2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 夢のトルコ物語④~メブラーナ博物館 | トップページ | 夢のトルコ物語⑤-2~カッパドキア »

2019年3月28日 (木)

夢のトルコ物語⑤-1~気球に乗る!

石灰棚に浮かぶ気球を見た時からいいな~と思っていたところに・・・

Dsc00167 カッパドキアは気球で有名な町でもあります。
今回13人の参加者の家のお一人がツアー会社に「気球に乗る」オプションはないのかと問い合わせたところ、
旅行社としては受けられないという返事だったそうです。
でもその話は添乗員さんの耳には届いていたらしく、
現地ガイドのアタカンさんに相談してくれました。

 Img_5276 そして、気球体験は、あくまで参加者が「自由時間に自己責任で乗った」。
「添乗員はノータッチだった」、ということであれば、現地ガイドから気球会社に取り次ぐ
というのがお返事でした。
それでも気球に乗りたい人〰❗
は~い❗
手を挙げたのは8人❗
参加費は一人23000円也。Dsc00171

出発は早朝5:30。
気球は朝日を目指して飛ぶらしいです。
4WDでカッパドキアの洞窟の合間の無舗装道をガタガタと揺られること30分。
山間の草っ原で下ろされました。
 
あちこちで既に準備万端の気球が待機しています。
私たちの気球はまだ到着していないようです。
夜明け前の薄暗い冷たい空気の中で待つこと30分。
大きな籠とたたまれた気球が4WDのトラックで届きます。

大きなボンベでガスが送り込まれ、どんどん膨らんでいきます。

 

Dsc00169 気球の籠は20人乗り。
気球が真っ直ぐに立ち上がったところで、
四つに区切られた籠の四角から乗り込みます。
ふわりと浮かび上がる瞬間は夢のよう。

約1時間の空の旅の始まりです。
余りにも素晴らしい景色に言葉も要りません。

Img_5328 Img_5300   私たちの気球のパイロットは女性でした。

 女性パイロットはめずらしいそうです。
 2013年にエジプトで観光客の乗った気球に事故があったこともありましたね。

 気球がその日飛べるかどうかは公的機関で厳しく指導あるそうです。

Dsc00193 Dsc00180

Dsc00179

公的な許可が下りないと飛べないらしいです。
パイロットも厳しい訓練を受けているそうです。

朝日が昇りました。

Img_5337 こ~んなに高く上がりました。Img_5359

Img_5372  今日行く予定のパシャバーも上からこんな風に観てしまう。

 空のお散歩、満喫しました 😖

 

Img_5325
Img_5342

そして、8時にはホテルに戻り、朝食抜きで、本日の予定通り8:30に出発です。
胸いっぱいだから大丈夫~🎶

Dsc00198

 

 

« 夢のトルコ物語④~メブラーナ博物館 | トップページ | 夢のトルコ物語⑤-2~カッパドキア »

トラベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢のトルコ物語④~メブラーナ博物館 | トップページ | 夢のトルコ物語⑤-2~カッパドキア »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ