2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月27日 (月)

「CATS」

6daadcbd461f9ab91昼から、心臓検査の結果を聞きに行かなければいけないことになっていて、
テンション上げるために映画館へ。

28年ほど前にまだ幼稚園の年少組さんだった娘と、
同級生母娘ペア5組ぐらいで初めて観た劇団四季の「CATS」。
4年前にも友人と2回目の「CATS」を観劇しました。

一番感動したのは、やっぱり初めて観たときだったけど、
2回目も、目の前を走り回ってくれる役者さんたちの猫そのものの動きに、
かなり感動しました。
「ジェリクルキャッツ」や「メモリー」の歌もとても素敵でした。

歌とダンスに魅了されて、それですべてがOKなのはやはりミュージカルの舞台だからでしょうか?映画館で観るには、やはりストーリーの面白さが大切な気がしました。

いろんな猫がいて、それぞれがどんな猫なのかを紹介していくだけのお話なので、
映画作品としては物足りないですよね。

主人公のヴィクトリアを演じたフランチェスカ・ヘイワードは世界的なバレエダンサーだそうです。超キュートでした。
カッコいいボンバルリーナとという猫を、グラミー賞受賞のテイラー・スウィフトが演じていたり、グリザベラというオンボロ猫をジェニファー・ハドソンが演じていたりします。ジェニファーの「メモリー」は素晴らしかったけど、小柄なので、ミュージカルで観たときのような迫力を感じられませんでした。ジュディ・デンチの長老猫は素敵でした。

歌とダンスは本当に素晴らしかったけど、
映画としてはストーリー性が無さ過ぎて・・・
★★
かな~😖



 

2020年1月25日 (土)

堺市南部丘陵、保全決定!

Img_1421 この地図は、1997年9月の第4土曜日に第1回目をスタートした「庭代台ふれあいハイキング」に先駆けて、
当時庭代台小学校の校長先生だった山本好隆先生が子どもたちに配ってくださったものです。
学校の第4土曜日休業に向けて、校区の3世代で一緒に地元の南部丘陵を歩こうと
自費で立派な地図を作ってくださいました。
ニュータウン開発の狭間に豊かに残る自然の里山を、
野山探検隊のように子どもたちとお父さんお母さん、お年寄りも一緒に歩いてみようというものでした。
里山の道に手作りの木の道標を
当時のPTAのお父さんたちと立てて下さったりもしました。

庭代台小学校で6年間、校長先生として勤務され、
その間に第4土曜日と続いて第2土曜日も休みになりましたが、
第4土曜日の校長先生も一緒に歩いてくださるハイキングは、
当時、小学生だった我が子たちもとても楽しみにしていました。
ちょうどこの時期、1月の土曜日には、雪が積もった金剛山に耐寒登山を企画してくれました。
25年間も続いた「金剛山耐寒登山」は、今年、金剛山のロープウェイ休業に伴って中止になりとても残念です。

「庭代台ふれあいハイキング」は、今も尚、継続されていて、来月には197回目を迎えます。
今でも当時のPTA役員だったメンバーがスタッフを務めて続けています。
ご退職後、20年以上が過ぎましたが、傘寿を越えられた山本先生も続けて歩いてくださっているのです。
校区「庭代台」の宝物と言えるのではないでしょうか。

その一番のスタートにあった「堺市南部丘陵ハイキングコース」の地図。
この南部丘陵にも、かつてはホタルを観に、夕方の薄暗くなった山道を子どもたちとみんなでワイワイ言いながら下って出かけたものでした。
既にゴルフ場になってしまっていた場所もありますが、
その間のフェンス沿いを歩いて、峠を越え、天野山金剛寺まで足を延ばしたこともありました。

14haに上る最後の自然林は、オオタカやミミズクが棲み、サワガニやカエル、オオサンショウウオ、
貴重な植物群も残る堺の最後の自然の宝庫とされてきました。
様々な開発の憂き目に合い、転売、転売を重ねられてきた丘陵ですが、
現在の地主により50tもの土砂で埋めたてて観光農園にしようという計画が持ち上がっていることが分かりました。
そして、この里山を守るために、昨年末から、地元住民はもちろん、自然を守る会の方々、隣接する泉北タウンの人たちで様々な取り組みがされてきました。

Img_e1411 堺市がそこを「特別緑地保全地区」として決定すれば、行政が開発を歯止めできるということです。
地主が府に既に申請中の工事計画書が許可される前に、堺市による緑地保全地区決定を待つところでした。

その保全地区決定が23日、堺市都市計画審議会によって全会一致で決定しました。
これは朝日新聞の24日朝刊の記事です。
読売新聞も掲載しています。

24日にはニュースででも取り上げていました。

 

 

Img_1417Img_1412



 

 

 

 

儲かるから開発するっていうことでしょうか?
綺麗に整えられた人口的な公園や農園、もう十分じゃあないでしょうか?
自然が自然のままに残されているエリアがあるということが、
とても素敵だと思えます。
ひとまずは私たちの森が守られて本当によかった😃


 

 

2020年1月24日 (金)

新年会

職場の気のおけない仲間との新年会。
日頃の「なんでこうなの?」と感じるモヤモヤをあれやこれやと言い合って、
チョイ発散してきました🍺
山本好隆先生の「笑顔、輝かせて~障害重き人たちと共に」の本の編集をお手伝いするために、
重い身体障碍を抱える人たち日常を学ばせていただこうと勤務し始めた職場です。
本は勤務し始めて1年足らずで出来上がりましたが、
障害を抱えながらも、私たちと同じに泣いたり笑ったり、
誰かを好きになったり嫌いになったり、
不自由な中にも愉しさを見つけながら生きる彼ら彼女らの魅力に惹かれ、
そのまま勤め、
今年で14年目に入ってしまいました。
この間に、山本先生ともう3冊の本を作ることもできました。
年月の流れの速さに驚きます。

トイレや食事や作業や移動すること、
様々なことを職場にいる6時間の間だけお手伝いします。
すぐに心を通わせられた人もいれば、
何年たっても気持ちと気持ちの間に引いた一線を越えられない人もいます。
軽い話題ではしゃいで通り過ぎるようなことが、なかなかできない私です。
ほんの時々、ちょっと気持ちが通じたな、と思える瞬間があれば十分なのだと思えます。
ここで利用者さんたちからたくさんのことを教わりました。
身体に不自由なところがあるから、その部分を誰かに助けてもらわなければならないにしても、
気持ち、心、感情はその人だけの自由なものなのです。
誰かの手を借りなければ、
食べられない、トイレにも行けない、移動することもできない。
そのものすごく大きな不自由を抱えてでも、
自分の「こうしたい」を貫く強さとはいかほどのものでしょう。
日々の中に小さな愉しさを見つけて、笑って生きていく強さにとはいかほどのものでしょう。
たくさんの不自由を横に置いてでも、
働く私たちと笑いあったり、
テレビやニュースの感想を言いあったりできる彼ら、彼女ら。
日常のほんの少しの時間を共に過ごせることを愉しみたいなあと思います。


働く仲間にも気の置けない友人ができました。
あまり人と親しくならない私ですが、
仕事の中で感じたことを話すうちに、
よく似た感じ方をしている人がいることに気づきました。
その仲間は私にとってとても大切な存在です。
「なんか変だな?」と感じることを、
よく似た感じ方で共有しあえること。
いろんな思いを自分一人で抱えないで、
心置きなく言い合えることは時にはとてもいいことなのでしょう。

職場にはいろいろな立場で働く人がいて、
それぞれに自分の言い分があるのだろうとは思いますが、
その目的が、中心にいるあの一生懸命に生きる利用者さんたちの幸せにつながっていればいいな~と
感じます。

Guqo7189 器も盛り付けの面白さも一緒にいただくような新和風創作料理のお店「あん」は、
出てくるお料理の一品一品に、舞台演出のようなアイデアがあり最高です✨
みんな、面白がってくれてよかった😃



 

 

2020年1月21日 (火)

泉北美術展2020

”私たちの街に私たちの芸術を”
第38回目を迎えた泉北美術展泉ヶ丘パンジョホール21日(火)まで開催されています。
泉北タウンの先生方が集結して出展されています。
大好きな作家さんの今年の作品を楽しみにしています。
見応えある作品がたくさん拝見できるので毎年とてもワクワクします。
皆さん、お歳を重ねてきてはおられますが、
アートな感覚に年齢は関係なし!
キラリと光る個性が溢れています。

Img_1253 入ってすぐの工芸コーナー。
毎年大好きな超リアルなお人形。
水野栄見子さんの「よそゆき」は、
子どもらしい表情がスッバラシイ✨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨Img_1252

🎨

🎨

🎨


皮革作品は中西和子さんの「春の訪れ」
こういう世界観、大好き~✨

🎨

🎨

🎨

Img_1255_20200118160801 🎨

🎨

🎨

小川悦造さんの「ふれあい」
リス園で遊ぶのはお孫さんでしょうか?
色遣いがとても好きです。

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_1256_20200118160801 🎨

🎨

🎨

庭代台の大好きなアーティスト。
鳥山ツルエさんの人物画は「アウス・ムフーブ君」
背景の処理が面白いですね🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_1259 🎨

🎨

🎨

いつも大好きな東野穂積さんの「フルーツテーブル」
メルヘンですね~✨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨Img_1265_20200118162301

🎨

🎨

毎年、とても魅力的な世界を見せてくださいます。
カラフルワ-ルド、惹かれます✨
小林尉哉さんの「あるく」

🎨

🎨

Img_1267 🎨

🎨

🎨

🎨

福井満さんの「HISTORY」。
渋い風景の中に浮かび上がる建物。
シャープな線がカッコいい❗

🎨

🎨

Img_1268 🎨

🎨

大好きな上平澄江さんの作品。
「想」とタイトルされています。
モデルの少女はどういう人なんでしょう?
ご自身?娘さん?
背景の赤い花やグリーンは?
心象風景?
いろんなことを想い浮かべてしまいますね。
こんな絵が描きたいな~✨


🎨

🎨

🎨

🎨

Img_1269 🎨

🎨

🎨

庭代台の絵の先生、合田豊さんの「マテーラ」
近頃はリアルな街の家並みの中にカラフルなポイントが描かれています。
マテーラの街。
いつか行ってみたい街。

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

Img_1271 🎨

🎨

いつも大好きな中田道子さんの水彩画。
「宴のあと」
アクリル板に映り込んだ周りの色が邪魔していて残念です😞

🎨

🎨

Img_1275 🎨

🎨

🎨

🎨

石田康博さんの日本画「一夜花にほふ」
繊細でくっきりとした表現。
浮かび上がるようなこんな絵を描いてみたいものです✨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

🎨

毎年のことですが、紹介したい作品が他にもたくさんあるのに、
アクリル板が反射して撮影できずに諦めます。
鑑賞するにもちゃんと見えなくて残念な思いをします。
絵を展示するときにアクリル版を入れる必要があるのかなあ?

そんなことを思いながら会場を後にしました。
今年も素敵な作品をありがとうございました。

 

 

 

 

 

2020年1月18日 (土)

83歳

明日は母の誕生日です。
今日みんなが集まれるので一日早い誕生日会をすることにしました。
昨日の夜からスポンジを焼き、朝からトッピングしました。

娘家族とImg_1278
昨日まで岐阜のスキー場でバイトしていた娘も帰っていて、
賑やかにお祝いすることができました。

Img_1283



お天気がよかったので、松尾寺公園を少し散策してみることにしました。
夏向くん、今日はひいばあちゃんのお世話係に大はりきり!
空気は冷たいけど、気持ちのいい冬日和。
静かな公園を家族で歩くのはとてもいい感じ😃

Img_1286




水仙の花も綺麗です。
松尾寺にお参りしてから、
娘が予約してくれた隠れ家のようなお店でお誕生日ランチ。
生け花がとても素敵で、センス溢れるお店でした。
お料理も凝っていて美味しかった。
食べ終わった子どもたちが退屈しないようにおもちゃを持ってきてくれて、
大人もゆっくりいただくことができました。
デザートのきなこプリンは絶品✨
Ygxi1510

Img_1306ゆっくりいただいてから、
娘宅に戻って、ケーキタイムにしました。
お誕生日の歌を唄って、ろうそくを吹き消すのは夏向くんのお役目。
「もう1回!」、「もう1回!」と3回ぐらい「フ~ッ!」をしてから、
7人で1ホール、ペロッと食べてしまいました。 
83歳。
今年もお祝いできてよかった😃



2020年1月12日 (日)

二人のシュプール

押入れの奥の方からImg_20200111_0001見つけ出したダンボール箱。
開けてみると古い年賀状が出てきました。
もう処分しちゃおうかな~と、
ごそごそチェックしていると、
面白いものを見つけてしまいました。
結婚して住所が新しくなったことをお知らせするハガキ。
なんと!
あれから38年!

福田の小さなアパートでスタートしましたが、
時の流れは本当にあっという間。

スキーとバイクが趣味でしたので、
新婚旅行的なこととしては、
五竜遠見にスキーに行ったのと、
夏休みにはバイクで北海道をぐるりと一周しました。

3人の子育ては、
大変なこともいっぱいあったような気がするけど、
TOTAL的には愉しいこともそれ以上に散りばめられていましたね~✨
子どもたちはみんな優しいいい子に育ってくれました😃

38年が光陰矢の如しに過ぎ去って、
ここから先がどれくらいあるのかわからないけど、
やっぱりワクワクすることをいっぱい探しながら歩いていきたいな、
と考えている私です。


 

2020年1月 5日 (日)

「男はつらいよ お帰り 寅さん」

1601_20200105203201 山田洋次監督による国民的人情喜劇「男はつらいよ」シリーズの50周年記念作品。1969年に第1作が劇場公開されてから50周年を迎え、97年の「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇」以来、22年ぶりに製作されたそうです。
寅さんシリーズを見てきた世代にはたまらない企画ですよね。
私自身はどちらかと言うと吉岡秀隆世代と言えるかもしれません。
「北の国から」の幼い時からずっと見てきた吉岡くん。 

寅さんシリーズにも幼い頃から出演していた吉岡秀隆が、母役・倍賞千恵子、父役・前田吟と共に物語の中心人物として物語を展開していきます。
彼の風貌に、いや~、歳を重ねたんだな~とつくづく年月の流れを感じました。
初恋の相手の後藤久美子さんも久しぶりのスクリーン。
美しさは変わりませんが、演技の方は長らく離れていたせいか周りのベテラン出演陣からはかけ離れて素人っぽかった。
娘役の桜田ひよりちゃんはものすごく優しい可愛い娘を演じていましたね。
イマドキ、父親にこ~んなに優しい娘っているかな~。
この描き方が山田監督ってことでしょうね😃


物語は吉岡くんの回想シーンとして寅さんが出てきます。
マドンナも続々と登場。
光本幸子さん、吉永小百合さん、八千草薫さん、浅岡ルリ子さん、竹下景子さん、松坂慶子さん、桃井かおりさん、
伊藤蘭さん、田中裕子さん。
皆さん、初々しくってとてもキュートです。
それにしても寅さんのセリフはユーモアと粋に溢れています。
名セリフ揃いで驚きました。
寅さんならではの理屈っぽさがNice❗
「メロン事件」は最高に面白いですよね~😃

山田洋二監督は素晴らしい~✨

ストーリーの中で、高校時代の初恋の相手であるイズミ(後藤久美子)は、自堕落な母親(夏木マリ、最高!✨)と、その母を捨てた父(橋爪功、最高!✨)から逃げ出すように日本を離れ、今では遠い海外で国連難民高等弁務官として働いている。
自分の両親を愛せずに逃げ出すようにして、新たな生き方を模索しなければならなかった辛さが、私にはとても共感できました。
愛情溢れる正しい両親に育てられた人にはわかり得ないことがある。
それでも生きていかなければならないし、
親を反面教師にしてでも、なんとか自分なりにちゃんと生きていこうとするイズミの生き様に共感します。
イズミさんがもう少し演技派ならよかったなあ。

困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ。
おじさん、どっからでも飛んできてやるから  ~車寅次郎~

寅さ~ん❗
★★★


 

 

2020年1月 4日 (土)

5年ぶりのスキー。

娘が2人の子どもの出産子育てに忙しく、
行けなかった家族スキーに5年ぶりに行ってきました。Img_1144
3歳の孫ちゃんに初スキーをさせてもやりたくて・・・。

Img_1146😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃

いや~、5年も滑ってなくて滑れるのかな~。
高鷲のスキー場でバイトしている末娘からは、
「全然、雪ないよ~。コースだけの人口スキーやで」と連絡あり。
それでもお正月なので、そこそこ人は多いであろうことを予想して、
ダイナランドや高鷲スノーパークは避けて、
ホワイトピア高鷲で滑ることにしました。
朝6時過ぎに堺を出発して着いたのは10時過ぎ。
駐車場はすでにいっぱいでした。

ゲレンデにしか雪はありませんが、
それでも一番長いクワッドリフトが動いていて、
長いコースを滑ることができるように整備されていました。
ダイナやスノーパークと違ってここは穴場です。

Img_1147

ゲレンデはリフトも並ばずに乗ることができるぐらいの人出でした。
リフト券は娘夫婦も私たちも夫婦でシェアー。
交代に滑るくらいでちょうどいい感じ。

リフト下も土が見えています。
でもゲレンデコンディションはそう悪くはなかった。
上の方は結構いい雪でした。

Img_1150コース外には行ってはいけませんよ~!
のこんな標識👀

交代で2人の孫たちのお守りもしながら、
娘とも何本か一緒に滑ることができました。

超慎重派の夏向くんはパパさんとソリ滑りを中心に、
ちょこっとプラスチックスキーにも乗ってみました。
春和ちゃんにとっても初めての雪体験😃


5年ぶりのスキー。
まあ滑り方は忘れてはいなかったけど、
長距離を続けて滑っていると、
なんだか心臓がドキドキしてきてちょっと危険な感じ。
ん~、これって何だろう😖
歳っていうことなのかな~😞

 



お宿は、白鳥のさんたべーる
イタリアンレストランも併設している古民家民宿。
居心地のいいお宿です。
夜には高鷲から末娘が遊びに来てくれました。Img_1156
Img_1157😃

😃

😃

😃

😃

😃

😃




Img_1158 翌日も夏向くん、「今日もスキーする~!」と言ってくれたので、
3時ごろまで滑りました。


Img_1159😃

😃

😃

😃

😃

😃

Img_1187











2日間、愉しい雪遊びができました。
ん~、でもいつまで滑れるかな~とちょっと感じずにはいられなかった私なのでした😵


 

 

 

2020年1月 1日 (水)

新年あけましておめでとうございます。

Img_20191231_0002
2020年が明けました。
Img_1078 昨日の大晦日は朝からお節づくりの一日でした。
5年ぶりにちゃんと年末を日本で過ごしたので、材料も前もって準備できて、
言ってみれば余裕のお節づくり❗😃ハハ
まあ、作るものはもうこの方20年?30年?
Img_1081 おんなじ何ですけど・・・。

娘家族と息子と母、総勢8人で夕方からテーブルを囲むことができました😃
末娘はいつものようにスキー場バイトで不在でした。

元気に年の暮れを迎えられたことに感謝します。
元気に新年を迎えられることに感謝します。

Img_e1083 良くもあり、悪くもあるけれど、
今年も自分らしく歩んでいこうと思っています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

Img_1100

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ