2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 春和4歳おめでとう | トップページ | ハンバート家の春の宵 »

2023年3月 7日 (火)

「流浪の月」凪良ゆう

Img_20230307_0001

去年の6月に映画館で観て、原作を読んでみたいと思った作品です。
最後に分かる主人公・文の病気のことが、
どうも不自然に思えて「こんなことってホントにあるの?」
という思いが拭えなかったのです。
原作はどんな風になっているのかな?
2020年の本屋大賞に選ばれている本。
すぐに予約していたのがやっと順番が回ってきました。

原作を読んで、納得できることってやっぱりありますね。
映画が、原作の空気感にとても忠実に作られていることがわかりました。
先に映画を観てしまったので、もう私の中では、松坂桃李くんだし、
更紗広瀬すずちゃんなのでした。
は、横浜流星だし、文の恋人のさんは多部未華子

本屋大賞に選ばれるだけのことがある作品でした。
映画の中で引っ掛かったことも、文章として読めば、不自然でもなく、こういうことがあるんだな~と物語を辿ることができました。

最後に明かされる文の病気は、本の中で読むと不自然な感じもせずに納得できました。
それにしても、こういう病気があること自体がかなり衝撃的ではあります。

凪良ゆうさんはBL小説の作家さんだと紹介されています。
BLって何?
ボーイズラブ小説だそうです。
ふ~ん、いろんな分野があるんですね。
細やかな心理描写が丁寧で、よく伝わりました。
読みだしたら止まらない感じ。
描いている世界は特殊で、心がざわざわする世界ではありますが、
また他の作品も読んでみたいと思いました。

図書館の予約を見てみたら、どの作品も数十番待ちです。
人気の作家さんなんですね。




 

 

« 春和4歳おめでとう | トップページ | ハンバート家の春の宵 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春和4歳おめでとう | トップページ | ハンバート家の春の宵 »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ