2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月29日 (金)

オトーさんとお母さん

Img_9870 益田ミリさんの「オトーさんという男」「お母さんという女」の2冊は、
ご自身のご両親のことを本に紹介されたものです。
思いっきり私的な内容。
お母さんのことだけで1冊の本が書けてしまうって、
作家なる人って面白いな~。
益田さんはイラストレーターという肩書になっているようですが、
エッセイ文もとても素敵です。
一つの内容をエッセイと漫画と両方で綴っています。
ご自身がどんなに深い愛情を持って育てられたかがとてもよくわかります。
例えばこんな感じです。
「どんな育てられ方をしたんだろう」というセリフは、
職場でよく耳にすることばです。
若い子が入ってきて、ちゃんとできていなかったりする場面を目にすると、
すぐにこのセリフで切り捨てるお局さんをよく見かけます。
どんな育てられ方をしたとしても、
それはその人本人のせいではないんだよな~といつも感じます。
そんなことで切り捨てられる若い人が可哀そう😖
そんなモヤモヤを逆バージョンでバッサリと晴らしてくれたこのページ❗Img_9904_20191130223401

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃


 

Img_0393 先に「お母さんという女」の方を読みました。
あ~、暖かいな~。
子育てってこれでいいんだよな~って感じると、
「オトーさんという男」の方も読んでみたくなり、図書館で予約しました。
家族の中でのオトーさんの微妙な立ち位置が感じられてクスッとしながら読みました。
なんだかんだと扱いが面倒くさいオトーさんが、実はとても愛すべき人で、
それでいてちゃんと筋の通った生き方をされていることがわかります。
この絶妙な匙加減がさすがな益田ミリさんです。
この「荷物を持たない」オトーさんの生き方は素敵だな。
後、お祭りの屋台でどんどんポケットから小銭が出てきて、
いくらでもいくらでも金魚すくいをさせてくれるようなオトーさん、
ケンタッキーフライドチキンが大好きで、
時々買ってくるときには、家族では絶対に食べきれないほど買ってきて、
翌日のお弁当にまで入れなければならないのが常だったオトーさん・・・だとか、
その「ケチケチしない」ところが大好きだったというミリさん。

😃

😃

Img_0402_20191130223401

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃



Img_20191129_0001_20191130223901 そのオトーさんとの別れを書いた「永遠のおでかけ」
病を得たオトーさんとの家族としての向き合い方。
オトーさんの旅立ちの中でも、
そして、オトーさんがいなくなった世界の上にも、
何でもない日常生活が進んでいき、
そこにはお母さんとクスッと笑いあうようにひと時もあること、
そして、いなくなったはずのオトーさんが自分の中で大きな存在として生き続けていること、
時間の流れの中で、哀しみや喪失感から少しずつ解放されていく心、
その不思議さ。
改めて家族という存在の深い暖かさを感じさせてもらえます。
深刻にならないサラリとした読み心地がいい😃


 

2019年11月25日 (月)

11月のはがき絵教室

晩秋のはがき絵教室。
本日は5人の参加でした。
秋の花や落ち葉にどんぐり、
クリスマスグッズ、
鉄腕アトム、
手作りのしめ縄など、
多彩なモチーフが集まりました。

201911-1 ほんの2時間、
あれこれおしゃべりしながら、
絵筆を走らせます。
私はいつも6枚ぐらい描いてしまいます😃

本日のみんなの作品です🎨

そして、地域会館に飾っていただく今月の額は、
こんな感じ😃

愉しいひとときでした✨

201911-5

2019年11月23日 (土)

勝尾寺~箕面大滝紅葉ハイキング

風に吹かれて~庭代台ふれあいハイキング
第196回目は紅葉真っ盛りの勝尾寺箕面大滝へのハイキングです。
朝8時の栂美木多駅に37人が集まりました。
泉北高速鉄道で中百舌鳥へ。
市営地下鉄御堂筋線は始発駅なかもずから終点駅の千里中央駅まで乗って、そこからバスで勝尾寺を目指します。

Img_0410 ところが千里中央駅でバス停に並ぶなりかなりな列😵
37人もいる私たちは結局臨時バス2台に別れ、前半組と後半組で1時間近くの到着差が出てしまいました。
道路も大渋滞、勝尾寺近くになると駐車場の空き待ちで前に進めなくなり、
バス会社の人が反対車線を自転車で誘導して、先に通してくれました。
前半組は到着後30分の自由時間で勝尾寺をグルッと一回りできました。
入るのに10分待ち😞
それでも見事な紅葉に真っ青な空が映えてとても綺麗でした✨
韓国、ベトナム・・・etc、アジア系の外国のお客さんがいっぱい👀

Img_0502 入ってすぐの池にはスモークの演出が💡
いたるところにダルマさんが置かれていて、インスタ映え効果も抜群!


Img_0503大急ぎで本堂まで登って、御朱印だけいただいて手を合わせて降りてきました。

可愛い立派な勝尾寺。
またシーズンオフにゆっくり来てみたいものです。
👟

👟

👟

👟

👟

Img_0446 後発隊が到着しましたが、残念ながら後発隊は勝尾寺参拝を諦めて、
ここから千里丘陵の自然研究路を辿って、
箕面ビジターセンターを目指します。
森の中は人にも出会わず、とてもいい気持ち。

1時間ほどで到着。
やっとお弁当を広げられました。

今日はきっとどこに行っても人、人、人!なのを予想して、
この誰もいないところで記念写真を撮っておこうということに📷
本当はもっと紅葉真っ盛りの場所で撮りたいんですけどね・・・。

Img_0456

Img_0463 ということで、ここから車道を30分ほど歩いて、箕面の滝を目指します。
道路の半分が臨時駐車場になっていました👀

まあでも紅葉は美しい。Img_0468





Img_0449
箕面大滝に到着して、またまたビックリ👀

Img_0483👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀


いやいや、滝の前まで行くのに人をかき分けかき分け大変😵

それでも写真を撮りたくて、やっと一番端っこに😵

Img_0478

Img_0491Img_0489👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

👀

木の上で実を食べるお猿さんも、この人波には驚いていることでしょう👀

37人が集合するのにも一苦労。
さあ、帰ろう~😖
あ~、前に進めません😖

油断してると間に間に人が入り込んでしまうので、
固まって移動するのも難しい・・・。
なんだかんだと言いながら、
それでも川沿いの紅葉を楽しみつつ、
1時間ほどかけて、やっと箕面駅に到着。

Img_0495
👟

👟

👟

👟

👟

👟

👟

Img_0499👟

👟

👟

👟

👟


まあ、なんというか風情とやらは皆無ですね😵

いろいろと学ばされた秋の紅葉ハイキング。
海外からのお客様がドッと増えたという諸事情で、
ひと昔前とは格段に違ってしまっている日本の観光地。
これからの企画を考えるにあたって一石を投じてくれました😵

本日の万歩計は19047歩
13.7kmでした。
栂美木多駅に帰ってきたのは、
予定より1時間遅れの17:30でした。
皆さん、お疲れさまでした😃























 

 

 

 

 

 

 

2019年11月22日 (金)

絵画クラブ「洋」作品展

堺市立南図書館ロビーでの6回目の作品展が終わりました。
わざわざ足を運んで観て下さった方々、ありがとうございました。
ぶらりと図書館に来られた人たちにも覗いてもらえるのがいいよね、
とここで作品展をするようになって3年が経ちました。
半年に一度の割合で続けています。
ノートに書いてくださる感想に励まされています。

今回の共通テーマは「夏野菜」でした。
7人がそれぞれに描いた夏野菜は、こんな感じ🎨
それぞれの個性が出ていて、なかなか面白い😃

Photo_20191122213601
Img_0269_20191122213701 他に2枚ずつ作品を飾りました。
濱川光代さんは、
「せせらぎ」
「水の都ベネチア」
Img_0284日本の川と外国の川、
水辺の風景にお国柄が見えて素敵ですね。

🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
Img_0270 🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨



大本知栄子さんは、
「夢多きとき」
「鉢ヶ峯の朝に」
Img_0277 永野芽都ちゃんと
朝のお散歩のときに見つけられた地元のお野菜を描かれました。
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨

🎨
🎨
🎨

🎨
🎨
Img_0278 🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨




藤井知子さんは、
「鮮やかな花・空」
「親子でのんびり」
動物をテーマに描いていきたいな~と
おっしゃっています。
可愛いですね。
Img_0281 🎨
🎨

🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
Img_0283 🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨




私(青木幸子)は、
「Japanese Pattern」
Img_0273 「シャウエンの絨毯屋」
モロッコの青い街・シャウエンの写真はまだまだたくさん撮ってきています。
これからも描いていきたいです。
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
Img_0271_20191122220901 🎨
🎨Img_0274
🎨
🎨
堺勤美展で堺市長賞を獲られた「エリザベス・ファンタジー」
私の孫ちゃんを描いてくれた「ガブッ!」
もう一枚「めざす先には」
エリザベス・ファンタジーは素晴らしいという感想がノートにいっぱいありました。
さすがです✨
Img_0276
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
Img_0272 🎨

🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨





川端康男さんは、
「レストラン」
体調を崩されながらも私たちの活動を覗いては、
ハッと気づかせられるようなアドバイスをくださいます。
高倉台に昔あったレストランを描かれたそうです。
Photo_20191122230001🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨
🎨

先生方は作法のように絵の構図だとかいろいろ教えてくださいますが、
本当のところ表現することに「こうでなければならない」はきっとないのでしょう。
どう描こうと、自分の世界なのだから・・・。
観る人の感性に響く表現って、どういうものなのでしょう。
面白いと感じて、そこから何かを学び獲れる感性を持っていさえすれば、前に進める気がします。
天邪鬼な性格が邪魔をして、教わることがとても苦手な私。
学ぶことは受動ではなくて主体的に自分から学び獲ることだと思っている。
でも、助言に心を傾けられる素直さは大切ですよね。
洋の作品展と同じ時期に久保惣美術館で川端さんの所属されているグループの作品展が開催されています。
そちらに出展されていた「兄弟」です。
お孫さんを描かれたそうです。
ここまで愉しめてこそ!
アートだな~💡
川端さんの作品にはいつもハッとさせられます。

来年の作品展に向けて、また愉しんで描いていきましょう。

2019年11月18日 (月)

クリスマスリース

私にとって2回目のアレンジフラワー教室。
今日は、クリスマスリースを作りました。
今日の生徒は3人でした。
Img_0362 先生が準備してくださったのは、
・ヒバ
・ヒムロスギ
・コニファー(ブルーアイス)
・ユーカリ

緑でもいろいろあるんですね。
色合いが少しずつ違っていて綺麗✨

蔓で編んだリースに針金で少しずつ束にして巻き留めていきます。
私は右回りに留めていきました。
ぐるりと一周回ってきたら、
飾りをセットしていきます。

Img_0368 全部使わなくてもいいですよ~
と言われても、ついつい全部付けてしまう私・・・

それでも2時間足らずで可愛くって本格的なリースのできあがり😃

お~、可愛い~✨


お一人は用があって早めに帰られたので、
2人で並べて掛けてみました🎄

Img_0364🎄

🎄

🎄

🎄

🎄

🎄

🎄

🎄

家に帰ったら早速玄関の扉に🎄 
あ~、もうクリスマスなんですね~🎄

Img_0369

2019年11月17日 (日)

めでたい電車

ガイドヘルパーのお仕事で南海電車加太線めでたい電車に乗りに行きました。
HちゃんとTちゃんの秋のお出かけ。
朝からポカポカと小春日和のお天気でいい感じ😃

まずは南海難波駅から和歌山市駅まで特急サザンで約1時間。
始発駅からの乗車で、指定席券を買わずともゆっくり座っていけました。
Hちゃんは堺駅から合流です。
電車での待ち合わせもバッチリ✨
車窓からのんびりと春のように煌めく海を眺めながら、
和歌山まで快適な電車旅。
和歌山市駅で30分ほど待って・・・

Img_0315 やって来ました~✨
めでたい電車❗
加太の辺りはさくら鯛の漁場で、
それに因んで平成28年から走っています。
たった8駅のローカル線。
今ではピンク、ブルー、レッドの3色の電車があります。
土日はたくさん運行されるのでぜひ乗ってみてください。

www.nankai.co.jp/kada/medetai.html

ボディーにはピンクImg_0320のうろこ柄。

ドアの入り口にはお魚が泳いでいます。  

Img_0325



Img_0324
お魚のつり革の向こうには可愛いむす雛

電車の中で💛を探そう!
というアナウンスが流れます。
むす雛の着物に💛。
つり革💛も見つかりました✨Img_0333


日曜日なのに空いています。
シートも可愛い✨
暖かな日差しがいい気持ち😃


Img_0340
Img_0342



途中の駅にも幟がいっぱい。

Img_0355 30分ほどで加太駅に着きました。
Hちゃんがネットで探してくれた満幸商店Ⅱでランチタイム。
田舎のガタガタ舗装道をクネクネと進んで15分ほどで到着。

地ビールもあるようなオシャレなお店でした。
あれ~、入り口に階段~😵
と思いきや、お店の方が店横の路地から裏口へ案内してくれると、
車椅子でもスイスイ行けました😃
よかった~✨
ネットの食べログでは「しらす丼」が名物、となっていましたが、
Img_0353 お店の人によると「わさびスープ」がうちの名物なんです、と・・・
鯛の粗から摂ったコラーゲンたっぷりのスープに生わさびを溶かせながら
飲むんだそうです。
4人でいろいろ頼んでシェアすることにしました。

いや~、どれもこれも大満足の美味しさでした。Img_0352_20191118133201

 

 

 

 


スープには最後にご飯と卵を追加して雑炊に😃Img_0361

またゆっくり食べることメインで来たいな~✨

夕方4時近くになってしまいました。
帰りのめでたい電車の運行時刻をチェックして、
無事に帰路に就きました。
Img_0356
さあ、帰ろう。
2両編成のもう一両側に乗ると
こちらには鯛のプレートが😃
和歌山市駅で乗り換えて、
Hちゃんとは堺駅でお別れ。
私たちは更に天下茶屋駅で乗り換えて、泉北高速で堺まで帰ってきました。
南海電車では最初に乗る駅で乗換駅の介助をお願いすると、
必ずその駅のドアの前でスロープを抱えて駅員さんが待っていてくださいます。
このスムーズさが嬉しい✨


堺に帰り着いたころには真っ暗になっていましたが、愉しい愉しい一日でした。

Img_0357










 

2019年11月16日 (土)

「洋」作品展

Img_20191116_0001 7人で活動している絵画クラブ「洋」の作品展。
今日、11月16日(土)~22日(金)にいつもの泉ヶ丘図書館ロビーで開催します。

図書館ロビー作品展、今回で6回目になります。
テーマは「夏野菜」
泉ヶ丘近辺にお立ち寄りの機会があれば、ちょこっと覗いてくださいね。

この案内ハガキは、前回5月の作品展の時の出展作品から作っています。
案内ハガキを配っていると、
あなたの絵はどれ?
とよく聞かれます。
紹介しておきますね🎨


キリン:藤井知子さん
カバ:青木幸子
ウシ:大本知栄子
カエル:平野雅代
アルハンブラ宮殿の彫像:福田久仁子
ネコ:川端康夫

 

2019年11月14日 (木)

井上陽水50周年記念ライブツアー

Img_0247 光陰矢の如し
少年老い易く
学成り難し→
と銘打ったコンサート。
フェニーチェ堺陽水が来てくれました~😃
ご本人が客席に向かって確認されていましたが、
50年間歌ってきた歴史の中で、
堺でのコンサートは初めてだそうです👀
このホールができたからこそだよね😃
よかった~✨

歳を重ねても、やっぱり井上陽水の曲はカッコいい✨
生協で買ったチケットの席は3階の一番端っこ。
とてもよくなかったけど、
客席はちゃんとステージの陽水が見えるように設計されていました😃
さすが❗
2000席の大ホールがほぼ満席。
青春時代をフォークで過ごした熟年世代でいっぱいでした😃
Img_0249🎵

🎵

🎵

🎵

「あかずの踏切」から始まって、
「アジアの純真」に続くオープニング🎵

遠いので双眼鏡で覗いてみれば、
そこに立ってるのは
どこにでもいそうな71歳のじいさんなのに、
歌い始めると、まさに陽水の世界❗
この声と曲はホントにスッバラシイ~🎵

Img_0250 「闇夜の国から」
「ダンスはうまく踊れない」
「飾りじゃないのよ涙は」
「少年時代」
「リバーサイドホテル」
そして、
「氷の世界」
アンコールでは、
「御免」
「夢の中へ」

3時間に26曲を歌ってくれました🎵
いろんな人のコンサートに行ってみる私だけど、
何回も行きたくなるのは、この人❗

















 

2019年11月13日 (水)

「家族の練習問題」

Img_20191113_0001「保育園、行かな~い~ッ!」と毎朝、大暴れして泣きじゃくる3歳の息子くんに、
とうとう負けて、保育園を退園させた娘。
たった3歳でも、大人と同じようにしゃべくりまくって自己主張をする小さな人。
その息子くんの言い分に、とても悩みながらも寄り添わずにはいられない娘。

娘の母である私は、孫の心配より、悩んでいる娘の心配をしています😵
我が子3歳にして子育ての壁か~😵

お母さんには「先生、怒るから行かないねん!」という3歳児。
私がリサーチしてみる。
「かなた、保育園、嫌なん?先生、怒る?」
「先生、怒らないよ。かなたが保育園行ったら、お母さん、寂しいねん」
いやいや、お母さんにはこう答え、おばあちゃんにはこう答える👀
3歳児の知恵に驚かされます👀

まだ3歳。家でお母さんとべったり一緒に過ごしたいというのが本当のところなのでしょう。
いい、いい、それでいいよ😃

そんな娘が勧めてくれた一冊には、
子育てや家族の機微に優しく寄り添うヒントが散りばめられていました。
団士郎さん自身の子育てや家族の記録にもなっています。

💡

💡


Img_20191113_0002

「物を買い与えるより、与えないことが難しい時代になった。
手に入らないことを通じて学ぶ貴重なことがあるのを発見する機会が手に入らない、
という奇妙な時代になった。

喜びも悲しみも、
満足も不満も、
みな子どもを育てる。
そのどれもに溢れた生活こそが、人の心を育てるのだと思う。

こんな形式なので、あっという間に読めてしまいますが、
読み終わった後には心がほっこり暖かくなります。
よし、この心の在り方、考え方をヒントにしよう✨



 

2019年11月10日 (日)

南区ふれあいまつり.Part2~よさこい編

南区ふれあいまつりのステージプログラムのラストを飾るよさこい踊り。
今年は南区の地元5チームが集結~✨

Img_0195 まずは城山台の「鼓葉」さんたちからのスタートです。
ちびっこたちもいて可愛くっていい感じですね😃

😃

😃

😃

Img_0204 😃

😃

2番手は上神谷校区の「美笑」さん。
真っ赤な衣装でおばちゃんパワー炸裂~✨

😃

😃

Img_0209 😃

😃

若手一番はかっこいい「三國鷲」さん。
20年前に美木多中学校を卒業した高校生たちで作ったチーム。
今も踊り好きな若手が引き継いで迫力満点に踊り続けています✨

😃

😃

Img_0211 😃

😃

そして、私たち「泉北すきやねん」
おちゃめなすきやねんを元気いっぱい踊れたかな~😃

😃

😃

Img_0220 😃

ラストは御池台の「ようきや輝楽」さん。
こちらもド派手な髪飾りにピンクな衣装で粋におばちゃんパワーを魅せる😃

😃

😃

この後、5チームで総踊り😃
さあさみんなでどっこいしょとうらじゃを踊りました✨
この南区(泉北タウン)でよさこいが始まって22年❗
それはイコール私たち泉北すきやねんチームの歴史でもあります。
踊り始めて22年か~👀
そりゃあ、みんな歳も取りますよね~👀
いやいや、22年が経って
40歳だった人が62歳になり、
50歳だった人が72歳になった今も
元気に踊り続けてるってことが何より素っ晴らしいですよね~✨

愉しいひとときでしたね✨





 

南区ふれあいまつり.Part1~絵画展

Img_0170 南区ふれあいまつりの絵画展に今年も「洋」の仲間と出展しました。
参加することに意義がある😃

ご近所さん方々の絵を楽しみに観させていただきました。
庭代台川崎章さんの「神社」は写真のようにくっきりとリアルでした。
美多彌神社ですね。
小さな砂利までリアルでスゴイ!

🎨

Img_0171🎨

🎨

🎨

水墨画で「美山の里」を描かれたのは新檜尾台山本得夫さん。
細やかでスッバラシイ~✨

🎨

🎨

🎨


Img_0173 🎨

🎨

🎨

よさこい仲間の小杉俊子さん(御池台)「ハイビスカス」
水墨画は色は黒だけのはずなのに、
色が見えるような気がします。
とても美しい✨
🎨

🎨

🎨

Img_0176 🎨

🎨

🎨

「洋」のリーダー・平野雅代さん(桃山台)「ごろん・ニャン・むにゃむにゃ」
猫ちゃんの夢をホワイトペンで愉しく落書き。
さすがですね~✨

🎨

🎨

🎨

Img_0177 🎨

🎨

はがき絵でご一緒している宮崎義美さん(桃山台)「木馬」を。
いつもの鉛筆画。
丁寧に素敵に描かれていますね。

🎨

🎨

🎨
Img_0179
🎨

🎨

🎨

「洋」の濱川光代さん(宮山台)は新作の「水の都ベネチア」
明るい色調。
川の水面がキラキラしていて素敵です。

🎨

🎨

🎨

Img_0180 🎨

🎨

🎨

高倉台吉田正さんの「玉葱と果物」は、
個性的でシャレた作品でした。
英字新聞が面白い✨

🎨

🎨

🎨

Img_0181 🎨

🎨

🎨

小原静さん(宮山台)「ラクウショウの池」
木漏れ日や水面の雰囲気がとてもいい感じ。
森の空気が感じられます😃

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_0183 🎨

🎨

🎨

長谷亙さん(庭代台)の女性像、健在❗
「こいさん」はタイトルも長谷さんらしくって素敵ですね😃

🎨

🎨

🎨

🎨
Img_0182🎨

🎨

🎨

🎨

いつも透明感溢れる藤田茂さん(美木多)「渓流」
こんな風に森や川が描けるってスゴイ✨

🎨

🎨

🎨

Img_0184 🎨

🎨

🎨

🎨

空と海がものすごく綺麗な作品。
高岡正和さん(城山台)の「堺燈台」
魅力的ですね~✨

🎨

🎨

Img_6777_20191110204501 🎨

🎨

🎨

私(青木幸子)は堺勤美展選抜展に出したカバちゃんの「視線」を。
水の感じがなんだか気に入ってる一枚です。
近頃は作品が間に合ってないですよ~😞
もっとどんどん描かなくっちゃと思ってはいるんですけどね😞

🎨

🎨

🎨

お顔が思い浮かぶ方の作品を観るのは面白いですね。
あ~、頑張ってるんだ~と感じる✨
自分も頑張らなくっちゃ~と反省する💦

愉しい鑑賞タイムでした😃

 

 

2019年11月 9日 (土)

灯しびとの集い2019

Img_20191110_0001 大仙公園にクオリティーの高い作家さんたちが大集結する灯しびとの集い
午後からちょこっと覗いてきました。

作家さんたちのクオリティーの高さにも感激しますが、
お値段の方もかなり高価で、
まあ毎年見るのが主流で足を運びます。

今年は大芝生広場に会場が変わっていました。Img_0130
いつもの運動場は臨時駐車場に。
これは正解です。
いつも駐車場待ちに長蛇の列ができていますからね。
午後を回ってから行ったので車もすぐに停められました。

陶器、ガラス、皮革、布、木工、彫金、etc・・・
あらゆる分野のアーティストが全国から集まっています。
これだけのものを作ろうと思えば、手間がかかるのも当然なので、
このお値段は当然なのでしょう。

Img_0164 実直で生真面目な印象を身に纏う作家さんたち。
ご自身の作品に誇りを持ち、大切にされているのがわかります。
クラフトフェアでは写真を撮るにも許可をいただいたりしますが、
ここでは一眼レフのカメラで堂々と撮影する人も多く、
店構えそのものがインスタ映えするようなお店もたくさんあります。

お聞きするとみなさんどうぞどうぞという感じです。
どうもいつもガラスに惹かれがちな私ですが、
あれこれ写真に収めさせていただきました。Img_0165

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_0163🎨

🎨

🎨

🎨


バンドの生演奏の流れる中、のんびりと芝生で過ごす家族連れ。
青空には秋の雲。

Img_0159

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_0160

葉っぱが赤や黄色に色づき始めた公園で、
季節間違えの桜がたくさん綻んでいます。

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_0161毎年、一つだけお気に入りの作品を見つけて買うことにしています。

今年は細かいアワ粒が美しい模様を作って並んでいる透明なグラスをひとつ買いました。
小坂未央さんという作家さんの作品。
沖縄の泡グラスにヒントを得て作られたそうです。
繊細でとても美しい✨
アートとはアイディアと探求心、そして丁寧な仕事の上に成り立っている。
https://ggb-hamamatsu.jimdo.com/


平和なひとときに浸ってしまいました😃
灯しびとの集いは今日10日も開催中です😃
お時間がある方はぜひ✨



2019年11月 8日 (金)

35年のタイムスリップ

大学卒業後に初めて就職して社会人になった会社KKCの先輩方との食事会。
1年ぶりに今回は9人が集まりました。

辺りがすっかり暗くなった夕方6時過ぎの烏丸四条駅。
懐かしい同期の友人と待ち合わせ。
2人の先輩方も一緒に待っててくれました。
「また丸くなったなあ」とH先輩。
😞
まあこれは神様のせいだからしゃあない。

Img_20191110_ 退社依頼初めて会った去年ほどの驚きや感動はなかったけど、
去年と同じようにあの頃、むちゃくちゃに遊んだ話や、愉しかったあれやこれやの昔話に花が咲きました。
子どもたちが結婚した話やお孫ちゃんの話。
退職後の仕事の話。
家族との旅行の話。
雲の上の存在だった部長や課長も今では10歳ほど年上の人生の先輩というポジションです。
厳しかったり優しかったりした職場の先輩でしかなかった人たちが、
近しい友人のように思える今に感謝したいです。

京都烏丸のちきりや茶寮。
今回も素敵に美味しい創作コース料理を作ってくださいました。
写真は最後のデザートしか撮ってませんが大満足😃

Img_0127 店を出ると、
それぞれがサラッと帰路に就きました。
昔のようにうだうだと日付が変わるまで飲んだりしない😃

一番よく遊んだY子さんの泊っていいよ~という言葉に甘えて、
夜景の広がるマンションにお邪魔し、
またひとしきりおしゃべりに花を咲かせました。

愉しいひと夜でした。
また来年😃

Img_0128

 

2019年11月 5日 (火)

暖かな時間

大学時代のサークルの一つ下の後輩が
はるばる明石から狭い我が家に遊びに来てくれました。
今、病と闘っている彼女です。

元々がとても前向きでパワフルな生き方をしてきた彼女。
病を得ても、やっぱりその日々の進め方は
何も変わらず一生懸命で前向きです。

家族の一人ひとりにも、
友人たちにも、
仕事や趣味にも、
悔いを残さないように、
気になることを一つひとつ解決しながら歩いていく様は
見事という他ありません。

その気になることの一つに、
20年以上前に家族新聞に描いた我が家の見取り図があったようです。ハハ

中2階に玄関がある3層仕立ての我が家が、どうも不思議で仕方がなかったようで、
今になって我が家に遊びに来たいと連絡をくれました。

陶芸や絵の道具、型染の材料、できては溜まっていく作品たちで半倉庫のようになっている我が家ですので、
これはどうしたものかと、ちょいと考えてしまいましたが、
大切な後輩のたっての希望ですので、
この際、散らばっているものをちょっと端っこの方に寄せるぐらいで、
そのまんまの我が家を見ていただくことにしました。
それで出来損ないの陶器なんかも気に入ったものがあれば、
いくらでも持って帰ってもらえればそれはそれで嬉しいのでした。

午前中に病院で検査を受けてから、栂美木多駅まで1時間半もかけて来てくれました。
駅の改札で待ってました。
私はすぐに彼女のことがわかりましたが、
彼女の方は、ちょっと気づかなかったみたい。
まあ、彼女も数年前に会った時よりは太ってると思えたんだけど、
彼女から見た私は、すぐにはわからないくらい太ってたということか・・・😞
まあ、これは私のせいじゃなく加齢による代謝機能の低下のせいだからね😵
つまり神様のせい。
しゃあない、しゃあない〰

古民家カフェでかまど炊きのご飯の和食ランチを食べてから、我が家に来てもらいました。
そこでもいっぱいおしゃべりしました。
どうも私は学生時代から彼女にはいろいろと自分の思いをペラペラと話していたみたいです。

見れば一目瞭然。
ひと通り家探検をしてもらいました。
そして、このところ毎週1個ずつ作り続けている猫花瓶を一つ持ち帰ってくれることになりました。
型染めのランチョンマットも。

遠いのでほんの3時間の再会でしたが、
とてもとても暖かい時間でした。
私はこのひとときのことをず~っと忘れずにいるんだろうな~✨

この時間を自分の中に咀嚼するのにちょっと時間がかかって、
このブログを書くまでに4日もかかってしまいました。

あの時間の中で彼女と交わした言葉の一つひとつを、
私はこれからもふとした瞬間に思い出すことになりそうです。

病を得てからの彼女の歩み方は、
彼女の周りにいる全ての人たちのこれからの人生に、
暖かくて強いメッセージを残して行くことでしょう。

彼女のその日のブログです。

https://ameblo.jp/yume2005/entry-12541438500.html?frm_src=thumb_module

私なんかのことをこんなに褒めてくれる人がいるだろうか!
あ~、ずっとそばにいて欲しい~✨


 

2019年11月 4日 (月)

アクロスモール泉北文化祭

秋もどんどん深まってきています。
街中、イベントシーズンですね。
泉北すきやねんでもイベント出演が続きます。


Img_0123 昨日の美木多校区福祉まつりに引き続き、
今日はアクロスモールのイベントで踊ってきました。
昨日今日の二日間、地元のダンスやよさこいや歌のいろんな人たちが出演したようです。


私たちも
・けやきの神
・浪花のおかんはよさこいダンサー
・さあさみんなでどっこいしょ
・おちゃめな泉北すきやねん
の4曲を踊らせていただきました。


お客さまはちょっと少なめ・・・
でも楽しそうに見て下さっていました😃
続けざまの4曲でしたが、
なかなか愉しく踊れましたよね✨




Img_0121 最後にはゆいかちゃんとしずかちゃんが代表してインタビューに答えてくれました。
愉しいひとときでしたね。


 


 


 

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ