2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

トラベル

2023年12月 4日 (月)

京都紅葉巡り

Img_8679  少し見頃を過ぎてはいましたが、京都の紅葉を愉しんできました。
月曜日なので朝の通勤ラッシュを避けるために6:30に家を出たけど、やっぱり高速道路は渋滞していて、
大阪を抜けるのに時間がかかり、最初の目的地、石清水八幡宮に着いたのは8時半ごろでした。
八幡市にあります。
京都に行く時はついつい市内を回りがちで、少し離れた所にある寺社は案外行けてないところがあることに気付き、今日は外回りの寺社を訪ねてみることにしました。
立派な社殿。人も少なくていい感じでした。

Img_8688_20231207143101 次は長岡京市
去年、クラブツーリズムのツアーで連れてってもらった光明寺がとても綺麗だったので、夫さんを連れて行ってあげることに。
花手水が可愛かったんだけど、もうしていませんでした。
11月中だったのかな?
モミジの道は綺麗でした。ちょっと盛りは過ぎています。

ことりっぷにフォトジェニックなお寺として紹介されていた柳谷観音 楊谷寺というのも近くにあるようだったので回ってみました。
ここは拝観料500円が要りましたが、花手水も綺麗で、山の斜面に建ったお寺らしく長い木の廊下、階段でぐるっと社殿を巡ることができ、池のある庭をゆっくり眺められる縁側もあって、風情満点。静かでいいお寺でした。
ハート型の仕掛けがあちこちにされていて、今に受けるように工夫されています。

Mwwd7946

Efmj5878
お昼ご飯を嵐山花のいえに予約していたので、そちらへ回ります。
嵐山はもう観光客がすっかり戻っていました。
アジアの人が多いようです。
レンタルの着物を着て、写真撮りまくりな外国のお客さんたち。
日本は無料トイレも綺麗であちこちにあるし、
何でも安いし、愉しいでしょうね✨
私たちも花のいえでゆっくりお風呂に入って美味しい和食ランチをいただいてしばし休憩。
庭のモミジも綺麗でした。
Img_8731

Img_8744 そして、車をそのまま駐車場に停めさせていただいて、
これも去年のツアーで連れてってもらった天龍寺の裏手にある宝厳院に行ってみました。
春の桜の時期と秋の紅葉の時期だけ一般公開される寺院。
去年と比べるとやはり盛りの時期は過ぎていました。
でも、人も少なめでいい感じでした💡
この丸い石の庭は面白い。
お絵描きにちょうど良さそうな石がいっぱい💡
苔むした大きな岩とモミジ。
Img_8757


天龍寺前を通って、もう一つ弘源寺というお寺に寄ってみました。
チケットが宝厳院とペアチケットになっていたので。
毘沙門天の立派な像があったり、長州藩の刀傷が柱に残されていたり・・・。
撮影禁止でした。
日本はどうしてこう写真を撮られることをケチるのでしょうね💦
天龍寺前から車道に出るまでの庭のモミジに太陽が燦燦と差し込んでいて、
ここのモミジが一番綺麗でした。
外国のお客さんもいっぱい記念写真を撮っていました。
私たちもここで撮ってもらいました。
最後にいつもの豆腐屋さん森嘉に寄って、お豆腐とひろうすを買って帰路に就きました。
日帰り京都紅葉巡り、愉しい一日でした✨


Img_8768_20231206063001
実は、ブログの容量がいっぱいになってしまい、
また新たにリニューアルしなければいけなくなりました💦
これがこのブログページの最後のページになりますが、
写真がこれ以上入れられないので、
写真も少なめになってしまいました💦
私は写真をたくさん使うので、
2GBしか使えない無料プランは限界があるようです。
このブログページもVol.2です。
2008年から始めたブログですが、2018年にVol.1が満杯になり、
今度は5年しか持たなかったことになります。
ココログブログはフリープランがなくなっていて、
同じ形式で作るにしても有料プランしかありません。
かと言って、また新しいパターンでやり方を覚えながら始めるのは、
ちょっとハードルが高くて、
今どうしようかな~?と迷っています。
そういうことで、多分しばらくの間、更新できなくなってしまうかもしれません。
まあ、書かずには前に進めない私ですので、
できるだけ早急に方向を決めて再開したいと考えています。
もちろん「よさこいの夏」のタイトルはそのまま継続します。
写真を入れなければ、更新できますので、また新しいブログのアドレスが決まれば、ここでお知らせします。
しばしのお別れ✋

2023年11月25日 (土)

ミステリーツアー with 泉北すきやねん

Img_8491 よさこい「泉北すきやねん」の仲間とのお遊び会。
7人で中百舌鳥駅発のミステリーツアーに行ってきました。
集合は朝7:30。
皆に早起きしてもらってそれぞれの身近駅から乗り込む電車を決めて、無事集合💡
途中、堺東駅、堺駅からの参加者を乗せて、全員で23人でした。
大型バスは空き空きで一人2席でも充分座れるくらいでした。
でも、行きはおしゃべりしたいので、2人ずつ分かれて着席。
ミステリーツアーということで、さてさて行き先はどこでしょう?
阪神高速、神戸線に向けて走ります。工事中の大渋滞につかまって、抜けるのに随分かかってしまいました💦
途中のジャンクションに行き先のヒントがあります。
中国道か舞鶴若狭道を通って9号線をひたすら走り、💡


ハチ北スキー場近くを通って更に湯村温泉を通り越し、
なんと日本海側、浜坂へ。
到着したのは12時を回っていました。
4時間半❗遠かった~💦

Img_8493_20231126093501 海潮館というレストランで海鮮丼にありつきました。
ここまで来たんなら、カニ食べたかった~💡
でも、豪華海鮮丼でした✨お腹いっぱい!

堺を出る時には真っ青な空でしたが、日本海側に来ると時雨模様。
小雨がパラついたり晴れたりのお天気です。
一時間ほどの昼食タイム。
さっさと食べてちょっと海辺へ出てみよう👟
ツアーは何かと忙しい💡
あ~、虹が出てる~✨

Img_8499

 

海は荒波~❗でもいい気持ち。
ほんの少しの時間でしたが、リフレッシュできました💡

さて、お次の行程。
バスで15分ほどで辿り着いたのは余部鉄橋
1986年の年の暮れに日本海の強風にあおられて、41mも下に落下した列車事故。
赤い鉄橋から落下した列車のニュース映像は記憶に残っています。
直前の駅で176人の観光客が下車していました(よかった💡)が、車掌さんと残って乗っていた地元の方、6人が亡くなられました。
30年近く経った今、初めて行きました。
今はコンクリートの橋梁になっていますが、
当時のレールなどが残された駅は「空の駅」というクリスタルエレベーターで40m上に運んでくれる新しい名所になっています。
透明なエレベーターで地上から40m上の空の駅まで30秒で到着。

ちょうど山陰本線の列車が通り過ぎました。Img_8514_20231127094001

昔の線路も少し残されています。
Img_8522_20231127094001

 

 

 

 

 

 

 

今日のメンバーで記念写真📷
200人以上いたメンバーが25年の歳月が流れ、8人になってしまった泉北すきやねん。
よさこいは卒業しましたが、まだまだ遊べます✨

Img_8521_20231127094001
海を見ながら歩いて下りてみました。
この辺りは真っ黒な屋根瓦に白い壁の家並み。
綺麗です。
Img_8527
Img_8526_20231127094001 40mのクリスタルエレベーターはこんな感じ👀
これ要るんかな~?みたいな印象もあります。
きっとかなりの総工費だったことでしょう。
歩いて坂道を登っても10分ほどです。
新しいコンクリートの余部鉄橋を下から見上げると・・・
Img_8534_20231127094001
さて、ここから30分ほどやってきた道を戻って、お次の観光場所へ。
湯村温泉の散策でした。
但し自由時間は1時間ということで、温泉に浸かる時間はないですね~💦
Img_8538_20231127094001
ブラブラと元湯の湧いている広場まで歩いて、温泉卵づくりをしている間に正福寺というお寺を覗きに行きました。Img_8540
途中、夢千代日記の銅像。
Img_8542

1985年の映画。銅像のモデルはヒロインだった吉永小百合さん。
出演者には名取裕子さん、田中好子さん、樹木希林さん、北大路欣也さんらが名を連ね、それぞれの手形も並んでいます。
手形に自分の手を合わせて大きさ比べ💡
Img_8543
階段を30段ほど上って正福寺へ。
時雨模様の今日。
しっとりといい感じ。
Img_8547_20231127100801
昭和9年に牧野富太郎さんが名付けたという桜がありました。
八重桜のようです。春に見に来てみたいなあ💡

Img_8549
そうこうしているうちに温泉卵もできたようなので、足湯に浸かりながら、みんなでモシャモシャ食べました。
湯村温泉、今度はゆっくり来てみたいな~✨

バスに戻って、また1時間。もう大阪に向かってひた走るだけです。
最後に但馬海鮮せんべい屋さんに寄って、せんべいあれこれを次々と試食。
みんな試食の旨さに釣られ、いくつか買わされてお土産に。

中百舌鳥駅には8時少し前に到着。
バスを降りた時に大きな発泡スチロールのお土産をもらいました。
9種類の海鮮土産付きのツアーです。
帰宅後、浦島太郎の玉手箱のようにワクワクして開けてみました💡
お~、浜坂では食べれなかったカニも入っていました💡
イクラ、ウニ、アワビ、カキ、サザエ、ホタテ、干しカレイ、干しハタハタも。
夜の9時。
お腹も空いていたので、カニとイクラ&ウニ丼を一人で食べてしまいました✨

このミステリーツアー、これで〆て15990円也

折角、浜坂まで行ったのに、カニが食べれなかったり、
折角、湯村温泉まで行ったのに、温泉にゆっくり入れなかったり、
欲求不満も残りはしましたが、一日みんなでたっぷりしゃべって、遊んで、いい時間が過ごせたことにとしましょう✨

Img_8558

2023年11月 5日 (日)

大山で遊ぶ

子どもたちが幼い頃は、毎年帰省していたこの11月の連休。
毎年、紅葉の美しさに癒されたものでした。

さて、今日は朝からImg_8191

ピーカンの青空が広がっています。
休暇村・奥大山は鏡ヶ成の真ん中に建つロケーション最高の宿です。
朝7時のお散歩イベントにたくさんのお客さんが参加していました。
秋空がいい気持ち。
「ゾウさん山」の正式名は何だっけ?
Img_8188_20231106075001
マツムシソウが咲き始めたら(8月の終わり)秋の訪れ。
もうそろそろ最後の花だそうです。

紫苑が一面に咲いていました。

Img_8201
冬はスキー場になるそうです。
来週からはスキー場の整備が始まるとおっしゃっていました。
Img_8195
朝の気温は10℃。
でも異例の暖かさだそうです。
Img_8207
バイキングの朝ご飯をお腹いっぱい食べて9時にはチェックアウトしました。
木谷渓流という「奥大山の水」の源泉のある渓流にちょっと立ち寄ってみました。
サントリーが工場を建てて、「奥大山の水」を売り出しています。
Img_8209
ホテルの水は全て、この奥大山の湧き水だそうです。
美味しかった~✨

大山の周遊道路を走りました。
三連休、車も人も多いです。
Img_8223_20231106075001
大山にはまだ雪がありません。
来週には初冠雪があるかもしれません。
紅葉も少し時期が過ぎてしまっているようです。
でも、綺麗✨
Img_8227_20231106075001
Img_8230_20231106075001
大山寺を通り過ぎて、豪円山から大山を観てみようと、もう少し奥へ。
スキー場が拡がっています。
大山は逆光ですね。
Img_8232
ススキの原もそろそろ刈り取りが始まって、ゲレンデの準備に入るそうです。
Img_8242
ホテルでもらった地図を見ていると「植田正治写真美術館」という表示があったので、行ってみることにしました。
ここがなかなか素敵な美術館でした。
1913年生まれの植田正治さん。
私たちが生まれた頃にはもうプロの写真家として活躍されていたようで、
昭和レトロな私たちの子どもの頃の風景と人の写真が展示されていて、とても素敵でした。
鳥取砂丘をキャンバスに、家族や子どもたちをモチーフに意図的に並んでもらって撮られた写真の数々。
芸術とはやはり発想の面白さに尽きる❗

安藤忠雄さんの建物かと思いきや高松伸さんという建築家の建物。
斬新でカッコよく面白かった💡
全景をUPしたら種明かしになってしまうので、敢えて載せません。
鳥取に行かれる機会がありましたら、ぜひ訪ねてみてください❗
Img_8245

Img_8255_20231106075001
Img_8259_20231106075001
Img_8264_20231106075001
Img_8267_20231106075001
大山が美しい✨
いい旅になりました💡






2023年11月 4日 (土)

夫の故郷・出雲へ

久しぶりに夫の母に会いに出雲へ、
その帰りに大山の紅葉を楽しんできました。
一泊二日の強行旅です🚗

朝一に堺の家を出て、10時半には出雲に到着。
1番にお墓参り
2番に出西窯に立ち寄ってから、義母を訪ねました。
出西窯は先代が亡くなってから、お値段も高価になってしまい、
ちょっと庶民の生活用具としての器ではなくなってしまいました💦

Img_8178_20231106075001 11時過ぎに夫の実家へ。
91歳になるお母さんは、腰もシャンとして元気で安心しました。
同居している義兄夫婦のおかげです。
義兄の長男家族も同居しているので、孫や曾孫と賑やかに過ごす日々が母にとっても健康の源になっているのでしょう。
本当に感謝です。
ひとしきりおしゃべりして、お母さんとはお別れ。
義兄夫婦とも恒例の出雲一美味しいお蕎麦屋さんで昼食を食べて別れました。

夫にとっては生まれ育った出雲ですが、近頃はこれぐらいの滞在時間がちょうど、ということになっています。

今回は大山の紅葉を楽しもうという目的も作っておいたので、
お土産を少し買って、本日の宿、休暇村・奥大山を目指しました。
米子道を降りてから、休暇村まで小一時間走りました。
到着したのは18時を回ってしまい、真っ暗な山道のヘアピンカーブにドキドキしながら走りました。
星空の奥大山休暇村、というコンセプトのようですが、今日は雨空、曇り空で星は見えそうにありません。

2023年10月29日 (日)

今年の初キャンプ

3月に3番目の孫が生まれて、今年はなかなか行けなかったキャンプに、
涼しくなった今、やっと行ってきました。
迪ももうすぐ5カ月になります。
お気に入りの和歌山白浜町のWoody & River キャンプ場。
朝一で出発。
Img_7981 お昼前には近くまで来ましたが、美味しそうな山のお蕎麦屋さんを見つけて入ってみました。
お昼時に2時間だけ営業するお蕎麦屋さんのようで、11時過ぎにはもう車がいっぱい停まっていました。
手打ちそば・おおみや。名前を書きに行くと3番目。
少し待っただけで入れました。
とても美味しい手打ちそばでした。
外には子どもの遊べるものがいろいろあって、とてもいい感じ。
子どもたちもノビノビ愉しそう✨

Img_7983 すぐ近くに山の奥のお菓子屋さんというのもありました。
古民家をリノベーションして手作りクッキーや焼き菓子を売っているお店。
素敵な空間でした✨
クッキーを買いました。

Img_7988

さあ、キャンプ場へGo🚙
娘んちは新しいテントを購入。
でも立てるのがなかなか大変で3時間ほどもかかっていました👀
その間に子どもたちはもう駆け回っています。
キャンプ場内の池で小さな生き物を捕まえたり・・・

あっという間に夕方になりました。
寒いので、夕飯は鍋と焼き鳥。
すっかり陽が落ちた頃、やっと大人たちもゆっくりと火を囲んで座りました。
「キャンプのバーベキュー、最高~っ✨」と愉しそうな子どもたちの声が嬉しい✨

Img_8002_20231030125701
Img_8006_20231030125701 お月さんも満月で空に輝いています。
迪も焚き火の灯に興味津々❗

朝から張り切って走り回ってくたびれたのか、
子どもたちも9時を回ると眠くなったようです💤

さて、朝は6時にはもう起きだしたお兄ちゃん。
寒~くて早速、焚き火の開始。
Img_8011_20231030125701
私は、ちょっと川へ石ころ拾いに。
気持ちのいい朝のお散歩。
Img_8018

私たちのテントはこんな感じ💡
我が家の黄緑テントは30年物❗
娘んちのビッグテント❗
向こう側にタープを張ってキッチン&リビングです。
Img_8022
ラクウショウと芝生が最高なキャンプ場✨
フォトスポットとしてもいい感じ💡
Img_8028
Img_8046 兄ちゃんはなかなかいい顔はしてくれません💦
「写真はもういいわ~」

じゃあ、川遊びに行こう💡
もう寒くて泳げないねえ💦
それでも足だけでもピチャピチャ💡

Img_8054
12時のチェックアウトタイムまでたっぷり遊びました。
春になったら、また来ようね~✨
帰りは近くのえびね温泉でゆっくりと温まりました。
綺麗でいいお湯の穴場温泉地♨
Img_8061_20231030125701
またまた帰路の途中で寄り道。
秋津野ガルデンまで車で30分ほどだったので、クレープ食べて帰ることにしました💡
昔の小学校をリノベーションしたカフェと宿泊の施設です。
楽しい楽しい二日間でした✨
Img_8074
Img_8076










 

2023年8月27日 (日)

旅の醍醐味

中欧から帰ってきて2週間になります。
忘れてしまわないようにFacebookに日々の行程をUPしながらの旅でした。
帰ってきてから、それをこのブログに再構成して、更に少し書き加えながらまとめました。
同時進行で、撮ってきた写真をフォトブックにまとめます。
この2つはすぐにしてしまわないと忘れてしまうので、
いつも帰国後最優先の仕事です。
昨日やっと一段落ついて、フォトブックも発注しました。

そして、次はどこに行こうかな~と考えているところです。

旅はいいですね~。
50歳になる年が明けてすぐに生まれて初めてのパスポートを作りました。
そう、それまでは日本から出たことがなかったんです。
子どもたちが幼いうちは夏休みや春休み、冬休みに自家用ワゴンでキャンプやスキーの遠出をするのが愉しかった私たちです。
夏休みには1~2週間かけて、九州や東北をグルリと一周したりしてました。

海外もいいかな~?と思うようになったのは子どもたちが大きくなって、
そういう旅に付いてきてくれなくなってから。

Img_7311_20230827063801 今回の中欧で20カ国を旅したことになります。
5年ぐらい前に誕生日に子どもたちが地球儀をプレゼントしてくれたので、
それからは訪れた国に赤いシールを貼っています。
星のシールは末娘が行った国。

最近は旅行会社のツアーを利用するより、自分で行った方が安上がりで愉しいことがわかり、
自分旅が多くなりました。
旅に必携なのがちょっとした小道具。
旅先で親切にしてくれた人や電車で近くに座った子どもたちにプレゼントするためのコレ。
穴あきコインはちょっと珍しいし、日本語で「五円」って書いてあるのも面白いかな?
Img_7312_20230827073701

後、泊まった宿で書いてもらう宿帳。
大概、無料で面白がって書いてくれますが、今回はフロントなしの無人ホテルが3軒もあって、
また宿の人がいても、結構めんどくさそうにされたので、
これまではお礼にプレゼントしていた自作の石ころペイントを先に渡して取引することにしました。
「書いてくれたら、この中の好きなのをプレゼントします」。
8軒の宿を利用して書いてもらえたのは3軒。
持っていった石ころも半分残ってしまいました💦
昨年のスイス、パリでも感じたけど、ヨーロッパの人は実利的でちょっと冷たい気がします。
仕事はキチッとするけど余分なことはしません・・・みたいな?
春に行ったタイの人たちはみんな愉しいメッセージを暖かく書いてくださいました。
Img_7214 Img_7216_20230827060101

Img_7212_20230827060101

今回の旅でも写真は1800枚ぐらい撮りました。
その中から200枚ぐらいをピックアップして1冊にまとめます。
カメラのキタムラのイヤーアルバム。もう40冊ぐらいあります。

Img_7310

 

ツアーを使わなくなってから、旅の計画はほぼすべて夫がしてくれています。
私はどこに行きたいか希望を出すぐらい。
宿はBooking.comで日本で予約していきます。
ヨーロッパは鉄道網が発達しているので、今回は列車旅。
国から国へと移動する長距離列車はすべて乗る列車と席を予め予約しておかないと満席になっていました。
これも日本で済ませています。

Img_7207 ガイドブックを2冊買っていましたが、日本では全く見ていなかった。
向こうに着いてから、前日に明日はどこに行こうかな?と初めてページをめくる。
でも、ムチャクチャ役に立ちました。
現地では日本語のガイドがないので、この本で概要を知って訪ねるのは、何も知らないのとは全然違います。
コロナ以前の本しか売っていなかったので、もう潰れてしまっているお店もありましたが・・・・
持っていってよかった💡

お土産を買うのも楽しみの一つです。
アジアの国のように手仕事のお土産はあまりなかった中欧です。
いつも行く先々で買ってしまうマグネット。
今回は可愛いのがありました。
Img_7201_20230827060101

そして、今回の一番の自分土産があやつり人形。
一目ぼれしてピノキオと黒猫、二つも買ってしまいました。

Img_7210_20230827060101

孫たちにはマトリョーシカ。
これは本場はロシアなのかな?スロバキアでたくさん見かけました。
Img_7209
後、マジパン。ゼリーのキャンディです。
いろんな形が売ってる専門店があって、選ぶだけで愉しかった💡
Img_7091_20230827060101

 

 

 

 

 

 

美味しいビールをたくさん飲んだので、こんなプレートも買っちゃいました💡



Img_7203_20230827080201

 

旅は愉しい。
非日常がいい。
日常の心配事や悩みもちょっと横に置いておいて、
取り敢えず今日を愉しむことだけを考えればいい。

ああ、今、ハンガリーにいるんだな~💡
歩きながら、ふとそんなことを想う。
知らない国の空気に包まれて、
昔から続いてきた石畳の道を歩いているんだな~💡
そう思えることにワクワクする。

その感覚が病みつきになって、また旅に出たくなる。

 

 

 

 

 

2023年8月14日 (月)

中欧⑲ 最後に最大ハプニング!

台風到来前になんとか帰って来れました。
昨日のブログで旅報告を終了しようと思ってましたが、台北空港での大ハプニングを書かずにはおれません💦
ウィーンから台北空港に12時間余り乗って、6:10着。
時差6時間。
関空への乗り換えゲートはチケットには書いてなかったので、電光掲示板をチェック。
関空行きは8:30発B4ゲートと表示されていました。
チケットを見ると7:40までに行けばいい。
ターミナル2にトレインで移動。
あれ?チケットには8:20発って書いてるけど、遅れてるのかな?
まあ、あることだわな。
乗り継ぎなので、簡単な荷物検査や出国ゲートを潜って、
それでもB4ゲートまで随分歩かされて7:10ぐらいに到着しました。
海外のハブ空港はホント広過ぎる💦
長時間飛行で寝不足で疲れてるし、待合室でゆっくり休憩。
7:40過ぎてもなかなか乗り込みが始まらない。
8:00を回って、やっと搭乗し始めたものの、私たちの席のZONEは一番最後。
8:10ごろにやっと乗ろうとチケットを出したところ…。
「これはうちとは違いますよ」
Img_7197_20230824200901 え〜っっっ❗️❗️❗️もう真っ青になるのが自分でもわかった😣
だってチケットに書いてある8:20という出発時刻まで後10分しかありません。
夫さんは聞いた途端にもう走り出してました💦
私は自分の走るべきゲートをその係りの人に泣きそうになりながら調べてもらいました。
ゲートはD5
場所も分からず、表示を見ながら走りました。
とにかく広過ぎる台北空港。
動く歩道も反対方向ばっかりで、自力で走るしかありません。
夫にゲートはD5とだけ伝えて、「先に走って飛行機停めといて〜❗️」。

B4ゲートからB1へ、次にA10からA1まで走り、右に曲がってから、C1からC10まで、その次にD1から2、3、4、5と続いていました。
そうウィングが違うので、B4のあるウィングから一旦中央まで戻って、
別のウィングのその一番先っちょまで走らなければなりません💦
搭乗口の一つ一つが50mから離れています。
しんど過ぎて途中で諦めかけて時計を見ると8:17
あ〜もう無理だ〜😣
今やっとC1に差し掛かったところ💦
これに乗れなかったら、台風来てるし、もう通り過ぎるまで台湾で足止めだなぁ😓
と頭をよぎった時、向こうからおじさんの「青木さ〜ん?」と呼ぶ声が✨
はいは〜い🖐️🖐️🖐️私です〜🖐️🖐️
「もうお一人は?(実際はOne more person?)」
先に走って行きました〜❗️
叫びながら走りながら、返事しながら息も切れ切れにゲートに辿り着きました。
アテンダントさんも入り口で「早く早く青木さ〜ん!」と手を振っていました。

多分乗り込んだのが8:23ぐらいでした。
私たちのせいで出発を遅らせてしまいました💦
謝りながら席に辿り着きました。結局離陸したのは、8:55でした。
もしかしたら、正しいゲートを調べてくれたB4ゲートのアテンダントさんが電話してくれてたのかもしれません。
台湾の人、優しい〜✨
中欧では必ず次の行き先の電車乗り場を前日の同じ時間に下見までしていた夫でしたが、台湾まで来て最後の最後にこんなのってある~?
私もなんか変だな?と感じる場面があったのに、
便名が違うのは共同運行便だからかなぁ?
違うデザインのチケットもあるんやなぁ?ぐらいに思いこんでしまってた😢
出発時刻10分違いで、関空行きが複数便あるなんて😓
飛行機に乗ってる間中、手も痺れて吐き気がして、最後の機内食は喉を通りませんでした😓
たまたまB4で待ってる間に万歩計を見てたので、
飛行機に乗ってから開いてみたら10分間ほどで1.3km走ってました💦
老体にムチ打った〜😣
乗れてよかった〜✨

Img_7199_20230824200901








もうすぐ関空。
淡路島が見えます。




そもそも一枚目の写真。
飛行機のデザインがCHAINA AIRLINEとは違います。
一時間近くも待ってた間に、どうして変だな?と思わなかったのか・・・💦

 

2023年8月13日 (日)

中欧⑱ 日本へ帰ります。

Tcrc1822
ヨーロッパともお別れ✈️
11:20ウィーン発CHAINA AIRLINE台湾経由で関空へ帰ります。
今から12時間半
台湾で乗り換えて2時間半
関空到着は14日12:00
台風の影響がありませんように🙏
ウィーン国際空港MOXY HOTELはスタイリッシュなホテルでした。
でも夕方に着いて、ホテルでは寝ただけ。
空港ホテルなのに、搭乗口までムチャクチャ遠い。
スーツケースを引きずってかなり歩きます💦
Img_7183_20230824194801
Img_7186_20230824194801
長い通路を経て出発ゲートへ。
今日もいい天気。
Img_7187
朝9時の空港ですが、もう人がいっぱい❗
Img_7188

今から飛び立ちます✈️
12時間15分の飛行で乗り継ぎの台北空港に着きました。
6時間の時差でこちらは既に朝の6時。
第2ターミナルに移動して更にB4の搭乗口まで歩くこと歩くこと。
後は関空までの飛行機2時間ほど乗るだけです。
今回の旅行記はこれにて終了します☺️
次はどこへ行こうかなぁ🤔
Img_7196

2023年8月12日 (土)

中欧⑰ ウィーンへ。


Img_7100 今日はプラハを後にしてウィーンへ戻ります。
帰路の始まり。
午前中、時間があったので少し街歩き。
信号付きの細い路地があるとネットで見つけたので迷いながら行ってみましたが、
残念ながら11:30まで開かないようで、狭い路地に扉が閉まってました。Img_7101
中欧に来て、よく見かけた道路標識。
人も歩くし、子どもも遊ぶ、車も通るし、家もある。
市街地の意味かな?
日本にはない標識です。
Img_7096
Img_7112 行くところがなくなったので旧市街へ昨日のあやつり人形屋さんを探しに行くことに。
Google mapsが正しく反応してくれなくて、電車を反対方向に乗ってしまったり、四苦八苦😢
電車で行ったり来たりしてやっと見慣れた場所に辿り着きました。

昨日の市民会館の前で、まだ道に迷い中。
お隣りに火薬塔
Img_7111
おもちゃ屋さんに直行、やっと念願のお店に行けたので調子に乗ってピノキオと黒猫のあやつり人形二つ買ってしまいました😅
大きな箱に入れられて「どうやって持って帰るんや?」とあきれ顔の夫殿💦
それでもほとんど荷物のなかった夫さんのスーツケースに収まりました💡
よかった~✨
予定通り11時前にはホテルに戻ることができました☺️
少し早めにプラハ中央駅へ。
Img_7115
13:12のRegio-Jetでウィーンまで3時間。
ジッと座ってるだけで運んでくれる快適列車旅🚃
今日は楽ちんだ〜✨

Img_7118
と思ったけど、早めに駅に着いた割に、Regio- Jetの乗り場が分からなくて、
何回も聞きに行ったり、電光掲示板に出ますよと言われた、
その表示が出発の10分前にしか出なかったり、結構焦って大変でした💦
こういう時に言葉が通じないのはやっぱり不便です😣
それでもなんとか無事に乗れました✨
13:12のブタペスト行き。
この乗り場の4Jがなかなか表示されなかった💦
Img_7121

前回は1等席だったので飲み物やおやつの注文を取りに来てくれましたが、
今回は2等席だったのでアプリをダウンロードして注文してくださいと言われ、
チェコ語のアプリは分からなくて何も食べれませんでした😢
残念〜💦
ウィーン中央駅に着いて、夕飯サンドイッチ&ビールと朝食パンをGETしてから、電車でウィーン国際空港へ。
今日は空港近くのホテルに泊まります。
食事なし、朝食なしの泊まるだけのホテルです。
もう帰路に付いたも同様だ〜。
出発日から到着日まで数えると20日間の旅。
あっという間だったなぁ🤔
日本は台風接近中。
どうやら関西直撃らしい💦
あ〜、ギリギリセーフで帰れますように🙏
Img_7140_20230824134201

2023年8月11日 (金)

中欧⑯ プラハ街巡り

Img_6916_20230824055001 中欧の旅も終盤になりました。
明日はウィーンに戻ります。
名残惜しいなぁ☺️
人の少ないカレル橋に立ってみたくて、早朝6:30に行ってみました。
気温12℃。寒い。でも思った通りいい気持ちで歩けました👟
カレル橋大好きだなぁ❤️
🚃
一旦宿に戻って朝食タイム。
朝食付きのホテルはいいなぁ✨美味しくてついつい食べ過ぎてしまいます😅
今日はゆっくり出発のつもりでしたが、相方さんが9:00にプラハ城の門で衛兵交替式があるなんて言い出して、急遽見に行ってみることにしました。
8:30に出てトラム5駅でプラハ城へ。
ギリギリセーフで間にあいました👌
もう7年も前に台湾で見た衛兵交替式よりはこじんまり愉しいものでした。
観光客がぐるりと取り囲んで、クスクスと笑い声が起こる中を
おお真面目に無表情に行われる式が面白い。
後ろのお兄さんがダラダラなのも笑いを誘います💡

聖ヴィート大聖堂も、城内の広場も今日はまだ人が少ない。
Img_6979
Img_6981
またまた一旦ホテルに戻りました。
今日は昨日一昨日に行き逃した場所へ。
まずは市民会館の中のミュシャ美術館へ。
市民会館の入り口天井のモザイク画も美しい。
「プラハへの賛辞」。カレル・シュピラル作。
Img_6996_20230824055001中もお城のような豪華さ。
Img_7003_20230824055001
ミュシャの絵が動くような映像展示やスラブ叙事詩の映像展示などいろいろ工夫されていて、
ゆっくり楽しめました。
っていうか、お昼寝しに行った感じ💡
映像展示のソファが心地良すぎてウトウトしちゃった~✨




ミュシャのあの淡い色調はフレスコ画の技法からのリトグラフだからなのかなぁ?
今回の中欧の旅で綺麗なフレスコ画を教会でみました。
その柔らかな色合いはミュシャの絵と重なります。
プラハではミュシャを堪能しました。
ここにはデッサンの展示もあり、素晴らしかった💡

Rgss7663

旧市街をブラブラ歩いて、あやつり人形の可愛いお店で買うか買うまいか迷ってるうちに
旧市庁舎のからくり時計が動く12時が近づいてきて、走って見に行きました。
こちらもギリギリセーフで見れました👌すごい人でした👀

そしてもうあやつり人形のお店には戻れません💦道が分からない🤔
Img_7041_20230824055001 Facebookの「世界旅行好きサークル」の方がメッセージくださったコルナ食堂が近かったので休憩がてらに行ってみました。
そしてまたまたBEER🍻
フードコート形式で無茶苦茶安くて旨い市民食堂でした✨
チェコ料理。一度食べてみたかった豆のクリームスープとビッグカツ。
ボリュームタップリで、ビールも2杯含めて、これで2000円也。

もう一つ教えてもらった「Naše maso」というお肉屋さんにも行って
今回の旅でしょっちゅう食べた白ウィンナーを買って、夕飯のおかずにしました。
役立つ情報ありがとうございます😊
Img_7084
Img_7090_20230824055001

国会図書館は今日はSOLDOUTとかで入れず、
行くとこがなくなって、恒例のトラム10駅ツアー

最後にストラホフ修道院に行って、本日の予定は終了。
フレスコ画の天井が素晴らしい。
Img_7065
Img_7062
今日も道に迷ったり、トラムの駅が遠かったり、乗りすぎて引き返したり…いっぱい歩きました😅
長かった中欧の旅。
最後の晩餐は、やっぱりパスタ&ソーセージ💡
ズッキーニやパブリカが美味しい中欧でした。
ビールが安くて最高~✨


Img_7092_20230824055001
18750歩。13.5km。

より以前の記事一覧

2018年6月以前の記事

メール送信

無料ブログはココログ