2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

« 「しあわせしりとり」 | トップページ | 東北ぐるり①~宮城→岩手(猊鼻渓・中尊寺・優香苑) »

2020年8月 9日 (日)

「コンフィデンスマンJP プリンセス編」

本物も偽物もない
信じればそれが真実

偽者を本物として受け入れていこうと決めた柴田恭兵演じる執事が一番のカギを握ってましたね。

娯楽エンタテイメント作品として見れば、最高の作品と言えるでしょう。
最高のキャストと次から次へと起こるどんでん返し。
ただただ自分はここへ「愉しむため」にやって来たんだと心して作品に浸りましょう。

それにしても、人の頭のなかって、そんな風にできてはいないですよね?
そこが問題。

ボクちゃんこと東出昌大の不倫による杏ちゃんとの離婚。
ジェシーこと三浦春馬の自殺。
柴田恭兵さんは、すごくお
歳を召されたんだな~、だとか
厚化粧のビビアン・スーもまた老けた気がしたし、
ダー子こと長澤まさみは、ついこの間観たばかりの「Mother」の役どころとのギャップが大きすぎて、演技を楽に流してしまってるようにも見えてしまう。
広末涼子竹内結子、ヤマンバの濱田マリさん。
デヴィ婦人GACKTまで・・・。

つまりなんていうか、演じているご本人の私生活やキャラが勝ちすぎていて、
こういう人たちを使って、映画作りを楽しんでます、みたいな制作側の自己満足がチラチラ見えてしまった感じ。

っていうひねくれた見方はなしにして、
アトラクションの船には素直に乗ってしまう方がいいですよね。

主役の関水渚さんは、広瀬すずちゃんにちょっと似てる。
英語のスピーチは、まさみちゃんがアドバイスしたそうですが、堂々として輝いていましたね。
三浦くんの場面では泣けてきそうでした。
もっともっと生きて演じ続けて欲しかったなあ。

何より一番、今行けなくなっている台湾やシンガポールやランカウイ島の風景にときめきました。
あ~、ランカウイ島、行ってみたいな~✨

作品としては、ちょっと無理矢理こじつけみたいなところも感じられたので、
★★★

でも、シリーズの前作ももう一度、見てみたくなりました。



« 「しあわせしりとり」 | トップページ | 東北ぐるり①~宮城→岩手(猊鼻渓・中尊寺・優香苑) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「しあわせしりとり」 | トップページ | 東北ぐるり①~宮城→岩手(猊鼻渓・中尊寺・優香苑) »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ