2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

2019年7月22日 (月)

7月のはがき絵教室

2019722-5 7月のはがき絵教室。
本日の参加メンバーは5人でした。

  夏の野菜や花をそれぞれが持ち寄って描きました。
私は夫さんが畑で収穫してきた、ナス、ウリ、ミニトマト。
それに夏向くんの大事なメエメエ羊さんを借りてきて描いてみました🎨

描くことだけに集中して、
ただ無心に描いているその時間がいいんですよね😖

愉しい2時間でした。
本日の私たちの作品はこの通り😖

地域会館に1カ月間飾っていただく額には、
こんな感じで収めてみました😖2019722-3


注:写真のフォルダー内で写真の向きを変えても
ここにアップすると元に戻ってしまいます😞
なんで?
 

 

 

 

2019年7月21日 (日)

コブクロ20周年コンサート in 京セラドーム

コブクロ20周年アニバーサリーツアーのファイナル。
京セラドームによさこい仲間の8人で行ってきました😖

Img_8403 京セラドームが4階までほぼ満席!
なんと45365人が来場していたそうです👀

“ATB”という大きなロゴが目立っていて、何の意味かな?とずっと思っていましたが、
ベストアルバム「ALL TIME BEST 1998-2018」の頭文字でしたね😖
去年2018年9月8日の宮崎公演からスタートして35公演のファイナルが今日だったようです。

何回も何回もこの入場者数を言ってくれる小渕さん。
覚えてしまいました😖

全身全霊で歌いきる二人のハーモニーに
心が揺す振られました。

「轍」「蕾」にはいつも泣かされる~😖
歌詞に心を込めるってこういうことですよね~✨

Img_8407 4時15分頃スタートでたっぷり3時間半!
ノンストップのコンサートでした😖
アンコールにはHONEST BOYZ がゲストで登場。
ヒップホップアレンジで「桜」をフーチャリング🎶
カッコよかった~💕
 
他にもコンサートの最初から最後まで要所要所で
大画面に砂絵で二人の路上ライブの歴史や歌紹介がどんどん描かれていき、
それが暖かくってとっても素敵でした✨

今日の歌リストはこんな感じ😖

01. 桜

02. DOOR

03. 遠回り

04. Bye Bye Oh! Dear My Lover

05. 太陽

06. YELL~エール~

07. 赤い糸

08. 流星

09. あの太陽が、この世界を照らし続けるように。

10. 宝島

11. 轍-わだち-

Img_8411 12. tOKi meki

13. Moon Light Party!

14. 神風

15. 時の足音

16. 蕾

17. 風をみつめて

18. 2018908 

19. 晴々

◆Encore

20. SAKURA

w/ HONEST BOYZ

feat. KOBUKURO

21. ココロの羽

22. ANSWER

最後は撮影許可も出て、お客さんのカメラ、カメラ、カメラ~📷
最高のコンサートでした😖
小渕くんの最後のご挨拶も気持ちが伝わりましたね😖
コブクロを聞き続けてくれてありがとう。Img_8414
歌い続けてくれてありがとう。
どのアーティストよりもコブクロを愛してくれてありがとう

  帰りには大正駅近くの居酒屋で打ち上げ~😃
愉しかった~✨

 

 

2019年7月20日 (土)

「今日も嫌がらせ弁当」

3201職場の利用者さんが観てきて「よかったよ~!」って言ってたので、観に行ってきました😖
セブから帰って来たばかりのせいか、島と海の風景も見たかった✨

八丈島、行ってみたくなりました。
舟で10時間か~👀
遠いんですね~。

今では私を世界のあっちこっちに連れていってくれる末娘の中高生の頃のことが
とてもとても思い出されました😖

口を利かなくたって家にちゃんといてくれるだけで、双葉ちゃんは全く親孝行ですよ。
まあ、でも母親としての自分と比べると篠原涼子さん演じるお母さんは愛情たっぷり過ぎるくらいの優しい強いキャラでしたね。

あんなに働きながら毎日キャラ弁を作るなんて到底真似できるものではありません。
親としては反省してしまう内容になっています😵
そして、見事なキャラ弁が次々と出てくるのも素敵でした✨
それぞれにオチがあって面白かったし😖

でも、親はいつでも子どもを心から愛しているし、心配している。
そして、子どもも本当は親が大好きなのだと、改めて実感できるいい作品でした✨

自分自身が親になってみないとわからないことって
本当にたくさんありますよね。

反抗期の子どもに観てもらいたいので、
中学校、高校なんかの学校での映画鑑賞会とかに使って欲しい作品です。

篠原涼子さんはもちろんですが、
芳根京子さんの中高生役のそっけなさ振りがなかなか見事でした。
松井玲奈さんのお姉さん役は、明るくいい子ちゃん過ぎて、ちょっと説得力なかったかな・・・

シングルファーザーの佐藤隆太と子役の男の子、名演技でしたね😖

ほっこりと幸せな気持ちになれる作品でした。
★★★

 

2019年7月12日 (金)

フィリピン⑥~Cozy Inn Mactan

Img_8325 今日が旅の最終日。
オスロブで2泊したGermarozeは素敵な海辺のホテルでした。
一番のお気に入りは海辺のテラスに並ぶロッキングチェア。
夕焼けを眺めたり、星空を見ながら、娘のウクレレコンサートを愉しんだり・・・
もしかまた行く機会があったら、やっぱりここに座ってユラユラしながら海と空をみたいな~✨

Img_8337 壁にはこんな手作りのオブジェ。
こんな金属で作ったオブジェを玄関周りに飾ってるお家がたくさんありました。

Img_8340
さあ、セブへ向けてまた3時間半のバス旅です。
ホテルの前で待っていて、やってきたバスに手を上げると停まってくれます。
こちらのバスはみんなそんな感じ。
どこからでも乗れる❗

道が混んでいて、セブに着いたのは13時を回っていました。
娘がすっかりバス酔いしてしまっていて、降りた時にはダウン寸前でした。
お隣りの大きなマーケットに行って、座っていましたがどうもよくなりません。
今夜の宿は初日に泊まったマクタンの小さな宿です。
空港に近いと思ってそこにしたのですが、
マクタン半島の下町で、30分ほどタクシーに乗って行かなければなりません。
マーケットで両替をしたり、ちょっとしたお土産を買ったりしているうちに、
床にうずくまってしまい立てなくなってしまいました😵
Img_8342 周りにいっぱい人が集まって来て、どうしたんだ?騒ぎに。
Google翻訳で「めまいと吐き気で立てない。どこか横になるところはありませんか?」と聞くと
マーケットのスタッフが車椅子を持ってきてくれて、
職員用の医務室まで、階段を2フロア分ほど男性3人で車椅子ごと運び上げて連れていってくれました。
 
ベッドが一つでキチキチの部屋でした。
寝ている娘を置いて、飲み物や果物を買いに出て、戻って来れなくなくなったら困ると思い、部屋の看板を撮っていました。訳すと「授乳室」ですね😖
2時間ほど寝て、フラフラしながらも動けそうになったので、タクシーで宿に向かいました。

娘は今夜、夜中の2時の飛行機で韓国経由で帰国する予定です。
あ~、帰れるでしょうか?😞
マクタンの宿Cozy Inn Mactanまでタクシーで1時間近くもかかりました。
ハノイの街と変わらないくらい道が渋滞しています。
金曜日なので遊びに行く人が多いとタクシーのドライバーさん。
宿に付いて、奥さんにすぐに娘の状態を相談しました。
・ギリギリまで寝て、夜11時頃の様子で空港まで送ってもらうかどうか決めてもいいですか?
・もし乗れなかったら、明日、娘は病院に行きたいんですけど、近くにありますか?
・病院の領収書があれば、新しい航空券のチケット代も保険で出るので領収書が必要です。
Img_8344 昔日本に3年住んだことがあるという奥さんが日本語がよく分かる人だったので、
すべて日本語で説明できました。
・空港へは甥っ子さんがドライバーをしているので何時でも対応できる。
・病院へは明日、自分が連れていってあげるから大丈夫です。
そして、私は明日9時の飛行機で帰るので、6:30に空港まで送ってください。
娘さん、ひとりで置いて帰って大丈夫?
大丈夫です。世界中飛び回ってる娘なので、もっと大変なこといっぱい経験してますので😵
娘は結局、夜中の飛行機に乗って、韓国経由で帰るのは止めました。
その帰り方だと10時間ぐらいかかってしまいますので体力的に無理そうです。
娘は翌日、3軒ほど病院を回って(休みだったり、領収書がないと言われたりで)無事診察してもらえました。
健康保険はないけど、200ペソで済んだそうです。
その日は一日中寝て、翌日の直行便(4時間)を取り直して無事に日本へ帰ってきました。
Cozy Inn Mactanの奥さんは本当に親切でした。
追加の料金も娘がもう一泊した宿賃だけで他には何もいらないと言ってくださいました。
いつかもう一度、お礼に行けたらなと思っています。
1週間の娘との旅。
最初と最後にハプニングがあったけど、心に残るいい旅でした😖
ハプニングもいい思い出になる😖

2019年7月11日 (木)

フィリピン⑤~ジンベエザメと泳ぐ

Img_8192 いよいよ今回の旅のテーマ「ジンベエザメと泳ぐ」時が近づいてきました。
午前5:30、もう一組のカップルとジンベエザメの港へ送ってもらいました。
港には既にたくさんの人が集まっていました。

アメンボボートに8人ずつ乗せられて、ジンベエザメの生け簀をぐるりと取り囲むようにして、
その真ん中にジンベエくんが泳いでいます。

Img_8193 😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖




Img_8223 滝で買ったジッパー付きの透明ケースにIphoneを入れて撮影。
でも海の中ではなかなかうまく操作できなくて・・・😵
娘が何枚か撮ってくれました。

Img_8230 📷

📷

📷

📷

📷

Img_8234 📷
📷

📷

📷

外はスコール☔

でも、大満足のジンベエザメ・アクティビティーでした。

Img_8250 ホテルに戻るとまだ7:30でした。
海を眺めながらゆっくりモーニング。
娘は例のごとく酔ってしまって食べれないようです😞

長い一日、今から何をしよう😖
2時間ほど走ったところに滝があるし、
そのまた1時間先にはウミガメのいるビーチがある。

じゃあ、行ってみようか?
「うちが格安のトライシクル見つけてくる」と言う娘。
10分後に1500ペソで行ってくれるオッチャン見つけて来たよ~✨

Img_8253
HONDAのバイク。
このデザイン、なんだか懐かしい。

ちょっと窮屈めなトライシクルでしたが、海岸線の道はきちんと舗装されていて楽ちんでした。
でも、さすがに2時間半は遠かった~😵
KAWASAN FALLSに到着。

そして、降りた途端に、ガイドをしてやろうと10人ぐらいの兄ちゃんたちが寄ってきました。
「ガイドを付けないとたどり着けないところなんですか?」
そう聞いても、それには答えずに
「200ペソで案内するから大丈夫!」
なんて言います。
こんな観光地に道案内なんていらない!
断って歩きはじめました。
トライシクルのおじさんが「ボクが案内するよ」とかなんとか言ってましたが、
別におじさんもいらないんだけど・・・ま、いいか😞

滝の入り口で一人45ペソの入場料で入れました。Img_8255

川は透明で綺麗です。
少し歩くと一つ目の小さな滝。
トライシクルのおじさんが「写真を撮ってやろう」と言うのでお願いしたけど、
滝、全然写ってないやん😵

Img_8261

Img_8264 この水の色はラオスのクアンシー滝と同じ。
周りの岩に石灰分が多いとこういう色になるそうです。

お土産屋台に可愛いココナッツ人形😖Img_8259

😖

😖

😖

😖

😖

Img_8279 😖

😖
15分ほど歩くと大きな滝に行きつきました。
ここはまるでプールですね。
とても入る気にはなれない😞

ライフジャケットを着ているのはImg_8284
どうやらツアーガイドにつかまった人たちですね😵

川沿いに登って行くと次々に滝が出現します。

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

Img_8286 😖

😖

😖Img_8287

 😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

そして、みんな飛び込もうとしている😖

😖

😖

😖

😖

Img_8289 😖

😖

Img_8291 😖

😖

😖

😖

😖

😖

滝のそばにはお地蔵様ならずマリア様が。Img_8294

ここは観光地過ぎてテンション上がらなかったな~😵

😵Img_8297

 😵

😵

😵

😵

😵

Img_8266

お腹が空いたので、入り口近くの地元食堂でおじさんも一緒にランチにしました。
時間を見るともう2時近かったので、後1時間先のビーチまで足を延ばすのは止めることにしました。
オスロブからこんなところまで来てしまってました😵

じゃあ、帰ろう。
海岸線のドライブはそれでも爽快✨



Img_8311 ホテルに帰り着いたら夕暮れが迫っていました。
お気に入りの海辺のロッキングチェアでピンク色に染まる空を眺めました😖

そして、日が暮れてから街まで歩いて、最後の夜は屋台のバーベキューを食べてみることにしました。
これがメチャクチャ美味しかった~。
Img_8341 いっぱい食べて、ビールも飲んで350ペソ。

しかも明細をみるとそのうちでエビが240ペソだった。

あ~、もっと前から何度も行けばよかったな~😖

愉しかったオスロブの街。
ジンベエザメは最高の思い出!




















 

2019年7月10日 (水)

フィリピン④~オスロブへ。

Img_8366 昨日のセブの宿Frankfurter Deluxe Innは港からタクシーで5分ほどの街中にありました。
着いたのが20時を回っていたので、
デリバリーの夕食を運んでもらって、ホテルでゆっくりしました。
語学学校の宿舎にもなっているようで、朝から学生のバス送迎がたくさんありました。
昔4年ぐらい日本に住んでいたことがあると、
送迎のお兄さんが話しかけてきました。
セブは英語学校のメッカですね。
ビジネスホテルっぽいところでしたが、居心地のいいお湯もちゃんと出るホテルでした。
調べてみるとオスロブへのバスターミナルまで1.3kmということだったので、
歩いて行くことにしました😖

いよいよジンベイザメのオスロブへ向かいます。
セブからバスで3時間半。
ちょっとかなり遠い😞
娘はどうやら乗り物酔いし易いらしく可哀想😵
お昼過ぎに着きました。バス代2人で248ペソ(500円)。安い~💴
娘は辛そうでしたが、私はバス旅を愉しみました🚌



本日から2泊する宿はGermaroze
海辺の素敵なホテルです。
夕方まで時間があるので、
舟で10分ほどで渡れるスミロン島へ行ってみようということに😖

Img_8152 ホテルの人に相談するとツアーがあるということでしたが、
「ツアーは必要ない。港まで連れてってくれるだけでいいです」
と伝えて、トライシクルでの送迎をお願いしました。
ホテルのお向かいのおじさんがすぐに迎えにれました。
港まで2人で200ペソ。
15分ぐらいで到着。
時間は既に14時で、帰りの最終便は16:30だと言われました。
娘は時間が短すぎるから、明日出直そうと言いましたが、
折角ここまで来たんだし、2時間もあるから行くだけ行ってみようと説得。
愉しくってもう一度、と思ったら明日もまた来よう!
船賃は往復1人800ペソ。

ここまでの旅でもあちこちで見かけたアメンボみたいな舟。
乗ってみたかったんだ😖

10分ほどで到着。
着いてみるとホントに小さな島でした。
一周歩いても一時間ほどとなっていましたが、
どうやら島全体がリゾート地で、島の内部に入るには入り口で1500ペソ払って、
その中にいろいろなアクティビティーがあるようでした。
今からでは時間が少なくてもったいないので、
船を降りた辺りでちょこっと泳ぐだけにしましょう。
娘がシュノーケルと水中メガネを借りてきました。
Img_8161
私は潜ると酔いそうだったので、ちょっとその辺りで泳いで待っていることにしました。
「ちょっと行ってくる~」と泳ぎに行ってしまいました。
5分ほどした頃に、2人の男の子が泳ぎに入って、
娘に「ニモがいるから付いておいで」と声をかけているのが聞こえました。
ホイホイとついて行ったっきり、まあ、1時間ほど遠くにチラホラ姿が見えはするものの
一向に帰ってきません。
ただジッと待っていると暑くてたまらないので、
私は撮影に退散😵

Img_8167

 

Img_8176 Img_8170

Img_8178 最終船が入ってきた頃にやっと帰ってきました。
私のことなんて忘れてたでしょう?😞
「ごめんごめん、沖縄の海みたいに熱帯魚がい~っぱいいてるところに連れてってくれたよ~。
ホントはガイドの仕事をしてるらしい。ガイド代払った方がいいかなあ?」
と言いつつ、ウクレレの歌でお礼を済ませる娘でした。
若いっていいな~。
冗談ばっかり言って、ムッチャ面白い子らやった~。

ということで、16:30の船でオスロブの港に戻りました。
おじさんが迎えに待っていてくれました。
Thank you🎶

Img_8185 夕飯は歩いて5分ぐらいの繁華街へ出てレストランに入ってビーフンと2~3品注文して850ペソ。
他のいろんなことと比べるとこれって高い気がする😞
なんだかよく分からん~😵
街の真ん中に君臨していたのはセブン・イレブン👀
ちなみにセブは日本車、日本バイクがいっぱい走っています。
SUZUKI、HONDA、KAWASAKI、TOYOTA、NISSAN・・・

さあ、明日はいよいよジンベイザメ!
送ってくれたおじさんがジンベイザメの送迎もしてくれるそうで、
「5:30出発だよ」と言うことです👀
よし、頑張って早起きしよう!

2019年7月 9日 (火)

フィリピン③~カモーテス諸島・ポロ島

二日間、一度も日本人に会わなかった小さな島。Img_8006

  朝、近くの集落をちょっとお散歩。
遊んでいる子どもも、学校へ子どもを送っていくお母さんたちも、
みんな笑顔で声をかけてきます。
Img_8008 おじさんはバイク便セールスをしてくる。

Img_8011 😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

Img_8015牛も山羊も鶏もそこいら中で放し飼いされている。

どこの村にもあるブルーの教会。
鉄格子がはまっているのが気になりますが、Img_8020
フィリピンでは90%の人がキリスト教徒だそうです。
長い間、スペイン領であったことに由来するようです。
礼拝場面は一度も見なかったけど…。

今日はゆっくり目にJadさんに迎えに来てもらうことにしています。
レディボーイの宿の人が朝食を作ってくれました。
海外で安心して食べれるのはパンケーキ。
美味しくいただきました。
昨日市場で買ったマンゴーも美味しかった~✨
Img_8023Img_8355 10時にJadさんが若い男の子を乗せて迎えに来ました。
聞くと息子さんだそうです👀
そんなお父さんだったのか👀
バイクの後ろに乗って今日は一緒に回るそうです。
19歳。
マニラの大学に行ってるけど2ヶ月の夏休みで帰ってきているそうです。
素直そうな可愛い息子さんです。
娘がウクレレを弾いたりしていい感じだったので一緒に行こう❗
と連れてきたそうですよ😖
ミック&ケーズB&Bともお別れ😖

村の外れの竹細工のお店にJadさんが連れてってくれました。
可愛い籠が70ペソ!140円!Img_8038

😖

😖

😖

😖

😖

😖Img_8041

😖

ポロ島はあんまり観光するところがないようです。
海辺のドライブを楽しみながら、
息子さんにウクレレを弾いてみたら?
教えながらのんびり進みます🚌
トライシクルの旅、愉しい~✨

Img_8043 マングローブの林の中を竹で作った遊歩道が続いています。
ちょっと歩いてきたら?
行ってみよう🎶

5分ほど歩くと、その先は壊れていました。
ハリケーンで壊れたそうです。
付いてきてくれた息子さんと記念写真📷Img_8051

📷

📷

📷

📷

📷

📷

綺麗すぎる海と空✨
Img_8055

歌いながらのドライビング🎶 

BUSAY FALLSへ。
滝に辿り着くまでのココナッツの森がとても素敵でした✨
森歩き大好き~😖Img_8060

山羊さん大好き~😖
Img_8063 😖

😖

😖

😖

😖

😖








 

 



Img_8070 辿り着いた滝は水が枯れていました。
残念だけど仕方ないね。
泳ぐのも止めました😖

Img_8078_20190715082201 またトライシクルに少し揺られてBUKILAT CAVEへ。
こちらの洞窟も水が少ないよと言われました。
雨季なのにポロ島は水不足らしい。

闘鶏として飼われているという鶏。
「日本にもある?」と聞かれて
「そんなのはない」と答えた娘ですが、
高知にありますよね。

洞窟の入り口。
手前にあった植物がちょうど手のところに😖

Img_8082_20190715082201 😖

😖

😖

  この幻想的な風景はどうでしょう😖
天から光が降り注ぐ😖

Img_8089

Img_8096 ハートの形❤

ポロ島での観光地はもうこれで終了なんだそうで、
一旦、港に戻りました。
お昼を少し回っていたので、
ランチタイムにしましょう。Img_8118

マンゴーシェイク、美味しい~✨
ピザも食べちゃおう😖
225ペソのピザは日本円にすると500円くらいなんだけど、
これは観光客プライス💴
フィリピン料金では2500円ぐらいの感じ👀

Img_8124

まだ2時ぐらいでフェリーの時間まで3時間ぐらいあるんだけど、
行くところがなくなってしまったので、
「また昨日の飛び込み台の海に行くか、どうする?」
と聞かれて「同じところに行くのもな~💤」と迷っていたら、
Jadさんが「自分のバイクで展望台のある山に連れてってあげようか?」
と言ってくれました。
トライシクルではどうも坂道を登りきれないらしい💨
バイクの後ろに2人で乗せてもらっていざ❗
山の奥へ奥へと登って行って、島の頂上みたいなところに着きました。

わ~、いい眺め✨
昨日回ったバシハン島が見渡せます。

Img_8127

Img_8365 面白オブジェがありました。
ピカチューもいるよ。

展望台のベンチでゆっくり休憩😖

39歳だというJadさん。
19歳の息子さんと二人家族だそうです。
娘に少し身の上話なんぞをしていました。
英語力❗

麓に降りてからもフェリーの出発時間まで荷物を見ててくれました。
二日間、いいトライシクルのお兄さんに出会えて愉しい旅になりました😖

Img_8133 名残惜しいけど、カモーテス諸島を後にします。
🚢

🚢

🚢
Img_8136 🚢

🚢

🚢

夕陽を眺めながらセブの港まで2時間半。
着いたら夜になっていました。



Img_8137



 

 

 

 

 

 

2019年7月 8日 (月)

フィリピン②~カモーテス諸島

Img_7864 早朝6時発のOCEANJETでカモーテス諸島に渡りました。
日本でネット予約していたけどeチケットが届いていなかったので、
少し心配でしたが、カウンターで予約番号を伝えるとちゃんと乗れました🚢
二人で1000ペソ(2000円)。
2時間でカモーテス諸島へ到着。

カモーテス諸島はパシハン島ポロ島などの4島からなる小さな島です。
港に着いた途端、トライシクルの客引きのおじさん達が・・・
一日レンタルで1人1500ペソというおじさんをパスして、
娘が声かけたのは、
Img_7876 「そちらの言い値でOKだよ」と言ってくれたイケメンのお兄さん。
「2人で1000ペソでいい?」と交渉して成立😖
二日間でとっても仲良しになったJad Luchavezさん。
とても親切にきめ細やかに案内してくださいました。
Img_7865
😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

今日はパシハン島を中心に回ってもらって、夕方に宿まで送り届けてもらうことにしました😖
 
Img_7869 まずはBUHO ROCKへ。
5mと15mの海への飛び込み台がある海岸。
朝早かったので、ここで美味しいハンバーガーを朝食に。
飛び込むのはやめにして、海をバックにパチリ📷

セブも雨季だということですが、
通り雨があるぐらいでいつもいいお天気に恵まれました。

ウクレレに歌を乗せての旅🎶Img_7893
🎶

🎶

🎶

🎶

市場に連れてってくれました。
マンゴー6個とバナナ10本ぐらいで100ペソ。

Img_8356


TIMUBO CAVEへ。
パシハン島の上のほうです。
泳げるから水着に着替えて入った方がいいよ。と言われてトイレでお着替え。

Img_7886  洞窟のプールです。

どこででもそのまま泳いでしまう娘。
私は冷たくてパス😵

🎶

🎶

🎶

🎶

🎶
Img_7907 島のお家の壁は竹を編んでできていて、とても可愛い。

食べるとグミの様な食感でまあまあいけるよ。
という大きな木の実。
名前は何だったかな~?Img_7965

😖

😖

😖

😖

😖





ちょっと早すぎて目が回るかもしれないけど、村の風景です。
聞こえるのは娘のウクレレの音色😖

Img_7903 次は海辺か湖かどっちがいい?と聞かれて、
湖に連れてってもらうことにしました。
LAKE DANAOです。
こういう風景はよくあるな~とあんまりテンション上がらない〰。
ボートに乗ってきたら?と言われたけど、
別に乗りたくないので、少し池の周りを歩いてみました。
おサルさんがいました。Img_7898

次に行こう!

もう一つ、洞窟に連れてってくれるそうです。
🚌

🚌

🚌

Img_7913 🚌

🚌

Img_7920 AMAZING CAVE
ここは本当にAmazingな洞窟でした。
泳がないと洞窟の奥の方まで進めません。
ブルーの岩がムッチャ綺麗~✨

😖

😖

😖

😖

😖

Img_7932

Img_7940 😖

しかも貸し切り。
他に誰もいません。
スタッフの男の子が、溺れないようにちゃんと
付いてきて監視もしてくれているので安心です😖

ここはテンション上がった~✨

洞窟から出て、海でもひと泳ぎ😖

Img_7952 😖

😖

😖

2時ぐらいになりましたが、
次はどこがいい?と聞かれて、
あまり観光地っぽくない地元の海へ連れてってください。
とお願いしました😖

まあ、ここは海か洞窟しかないみたいです😖

😖

Img_7976 SANTIAGO BAYへ。
ちょっとお腹が空いて来たので、
海辺の食堂へ。
なかなか美味でした😃
シュリンプにハマる~✨

地元のおっちゃんに話しかけられて、
よく分からんけど愉しそうに受け答えする娘。
Img_7982 😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

😖

朝8時過ぎから回り始めたので疲れてきて、宿へ向かってもらうことにしました。
ミック&ケーズ B&Bは丘の上の村の一番奥にありました。
無舗装のガタガタ道を随分と走ったので、
ちょっと不安になりました。
海外旅行ではいつも宿をBooking.comから予約することにしています。
地元の家族営業の様な宿もいっぱい乗っていて、
お客さんの口コミも参考にして予約します。
ニュージーランド、ケアンズ、ハノイ、ラオス、etc・・・
いつも結構面白い宿に辿り着けています😖

Img_7994 牛も山羊も鶏も放し飼いにされている小さな村のその中でも集落が途切れたところにやっとありました。
今帰仁結びやさんみたいです。
不安になる頃にたっと辿り着く・・・😞

インターホーンを押すと、誰?という顔をされたので、Booking.comの予約画面を見せると、
「Sachiko Aoki?」と確認され、それから部屋を準備してくれました。
小さな子どもが6人ほどもいて、
奥さんとレディーボーイの二人が運営しているようでした。Img_7991

こんなに田舎だとは思っていなかったので、近くに夕ご飯を食べれそうなお店もなく、
「夕飯を作ってもらえますか?」と聞くと、
「できない。バイクタクシーで30ペソで町まで連れてってもらえるよ」という返事でした。
仕方なく、それをお願いすることに。

近所のオッチャンがバイクでやってきて、
後ろに二人しがみついて村まで連れてってもらいました。
😠

😠

😠

😠
Img_7998 真っ暗な山道を帰ることになるので、
食べ終わるまで待っててもらいました。
朝、果物を買った市場のところでした。
美味しそうな屋台が並んでいます。
どうもお肉を食べる気がしないし、
野菜も売ってないので、
貝と唐揚げ、ご飯なんぞをいただきました。

送ってもらって、二人だから60ペソかな?
でも、待っててもらったし、悪いから100ペソ払っとこうか?
と思って、100ペソを渡すと「足りない」と言われました😞

往復だから30ペソ×4だということです。
120ペソ。
これって日本人対応なんかな~😞

長い一日がやっと終了😖

2019年7月 7日 (日)

フィリピン①~セブ到着

Img_7857 末娘とセブを旅してきました。
愉しかった一週間を報告します😖

7月7日に関空から一路、セブ国際空港に飛びました。
フィリピン・エアラインで快適な4時間の空の旅。
空港に着いたのは夜の19時前。
到着口で娘と待ち合わせしていました。

娘は1カ月間ネグロス島のドマゲッティで英会話スクール合宿をしていました。
昨日で終えて、今日は一日かけてセブの空港まで戻ってきて待っていてくれる予定。

Img_7859 でも、到着口に出てみると娘の姿は見当たらず、
外はもう真っ暗だし、蒸シ暑いし、
怪しげに見えてしまう現地の客引きがいっぱいで不安満杯😞
どうしよ~😵

同じく英会話スクールからの迎えが来ないという日本人のおばちゃんと話しながら
一時間近く経つ頃に娘が到着。
あ~よかった✨

空港でタクシーをつかまえて、
予想よりずっと遠かったCozy Inn Mactanへ連れてってもらいました。
タクシー代は545ペソ。(1100円)
高すぎる!と娘が文句を言ってました。
背に腹は代えられない。
とにかく娘に会えて、無事に宿まで着けてよかった~😖

宿の奥さんは昔、日本に住んでいたことがあるそうで、
日本語も上手でした。
彼女に後々、とてもお世話になることに・・・😖

翌日は早朝6時発の船でカモテス諸島に渡る予定です。
相談すると船の出る港まで30km。
30分ほどかかるということ。Img_7860
甥っ子さんが送迎をしているということで、
早朝4:30に送ってもらうことにしました。
300ペソで行ってくれるそうです。
よかった~✨





明日から6日間、いい旅になりますように😖

 

 

 

 

 

 

セブでジンベエザメと遊んできます。

先週の月曜日から火曜日に変わる夜中から、
天井が回りだし、昨日までダウンしていました😞
去年の3月以来、出ていなかった眩暈なのでもう大丈夫だと思っていました。
おととしまではほぼ毎年梅雨時に出ていたので、
注意していなければならなかったはずですが、
すっかり忘れていました😵

毎日、点滴に通って、4日目にはなんとか回転は止まりました。
昨日は全身マッサージにも行ってきました。

それで、なんとか昨日ぐらいから動けるようになったのです。

今から、セブへ飛んで、末娘と空港で落ち合う約束です。
セブで一ヶ月の英語学校に合宿して、昨日で終了した娘が、
1週間遊ぼうと誘ってくれたのは1カ月ほど前。

飛行機の往復チケットも宿の予約もできているので、
あ~、無理かな~
でも、行きたいな~

そう思いつつ回る天井を眺めていた5日間でした。
お医者さんも看護婦さんも、
行ったら治るから行ってらっしゃい!
と言ってくれます。

昨日のマッサージの整骨院の先生も、
東南アジアに行ったら、気圧が違うから治るみたいですよ。
と言ってくれました。

それを信じて、
そして、元気印の娘に会えば、
治る気がして行って来ようと思います😖

ブログの方は一週間のおやすみ。
いってきま~す❗

«「医師は40歳までに「病院」を辞めなさい」

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ