になり、
今度は5年しか持たなかったことになります。
ココログブログはフリープランがなくなっていて、
同じ形式で作るにしても有料プランしかありません。
かと言って、また新しいパターンでやり方を覚えながら始めるのは、
ちょっとハードルが高くて、
今どうしようかな~?と迷っています。
そういうことで、多分しばらくの間、更新できなくなってしまうかもしれません。
まあ、書かずには前に進めない私ですので、
できるだけ早急に方向を決めて再開したいと考えています。
もちろん「よさこいの夏」のタイトルはそのまま継続します。
写真を入れなければ、更新できますので、また新しいブログのアドレスが決まれば、ここでお知らせします。
しばしのお別れ✋

2023年12月 2日 (土)

灯しびとの集い

Img_8626 毎年、大仙公園で開かれる「灯しびとの集い」に行ってきました。
かなりクオリティーの高い手作り品が集まるマーケットです。
美しい生活雑貨。作家さんの想いやこだわりが感じられます。
でも、お値段もかなり高いので、暮らしの中で雑に使えるかと言えば、なかなかそうではないので、
よし買っちゃおう!ともなかなかなりません💦
私にしたら、手が出る値段も含めてのクオリティーということになります。
美しいものを観て歩くだけでも充分に愉しいイベントです。
陶磁器、木工、漆器、ガラス、金属、染め物、織物、布、皮革、アクセサリー、etc・・・。
ちょうど100店舗。
出店できる基準も高いのでしょうね。

 


10時からの開催でしたが、去年、その時間に合わせて行ったら、もう駐車場がどこも空いていなくて大変だったので、
今日は9時に家を出て、30分ほど早く入り車を停めました。
9時半ごろからもうお客さんはいっぱいでした。
楽しみにしている人が多いのでしょうね💡
作家さんにお聞きしてから撮影した方がいいのでしょうが、もう買い物する人への対応で大忙しの各お店ですから、なかなかそうも行きません。
スマホで撮影している人もいっぱいいるので、それにイチイチいいとか止めてくださいとか、作家さんも対応しきれないようです。
もうこういう時は仕方ないですね。
まあ、クオリティーも高すぎて、これを写して真似してみようなんて、とても無理でしょう。
生活雑貨の域を通り越しています。
ということで、私もバチバチ撮らせていただきました📷
Xqdd6754Fedb2721

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはもう美術品ですね。

Tldx2010
Bihk6993
Ccib9268

全体的にシックでスマートな作品が多かったように思います。
私が好きなカラフルで手作り感満載、みたいなのはあんまりなかった。
そういうのはクオリティーが高いとは言えないからかもしれませんね。
11時ぐらいになるとものすごい人、人、人でした👀

Img_8653

飲食ブースはこれまた何十人もの列ができていて並ぶのは諦めました💦
青空の下で、美味しそうなお弁当を拡げている人たちが結構いました。並べば良かったかな~。
Img_8654_20231203111901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買わずにいよう、と決めて行ったはずですが、
やっぱりちょっと買ってしまいました💦
・栃木県のtaro-coboさんのコーヒーセット。
形が美しい。色も好き💡
・香川県のさざなみ漆器さんの木のマドラー。
瀬戸内海の海をイマージして
  墨流しの技法でマーブリング模様を付けるそうです。
木の形もシャレてる✨
・大阪・和泉市のsmallworkcampさんの木のペン入れ。
精密で蓋と箱がピタッと合うのが気持ちいい💡

Img_8666




2023年12月 1日 (金)

「世界は五反田から始まった」星野博美

Img_20231203_0001 本好きの友人から勧められて読みました。
戦火の中で一家族がどう生き抜いたかが描かれた本当の話。
東京の戸越銀座の町工場に生まれた博美さんが、
祖父の書いた家族の記録を元に、地元のことや歴史を詳細に調べながら書き上げたノンフィクションです。

ネジを作る町工場を営んでいた祖父が戦火で焼け野原になった五反田でどう生き抜いたか・・・。
昭和20年5月24日城南大空襲で家も工場も焼かれて失い、
それでもその焼け野原に翌日には自宅の土地を守るための杭を打ち、
工場を再建した博美さんの祖父。
昭和2年に創業し、父に受け継がれ、その父親が88歳の時に、一番の得意先が95歳で閉業するまで93年間続いた星野製作所
星野製作所のネジは、戦争中には戦闘機の部品として軍需産業に組み込まれ、戦後は消火用スプリンクラーや宇宙開発にも使われたそうだ。

戦火の中を生き抜くためにも、
コロナ禍というパンデミックを生き抜くためにも、
同じように知恵がいる。
非常時に強制的に従わされる国策にも惑わされず、
その規制の中で私たちはどう生きればいいのでしょう。
非常事態に陥った時こそ”自分の判断”が必要だ。
そんなことを星野家から学ぶことができる。
これはコロナ禍においての我が家のやり方にも繋がる話だと感じました。
例えば予防接種ひとつをとっても、我が家では3人の子どもたちが揃って誰も予防接種を受けなかった。別に相談したわけでもない。
揃いに揃ってそれぞれが「あんな急ごしらえの訳の分からんモノを体に入れられるなんて御免こうむりたい」ということだった。
私は子どもたちにそんなヘンコな教育をした覚えはない・・・。
なぜって、私たちは夫婦共に3回まで予防接種をちゃんと受けたから!
最初の頃は、予防接種を3回受けた人しか国外に出られない、とか決められていた。
海外旅行はできるだけ早く再開したかった私と夫であった💡
だって歳も歳だし、のんびり待ってはいられないのだ!。
あんなに海外暮らしが好きだった末娘は、そのうちきっと誰でも行けるようになるから、それまで待つ、ときっぱり言ってついに受けなかった。
でも、本当にそうなりましたね。
今では予防接種などしてない人でも誰でも海外へ行けるようになってます。
あの騒ぎはいったい何だったのでしょう💦

話は戻ります。
本には東京大空襲の時、一市民が「自身がどういう状況に陥ったか」を綴った文章もたくさん載せられています。
書くことを職業にしている「売るための文章を書く作家」ではなく、
ただ家族のありのままを残すための一市民が書いた記録には本当の姿、状態が正直に散りばめられている。
だから面白いという博美さんの考えはもっとも!

「環境が激変したらしたで、頭を切り替え、そこでできることを考える」
博美さんの祖父が、そうやって戦火の中を生き抜いたように、
ウイルスのパンデミックを生き抜くヒントもそこにある。
コロナ禍の最中に書き進められたこの本の視点は本当に面白い。

祖父の書き残した戦前から戦中の家族の歴史を、そこから詳細に調べあげ、
五反田で生き抜いた星野家の歴史をノンフィクションとして書き上げた星野博美さん。

読みながら、私も三姉妹だった母の姉から、母方の家系図をきちんと作って残しておきたいと昔相談されていたことを思い出しました。
母の実家の下元家は江戸時代に遡って15代ほども続いた家系でした。
今も高知の桂浜近くに15代分の墓石が並んでいます。
従兄(母の2番目の姉の子ども)が毎年毎年のお墓の掃除が大変すぎるということで、最近どうやらお墓を一つにまとめたようです。
曾祖父は海軍で潜水艦に乗っていて亡くなったので、てっぺんが三角の大きなお墓(お国に命を捧げた印)があります。
その前の代々も海に生き、坂本龍馬さん辺りと同じ志で動いていたようなこともあったようです。高知ですからね。
下元の字も元は「下許」という字だった。それが下元に変わった理由は何なのか?・・・というような話をきちんとまとめておきたいと言いながら、
ついに果たせず、叔母は2003年に72歳で亡くなりました。
もっとちゃんと話を聞いておいてあげるべきだったなあと今更ながらに感じています。
20年前なら私もまだ若かったのになあ。
でも、調べてちゃんとまとめるほどにも興味を持てなかった・・・というのもあります💦
下元家は三姉妹に名前を継ぐ男子が生まれず、2番目の姉が嫁いで名前は変わったけど、
子ども2人が男の子だったので、その一人が下元の名前に改名して後を継いではくれました。
けど、結婚しても子どもができなかったので、結局、下元の名前はここで終わりとなってしまうことに。
まあ今や時代は家系を途切れさせないで続けて行く、というようなことでもなくなってきているので、これでいいのかもしれません。
ご先祖様、ごめんなさい。

話、逸れましたが、星野博美さんのエッセイも大好きな私です。
ぜひご一読を!

 

2023年11月30日 (木)

「汝、星のごとく」凪良ゆう

Img_20231120_0001

今、一番売れっ子作家さんの作品。
2020年2023年本屋大賞を獲得。
映画化された「流浪の月」は、衝撃的な物語でした。
私には刺激が強すぎて、怖くてもう一度は観れない映画です💦

この「汝、星のごとく」は2023年の本屋大賞作。
抗えない苦しい環境の中で生き抜く若者の姿を描いている。
こんな物語が綴れる人がいるなんてすごいですね~。
ネット検索すると、もう50歳になられているようですが、現代の若者感覚を掴んでおられるように感じます。
344ページ。
読みだしたら止まらなくて、あっという間に最後まで辿り着いてしまいました。
いろんな生き方がある。
人はそれぞれみんな違っている。
心の苦しさを自分の中で受け入れて消化して、自分なりに歩んでいく人生。
心の在り様と強さと弱さを丁寧に丁寧に紡いでおられるので、たくさんの人が心惹かれるのには納得できます。
でも、強烈過ぎるので人には勧めにくいなあというのが、私的な感想でもあります。

他のも読んでみようと図書館で予約したら、50人待ち~80人待ちになっています👀
気長に待ってみようと思います。

 

2023年11月29日 (水)

窯出し

泉ヶ丘陶芸クラブで、4ヵ月ぶりに窯入れ、窯出しをしました。
人数が少なくなって、作品が溜まらないので、なかなか窯入れができません💦
窯入れは11月だけど、クリスマスも来年の干支も10月ぐらいから作り始めます。
計画的に日々を過ごすのが大事✋

ということで、1回目の窯出しでした。今回入りきらなかった分だけ、もう1回焼きます。
私は左手首の骨折で6週間ほどお休みしたので、今回は少なくてむしろちょうどいい感じ💡

今回の私のメインはクリスマスシリーズ。
玄関先に飾るサンタさんやトナカイさん、雪だるま、プレゼント袋などを作りました。
後ろのミニツリーは娘の作品です。

Img_8612
そして、来年の干支の辰。
ちょっとへなちょこ具合が面白いでしょ✨
ミニ花瓶は2つだけ作りました。
Img_8604_20231201100601 Img_8615

Img_8606
孫と娘もちょこっと作っています。
カービー、潜水艦とおままごとのお茶セットです。
Img_8601
作るのは愉しいね~✨

2023年11月28日 (火)

「正欲」

160_20231128214201

息子殿に勧められて観に行ってみました。
今、我が家で悩みの一つになっていることと重なってる部分があると・・・。

原作者は朝井リョウさん。
1989年生まれの作家さん。様々な受賞をされていますね。

今年観た映画の中で一番刺激的な作品でした。
こういう視点を持てる作家さんが出てきているんですね。
正に、今の時代をテーマにしているような作品でした。
人が生きて行く上には、それこそLGBTだけじゃない、様々な価値観や趣向がある。
それが世の中にとって普通のことなのか、異常になってしまうのか・・・。
生き辛さを抱えながらも、なんとかこの世界で生きていこうとしている人はきっといっぱいいるのでしょう。

久しぶりの新垣結衣ちゃん、稲垣吾郎さん、そして若手俳優No.1の磯村勇斗くん。
「正欲」というタイトルですが、テーマとなっているのは性的趣向でした。
こんな趣向がホントにあるのかちょっと驚きましたが、「水」の場面がすべて効果的に美しく映し出されていました。
無表情で誰とも心を繋ごうとしない夏月役の新垣結衣ちゃんと佳道役の磯村勇斗くんの表情が後半にどんどん輝いていくのが流石でした💡
不登校の我が子と、子どもに必死に寄り添おうとする妻とは教育観が合わない正論派の稲垣吾郎は検事役。
でもこの感覚こそが今の世間の正統派ということなのでしょう。
私にもこの感覚の方が理解しやすい。
ラストの尋問場面。検事の吾郎さんとそれぞれに向き合う寛太さん、勇斗くん、結衣ちゃん。
質問と答えのちぐはぐさが常識と非常識の対決のようになっていて面白かった。

警察沙汰になってしまう事件が、まさに今のジャニーズ事務所の問題にマッチしていること、
そんな作品にジャニーズ事務所所属であった稲垣吾郎が抜擢されたことも、面白かったりしますね。
結衣ちゃんや磯村くんに負けずに演技力が光っててよかった💡
若いダンサー役の佐藤寛太さんやおどおどした大学生の東野絢香さんも素晴らしい新人ですね。

佳道が言った「この地球で生きて行くために手を組みませんか?」というプロポーズの言葉や
夏月の「地球の真ん中にちゃんといる気がした」という言葉は沁みました。
奥さんと離婚調停になってしまっている検事(稲垣吾郎)に夏月(新垣結衣)が最後に言うセリフ「いなくならないから」は効いた!

人の価値観なんて本当に千差万別であって当たり前。
何が正しくて、何が間違ってるなんて、誰にも決められないし、人に判断なんてされたくない。
人を傷つけるようなことさえしなければ、
みんなそのままに生きればいいんだよ。


え~っ?!服着たまま?!・・・みたいな突っ込みどころもありはしましたが、伝えたいことは充分に届きました✨
そうそう、もう一つ、気になって仕方なかったのは、稲垣吾郎くんの奥さん(山田真歩)。
仕事から帰ってきた夫にいつもレンチン(レンジでチン)ご飯を出す。
オムライスとかレトルトカレーとか。しかもその一品だけ。
不登校の我が子に必死でちゃんとした食事を作る余裕もないってことを言いたいのかな?文句も言わずに食べる稲垣パパが気の毒過ぎた💦

私的には「ドライブ・マイ・カー」以来の衝撃的作品でした✨
監督は岸善幸さん。

★★★★

2023年11月27日 (月)

11月のはがき絵教室

毎月第4月曜日恒例のはがき絵教室。
桃山台の近隣センターで教えてもらっています。
今日の参加者は4人。3人の方がお休みでした。
クリスマスや来年の干支や、そんなモチーフが集まる季節。
1年はあっという間ですね。

最近、近くに続々とオープンする大型スーパーマーケットの話題に花が咲きました。
こんなに次から次へとできて共倒れしないのかなあ?
あそこがいい、ここがいいと言いますが、どこも車がないといけない場所です。
高齢者が多い泉北タウン。
各住区にあった近隣センターのスーパーは軒並み閉店し、その場所は空いたまま。
高齢者は車でしか行けないような店から宅配便で食糧を買うしかないような街です。
そんなこんなを話しながら考えながら、絵筆を動かしました。

202311-2 本日の私たちの作品はこの通り🎨


辰がいいですね~✨
年賀状に使えますね💡

私は年賀状には陶芸で作った辰を入れようと思っているので、今日は違うのを描きました。
今日は4枚描きました。
お人形は、先日の泉南のフリマで一目ぼれして買っちゃいました💡
去年、陶芸で作ったサンタシリーズと
お絵描き仲間からいただいたザクロ、
山本先生の畑で枝ごと切らせていただいた柿。
2時間で4枚描く忙しいはがき絵タイムです。
202311-3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桃山台地域会館に12月に飾らせていただく額はこのように収まりました。
いい感じ✨

202311-4

«みいけdeマルシェ

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ