2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年6月

2023年6月30日 (金)

「リーチ先生」原田マハ

Img_20230625_0001 陶芸家バーナード・リーチの生涯を陶工親子の目線で描いた小説。
キュレーターの原田マハさんならではのアート小説。
たくさんの資料から読み解いて書きあげたノンフィクションでありながら、
その中にリーチを先生と慕う陶工をフィクションで登場させ、
その目線でリーチという陶芸家の人物像を浮かび上がらせている。
こういう描き方があるということが面白い。

私自身、陶芸サークルに入って、かれこれ20年にもなるのだけれど、
この本を読んで、「あ~、陶芸ってそもそもこういう面白さがあるものなのだなあ」
ということが改めてわかった。
先生に付いたことがない見よう見真似の土いじりでしかない私の作り方とは、
全然違っている陶芸の本質がよくわかった気がする。
陶器、陶磁器、磁器の違い、イギリスならではのスリップウェアの手法のこと・・・
そんな普通のことも自分は意識して来なかったことにも気付いた。

新しい土地で陶房を立ち上げようとする時、まずはその場所で、陶芸に適した土を見つけ出すことから始めなければならないということ。
釉薬とはどういうものであるのか・・・。
木をくべて三日三晩寝ずの番をして作品を焼き上げることの大変さ。
作品のほとんどすべてがダメだとしても、その中にたった一つ素晴らしい作品ができてくる奇跡。

リーチが出会った柳宗悦濱田庄司高村光太郎河井寛次郎ら今も名を馳せる著名な人たち。
戦前から戦後へ、陶芸を通じて東洋と西洋の架け橋となろうとした人たちの話は本当に面白かった。
この本の面白さは、バーナード・リーチという人を普通の等身大の人として描いていること。
そして、陶芸を志す人は陶芸だけをしているわけではないこと。
リーチはエッチングも極めた人であったし、この本に出てくる陶芸家たちはデッサンや絵を常に描いているようだった。
絵だけではない。
陶芸だけではない。
表現することとは、そういうものなのだということに気付かせてもらえたのも面白かった。
この本は新田次郎文学賞を受賞しています。
原田マハさんの小説は面白い💡

2023年6月26日 (月)

「ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー」

160_20230627103901

マリオがブラザーズ、つまり兄弟であることを初めて知りました。
ゲームとは無縁で過ごしてきた人生ですが、
ロードショー当初から「観に行こうね」と孫と約束していたのを、今日やっと果たしました。
ロードショーから2カ月経ち、映画館は空いていました。
10組ほどのお客さん。土曜参観の代休になっている学校は他にもあるようですね。

任天堂とイルミネーションのコラボ作品ですが、この世界観は大人が観ていてもワクワクするような愉しさでした。
次から次へと登場する障害物をクリアしていくのは、ゲームの世界そのものです。
映像も音楽、効果音もへ~ッ👀と感心するばかり✨

夏向は大きな音が恐いらしく、ドキドキする場面では半分耳を塞ぎながら、ちょっと低くなって、前の椅子の背もたれからちょっと覗きながら観ていました。
時々、ハハハと笑ったり、「なんでやねん」と突っ込みを入れたり・・・

勇気ランランのピーチ姫とマリオのお兄さん。
闘っていく姿はカッコいいですね~✨

マリオファンのような深い楽しみ方はできなかったけど、
それでもカラフルアートの世界に浸れて、愉しみました✨
私などに点数はつけられませんね💡




2023年6月25日 (日)

夏向くん、7歳!

Line_album_202362425-_230626_6 7歳の誕生日を迎えた夏向です。
4月に小学校に入学し、最初の頃は「森のようちえん」で野山を駆けまわるばかりで過ごした3年間とのあまりのギャップに、
「もう、疲れた~💦」
「訳わからんことばっかりする~💦」
「学校、休ませて~💦」を連発。
実際にしょっちゅう熱を出しては休みがちになっていました。
でもこの3カ月で驚くべき成長を見せてくれました✨

幼稚園時代は、敢えて園の方針で、なあんにも勉強とやらをせずに、
自分たちで考えだした遊びに明け暮れていました。
虫を捕ったり、生き物を育てたり、木登りしたり、泥んこ遊びをしたり・・・
じいじ、ばあばが心配して、やっと自分の名前がなんとか書けるようにだけ教えて入学しましたが、
案の定、最初の頃は「知らないことばかり」で、周りのみんなについて行けない💦
Line_album_202362425-_230626_16
それでも学校から毎日出る宿題プリントをマジメにマジメにきちんとやって、
あっという間にひらがなと、今ではカタカナもマスター。
算数ももう足し算にも指を折りながら取り組んでいます。
Line_album_202362425-_230626_29
幼稚園時代に何もしてこなかっただけに、何もかもが初めての経験で新鮮なのかもしれません。
「きちんとしあげないと気が済まない性格」もプラスになっているようです。
あ~、めんどくさい💥と言いながらも、頑張っています。
1年生19人の山の学校。
「お友だちをたくさん作ってね」というのが一番の願いです。

Line_album_202362425-_230626_25
Line_album_202362425-_230626_34

6月23日が誕生日でした。
お父さん、お母さんからのプレゼントは恐竜のアイスケーキ💡
高知のじいじからはレゴが届いたようです。
でも、何よりのプレゼントは幼稚園時代のお友達がいっぱい手伝いに(泥んこ遊びに)来てくれた2日間の田植えでした✨
田植えの終わった25日は私特製のスイカケーキを作ってみました。
夏向の好きなヨーグルトソースを塗って💡

Img_4459

Img_4540
夏向、7歳おめでとう✨




 

2023年6月24日 (土)

蜻蛉池公園~久米田池

Img_4463 風にふかれて~庭代台ふれあいハイキング、第225回にあたる6月の例会は蜻蛉池公園から久米田池へと歩いてきました。
梅雨真っ最中。今日は曇り空の一日のようです。
栂美木多駅8:30の集合21人が集まりました。
8:37の電車で和泉中央駅へ。
道の駅・愛菜館行きのバスで職業能力開発大学校前で下車。
蜻蛉池公園まではすぐです。
広~い蜻蛉池公園。
紫陽花園を目指します。
緑がいい気持ち。

Img_4468_20230625062101 紫陽花は少し盛りが過ぎかけていましたが、まだまだ綺麗でした。

ここでお弁当タイムを含めてたっぷり1時間半の自由時間です。
でもまずは皆で紫陽花園を散策。

Img_4471
集合写真も先に撮りました。
Img_4467
綺麗ですね~✨
Img_4488

ひとしきり鑑賞してから、お弁当を拡げました。
ゆっくりのんびりできてよかった~💡
屋根付きのオシャレな回廊。
この下のベンチでお弁当を拡げました。
Img_4498_20230625062101
Img_4487 ワンちゃんの撮影会をしてました。
5~6人の人たちがベビーカーにワンちゃんを乗せて集まっていました👀
面白いグループがあるものです。
ちゃんということ聞いて一列に並ぶワンちゃんたち。


展望台に登ってみました。
何回も来ている蜻蛉池公園なのに、初めて登りました。
いい景色💡
Img_4497

さて午後の部の開始。
11:30スタートです。
本日のハイキングはここからが本番。
ここでお二人の方がバスで帰られました。
包近の桃畑の中の農道を縫って歩きます。
こんなところに連れてきてもらえるのが、このふれあいハイキングの面白いところ。
そろそろ収穫期を迎える桃の実に袋がかぶせてあります。
丘陵地を歩きます。
Img_4509結構、高くまで上ってきました。
町を見下ろしながら歩きます。
Img_4510
Img_4513 岸和田の旧家の街並みも風情がありました。
だんじり小屋もあちこちにあります。
疎水沿いの家も。

Img_4516 久米田池に到着。
ここも行基さんが造ったため池だそうです。
狭山池より大きい?
久米田池沿いに歩いて、久米田寺へ。
Goalまで後少し。



Img_4519_20230625062101
13:40にはJR久米田駅に着きました。
予定通りの2時間ちょっと。
JRで鳳駅まで乗って、バスで栂美木多駅まで帰ろうということになりました。
堺市のお出かけ応援バスカード。
もう全員が使えるようになりました。
栂美木多駅まで100円で帰れます。
14:52には帰って来ることができました。
万歩計は17337歩
12.48kmでした。
皆さん、お疲れさまでした。

2023年6月15日 (木)

スケジュール帳の3cmの枠に書いた絵日記。2023年5月

6月も早半ばになってしまいました。早いですね~👀
6月2日に新しい命が誕生してから、目まぐるしく日々が過ぎていきます。
10日遅れで元気に生まれてきた赤ちゃん。
朝と夜がある地球の日々に、「起きる」と「眠る」をどう合わせるのが研究中のようです。
夜中ずっと起きてて、昼はずっと眠ってるという日もあります。
いやいや、そうじゃなくて~みたいな?

赤ちゃん誕生をまだかまだかと家族中で待ちわびた5月絵日記を振り返ってみました。
たった2週間ほど前のことです。
不思議だな~💡
どうぞご覧ください。

 

大好きな井谷さんに教えていただいて書き始めた絵日記も6カ月め。
一日の締めくくりにその日のトピックスに思いを巡らす愉しいひとときになっています✨

2023年6月11日 (日)

「怪物」

160_20230612064701 さすが是枝監督
2時間余りの上映時間、次から次へと展開していく物語にドキドキしながら、あっという間に終盤まで辿り着きました。
教室の中のイジメ、見てみぬふりをするクラスメート。
いじめられっ子をかばってあげたいけど、それを知られて自分が次のターゲットになるのは怖い・・・。

学校独特の教室の空気感を思い出して胸が苦しくなりました。

小中学校の教室で感じてきたあの空気。

「怪物だ~れだ?」は、観客に投げかけられたお題ですね💡


カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞した坂元裕二さん。
一つの事実が、見る人の視点によって、全く違った真実になる。
教師によるモラハラから我が子を守ろうとする母親(安藤サクラ)、
教室内のイジメに気付かず子どもたちに翻弄されてしまう教師(永山瑛太)、
いじめられている子を本当は助けたい子(黒川想矢)。

いくつかの連なった出来事が、3人それぞれの視点から見ればどのようであったのか。

こういう時系列を行ったり来たりしながら種明かししていくような映画をつい最近観た気がする・・・
そうだ!
「最後まで行く」でした💡
今、TVで放映中の「Unknown」もそうですね。
ありがちな手法なのかもしれませんが、今回は分かりやすくひとつの事実が立場によって全く違って見えるのが面白かった✨

仮面校長を演じた田中裕子さんの不気味な演技も第2の樹木希林さんを感じさせてくれました💡
最初は無表情で問題ありに見えていた教師役の永山瑛太の演技も、
子ども思いの強く優しいシングルマザー役の安藤サクラも、さすがです💡
まさに仕事人と呼べるような俳優陣が結集しています。

子役の二人。
麦野湊くんを演じた黒川想矢くんは14歳。
星川依里を演じた柊木陽太くんは12歳。
子どもの使い方は天下一品の是枝監督です✨
今回は子役の二人にも台本を予め渡したそうですよ。

ダメダメ親父を演じた中村獅童のハマりっぷりも〇
保利先生(永山瑛太)の恋人役の高畑充希ちゃんは、折角なのでもうひと絡み欲しかったところです。
ちょっともったいない。

悪気のないちょっとした嘘が、周りを翻弄していく。
ラストシーンはなんだか希望が持ててよかった✨
坂本龍一さんの音楽が素晴らしかった✨

「学校」という場所に通ったことのある人なら、観てみて欲しい作品です。
あの空気感をきっと思い出すことでしょう。
是枝監督の作品は、これからもずっと見続けたい。
私にとっては第2の山田洋次監督です。
★★★★★

 

2023年6月10日 (土)

小鮎を釣りに

赤ちゃんが誕生し、ますます忙しく賑やかになった娘んちです。
今日は、春和が幼稚園の親子遠足でパパさんとふれあいの森へ。
ママは赤ちゃんのお世話でおうちに。
そこでお兄ちゃんの夏向とじじ、ばばで魚釣りに出かけることにしました。

滋賀県高島町知内川小鮎釣りに。
ここは遊漁券などを飼わなくても自由に小鮎を釣れるそうです。
朝5時に夏向をお迎えに行って、いざ出発。
2時間ちょっとで到着しました。
マキノキャンプ場の近くです。

Img_4355 川辺にはもうたくさんの釣り人が。
やっぱり釣りは早朝に来ないといけないってことですね。
竿や糸や針や仕掛けやエサをセットするのはじじのお役目。
私には釣りの面白さがイマイチ分かりません💦
図書館で借りた本を持ってきました。
橋の下の木陰で川風を感じながら読書です💡

夏向はウキウキしています。
「竿持って、釣れるの待ってるだけで楽しいわ」と。
1時間ほどで10匹ぐらい釣れました。
小鮎と小さなお魚が釣れます。
小鮎以外はそのまま川に返していました。
小さすぎるから可哀そうなんだそうです。

Img_4361
11時頃までいましたが、10時を回ったぐらいから全く釣れなくなってきました。
周りの釣り人たちも次々と帰ってしまいました。
持って帰れる鮎は15匹ぐらいでした。

「もっと入れ食いかと思ったんやけどな~」
川辺の草に糸が絡まったり、流れが速い川で石に引っ掛かって糸が切れてしまったり、
解いたり結んだりがなかなか面倒な釣りです。
オマケに針がいっぱい付いてるので、先端恐怖症の私はやっぱり苦手なのでした💦

Img_4370


また来ようね~ということで、道の駅でお蕎麦を食べて、琵琶湖をちょっと見て、帰路に就きました。
夏向の生き生きと愉しそうな顔が見れて、いい日でした✨
鮎は、テンプラにして夕飯の食卓に並びました。
美味しかったね~💡

Img_4366



2023年6月 5日 (月)

埴輪作り

夏向くんと埴輪を作る陶芸体験に行ってきました。
いつも材料仕入れでお世話になっている深井のホンダ陶芸での体験企画でした。

小学生対象の教室。
陶芸好きの夏向です。
古墳群のある堺ならではの企画❗

子どもたちが作った埴輪は7月6日~9日北野田東文化会館のイベント「Sakai陶芸会part11」で展示してくれるそうです。

今回は鳥の形の埴輪を作ろうというのがお題でした。
夏向はトンビを作りたいそうです。
春に和歌山の海で魚釣りをした時に、釣り人が投げた魚をトンビが空から舞い降りてキャッチするのを見て、
とても印象に残ったようです。
「羽を広げたトンビを作る」と1ヵ月も前から決めていました。

Img_4147 ホンダ陶芸の教室は、私も初めてお邪魔するので興味津々。
参加者は大きいお姉ちゃんたちが多くて、夏向はちょっと緊張気味。
鳥の身体になる丸いボールを作るところから、とても分かりやすく教えてくださいました。
やっぱりプロは違います💡
先生の話をしっかり聞いて、言われた通り作っています。
トンビはどうしても羽を広げていないとダメだそうです。
「閉じてたらハトみたいやん」とのこと。
サポーターのお兄さんがお手伝いしてくださいました。
Img_4148
背中のボコボコは羽毛だそうです。
強そう💡
大きな羽を広げて付けられるかな?

付け根はしっかりと補強しました。
私もちょっとお手伝い。

そして・・・。
お~、いい感じ✨

Img_4149_20230605115801
Img_4153 埴輪らしく台の上に乗せて、予定通り、お昼までに作品が並びました。
Img_4152子どもの発想って面白いですね~✨
ユニークな鳥たちがズラリと並んでいい感じ💡
夏向くんも思い通りのトンビにできたようです。
「あ~、魚、くわえさせたらよかった~」💡
Img_4155

2023年6月 3日 (土)

家族が増えました。

予定日より10日遅れで、新しい家族が誕生しました。
まあ予定日の1週間前ほどから、もうそろそろかな?まだかな?と思いつつ待っているわけですから、
予定日が過ぎてしまえば、もう一日一日がとてもとても長く待ち遠しいわけです💦
3人目の出産になる娘ですが、上の二人も予定日より1週間~10日遅れて生まれました。
だから、今回もきっとね~と産院でも言われていました。

それでもやっぱり1週間を過ぎると、気持ちの方もしんどくなって来たり・・・
10日目の夕方に先生の勧めで入院し、娘も覚悟を決めて、手伝っていただくことにして、
翌朝、いよいよ点滴の開始。
美味しい朝食をいただきながら、陣痛の来るのを待ったようです。
36年前に娘を取り上げてくれた院長先生も見に来てくれて励ましてくださったようです。
お昼頃に、インドにいる妹(末娘)から電話があったようです。
インドからWifiで電話~👀
ちょうどその頃から陣痛がやってきて・・・。
「あ~、もう痛いから電話切る~💦」

一方、1年生の兄ちゃんは大雨警報のでる中、学校は早めの帰宅措置になり、
13:45に近くのバス停までお迎えに行きました。
バスから降りてきた夏向くん。
「赤ちゃん、もうすぐ生まれるけど、お母さんの応援に行く?」
「う~ん、お家で生まれるの待ってる。生れてから見に行く」
「わかった。じゃあ、帰ろう」

ところが、家の前まで来て、
「やっぱり行く!赤ちゃん、生まれるの見る」

ということで、急遽、妹の春和も一緒に、娘婿と3人を産院まで送り届けることにしました。
娘婿はつい先ほど、仕事を早退させてもらって帰ってきたところ。
大雨だし、子どもたちを車に乗せたり、駐車場に車を停めてから、分娩室まで連れて行ってたら間に合わない気がしました。
そのまま、家で二人を乗せて直行。
産院に着いたのは14時ぐらい。
一旦3人で分娩室に入ったものの、「5時ごろになりそうなので、夏向の着替えを持ってきて欲しい」と娘から指令メール📲
は~い✋
娘んちに戻って、着替えを用意しようとしているうちに、
なんと赤ちゃんの写真がメールで届きました✨

14:47。
10日遅れで3475gに育った赤ちゃん。
元気に元気に生まれました✨
二人の兄妹が見守って、へその緒はパパが切ったようです。
何もかもが絶妙のタイミングで進みました💡
間に合ってよかった~💡

無事に元気に生まれて来てくれることだけを願い続けたこの2週間程。
本当に、見守ってくれた神様仏様、おじいちゃん、おばあちゃん、ご先祖様方、みんなありがとうございました✨

写真は翌日のお見舞いで撮りました。
可愛い新しい命に感謝します。

Img_4097_20230604080301







 

2023年6月 1日 (木)

「三千円の使いかた」原田ひ香

Img_20230527_0001 図書館で1年以上前に予約して300番目ぐらいだった本がやっと回ってきました。
もうすでにテレビドラマ化もされましたね。

御厨美帆さんと家族、彼女を取り巻く人たちを庶民にちょうどいい金銭感覚の三千円をテーマに物語っています。
お金の感覚って、やっぱり人それぞれなんだなあ。

家のローン、車のローン、老後の資金、学生時代の奨学金という大きなものから、
パートの時給賃金、子どものお小遣いまで、
ちょっとしたことも、ちょっとずつ金銭感覚って違ってる。
そういうことに気付かせてくれる面白い一冊でした。

学生時代の奨学金というのも、卒業した途端に抱える借金というふうに捉えているにには、
あ~、そうなんか~💡と思いました。
我が家も大学や専門学校を卒業した子どもたちは奨学金を借りていて、それぞれ働きだしても月々15000円ずつほど自分で返還してくれていました。
でも、薄給の新社会人にはたかが15000円と言えども大きな金額だったのではないかと今になって思います。
娘は結婚する時に、息子は車を買うという時に、残っていた分を親の責任で全額返還しました。
思うのは、やっぱり大学や専門学校の学費の高すぎることです。
だいたい小中高の教育費と比べると、大学や専門学校ってこんなに高額の学費を取らなければできないものなんでしょうか?立派な校舎を建てたり設備費に莫大な金額が回されてしまっているような気がします。自分が受けた大学授業を思い出したところで、小中高の方がずっと中身があったようにも思えます。
私なんぞまるっきり遊びに行っていたようなものなので、4年間遊ぶために親が大金を費やしたかと思うと申し訳ないことでした。
社会に余裕を持って踏み出すために必要だった休暇期間というところでしょうか?
そう思えば自分で出すべきお金ですね。私も奨学金を借りて、10年ほどかけて自分で返還しました。

子ども支援に多額の予算が組まれる昨今ですが、予算ばかりじゃなくて内容、質の見直しをぜひにして欲しいものです。

話がズズ~ッとそれてしまいました💦
気軽に読める一冊。
お勧めです。

« 2023年5月 | トップページ | 2023年7月 »

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ