2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 南区ふれあいまつり.Part2~よさこい編 | トップページ | 井上陽水50周年記念ライブツアー »

2019年11月13日 (水)

「家族の練習問題」

Img_20191113_0001「保育園、行かな~い~ッ!」と毎朝、大暴れして泣きじゃくる3歳の息子くんに、
とうとう負けて、保育園を退園させた娘。
たった3歳でも、大人と同じようにしゃべくりまくって自己主張をする小さな人。
その息子くんの言い分に、とても悩みながらも寄り添わずにはいられない娘。

娘の母である私は、孫の心配より、悩んでいる娘の心配をしています😵
我が子3歳にして子育ての壁か~😵

お母さんには「先生、怒るから行かないねん!」という3歳児。
私がリサーチしてみる。
「かなた、保育園、嫌なん?先生、怒る?」
「先生、怒らないよ。かなたが保育園行ったら、お母さん、寂しいねん」
いやいや、お母さんにはこう答え、おばあちゃんにはこう答える👀
3歳児の知恵に驚かされます👀

まだ3歳。家でお母さんとべったり一緒に過ごしたいというのが本当のところなのでしょう。
いい、いい、それでいいよ😃

そんな娘が勧めてくれた一冊には、
子育てや家族の機微に優しく寄り添うヒントが散りばめられていました。
団士郎さん自身の子育てや家族の記録にもなっています。

💡

💡


Img_20191113_0002

「物を買い与えるより、与えないことが難しい時代になった。
手に入らないことを通じて学ぶ貴重なことがあるのを発見する機会が手に入らない、
という奇妙な時代になった。

喜びも悲しみも、
満足も不満も、
みな子どもを育てる。
そのどれもに溢れた生活こそが、人の心を育てるのだと思う。

こんな形式なので、あっという間に読めてしまいますが、
読み終わった後には心がほっこり暖かくなります。
よし、この心の在り方、考え方をヒントにしよう✨



 

« 南区ふれあいまつり.Part2~よさこい編 | トップページ | 井上陽水50周年記念ライブツアー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

我が子が幼い頃の子育てって、振り返ってみればあっという間のことだったのに、その時には長い長いマラソンのような日々なんですよね。
もっと呑気にやりなさいっていつも言ってやりたくなります。
でも、自分も必死だったな~と思い出しもしています。

うーん、三歳にして、相手にあわせて言葉をかえる。これって、めちゃくちゃ高等なことをやっていますね。

因みに、娘は孫を心配し、私は娘を心配するというくだりにとても共感しました。

やはり、子どものことが、一番心配になります。因みに、私の母もそう言ったことがありました。みんな、親ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 南区ふれあいまつり.Part2~よさこい編 | トップページ | 井上陽水50周年記念ライブツアー »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ