2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« また行きたくなる宿 安曇野・シャンティクティ③ | トップページ | みんなこっちを向いてる  »

2020年8月 1日 (土)

「野原をかける」荻野久子詩集

Img_20200802_0009 庭代台の子ども文庫である『ニコニコ文庫』を創設された荻野久子さんの詩集を見せていただきました。
子どもを愛する一人のお母さんが、地域の子どもたちがいつでも通ってこれる小さな図書館をご自宅に作ったのは1980年のことでした。
6年後には、庭代台の地域会館に一つの部屋を設けてもらうことができて文庫は引っ越されました。
それからなんと40年!
ニコニコ文庫は今も活動を続けておられます。Photo_20200802130102

我が家の子どもたちも、30年も以前には放課後にお世話になりました。
荻野さんご自身は、5年前に故郷の京丹後に引っ越されたようです。

この春できたばかりの手のひらサイズの詩集には、
荻野さんのお母さんとしての優しさ、小さな地球で一緒に生きている草花や木々、自然に寄り添う気持ちが溢れています。

Photo_20200802130103画像の上で左クリックすると大きな画面が開いて読むことができます。

時には心に刺さるように、心の揺れが伝わってきます。

ゆっくりゆっくり何度も読み返したくなりました。
豊かなひととき。

Photo_20200802130001

 

📖

📖

📖

📖


Photo_20200802130101

📖

2ページに渡っている詩を一つ書き出させていただきます。

「秘密の寶物」
何かしら動いている
地上を踏んづけながら
こんなにすばしこく

子ども等は
ただ
山に、川に
探検に行くPhoto_20200802131701
草ぐさは
元気な足元におののくだろう
川の水は、目を細めて
彼等の赤い顔を笑うかもしれない

お前達は
あの小さなひとかけらの
秘密の宝物を
そっと今から
守って行けるだろうか



« また行きたくなる宿 安曇野・シャンティクティ③ | トップページ | みんなこっちを向いてる  »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« また行きたくなる宿 安曇野・シャンティクティ③ | トップページ | みんなこっちを向いてる  »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ